おそ松2期3話で、いきなり!!?

実はまだ未見ですが、もうこれは年中推しとして書かないわけにはいかないので。
ほんの若干のネタバレ含みますので、一応改行。
























おう松さんが放送された時、私はブログでこう書いた。


そして相変わらず、一松がチョロ松をどう呼ぶのか分からなかったな。
これはひょっとすると、いつか「……俺って、三男をどう呼んでたっけ!!?」と一松が密かにパニくるための伏線だったり(するワケない)



するワケないなどと何で書いた私。








というわけで、おそ松2期3話にして、年中松のガッツリ話が来てしまったようです。
1期から今まで、この二人はろくに絡みもなかったから、公式がネタを掘り下げてくるとしたらここじゃないかな? 来るかな?
もしかしたら、年中二人をそのまんまネタにする話が来るんじゃないか? 例えば、まんまで「チョロ松一松」とか~♪♪ww さすがに夢見過ぎかwwwwww





などと思ってたら。











来ちゃったよ! まんまが来ちゃったよ!!






さすがに、突っ込んだレビューとかはちゃんと配信見てからということで……
我慢しきれなくて、ちょいちょいネタバレ画像やらレビューやら動画やら見まくってたんですけどね! 
ちょいちょいってレベルじゃないけどね!!



チョロ松が好きで。
pixivで色々書き始めたところ、速度もいいけど年中も意外といいなとなって。
公式でなかなか絡んでくれない二人なので、こうじゃないか?いや、こんなんではないか?と色々試行錯誤しつつ、他のかたの描く様々な年中を楽しんでおりました。
あまり会話はしないけど、なんとなーく一緒にいると落ち着く……的な年中もいいけど、ひとたび衝突したらとんでもないことになる年中もイイ。
そしておう松さんを経て、シンクロする時も多いけど、噛みあわない部分は徹底的に噛みあわないのでは?疑惑が出てきた年中。
そんなこんなもあり、自作のアレやコレや含めて様々な年中松が出回りましたが、ここに来て公式がようやく、一つの答えを出してきた感じです。



で、各所で年中推しの方々の壮絶なる答え合わせが開始されているわけですが(当然私もその一人)
……いや、まぁ、詳しい感想はとにかく、本編をちゃんと見てからということで!!
だけど、これだけは言わせてほしい……






もしや2期は、一松が初めてチョロ松の名前を呼ぶところで最終回になったりするのでは??
夢が正夢になったんだ!! もう一つぐらい夢を見させてくれぇ!!!



スポンサーサイト

血界&おそ松で今期は大変!?

久方ぶりに夢中になって視聴したアニメ2作。血界とおそ松。
それが今期、いっぺんに2期をやっている。静かな興奮が止まらない。
どちらも1話2話を見る限り、期待どおり……というか、期待以上。さらに興奮が止まらない。


特に血界は、監督が代わるという時点でかなり自分の中のハードルが下っていたのだけど、1話で再びハードル爆上げ。
恐らくラストにやるであろう、妖眼幻視行への期待が止まりません。
というか、前監督が手掛けたというEDを見る限り、鰓呼吸回やリール回もやるとか……?
2話でライゼスをやったし、鰓呼吸回とリール回があれば、妖眼への伏線はほぼ完璧。
そして中の人も相変わらず豪華。女医さん&BBに鈴村夫妻とは!!!
リール回やるとしたら、中の人は誰だろうか。白鳥さんとか来ないかな……無理かな……


ツイッターもちょこちょこ覗いてますが、皆さん妖眼への期待がホント、半端じゃない……
当然だけどな!! あのレオのカッコよさを考えたら当然だけどな!!!


というわけで、インサガは早くレオと中の人が同じMSエルマンをさっさと(ry


そしておそ松。
デブ化した1話に続き、本番スタートとなる2話でもいきなり内臓化した6つ子。
可愛さという単語からかけ離れた容姿になりつつも、何故か愛らしい。何故だろう。
チョロ松だけ乳首取られなかったり、おそ松の顔が兄弟にも忘れられたりしていたのは……
まさか、今度もまた何かの伏線なのか!?と勘ぐってしまう。
特にチョロ松に関して、全く伏線がないように思えて周到に色々やってた1期があるからなぁ……


ついでに、おそ松で気になるのは話数。1期と同様、2クールなんだろうか?



今期はこの2作で私の中では決まり。
あと1本……某ダイナミックなんちゃらというアニメが、悪い意味でかなり話題ですが……
最新のヤシガニ・GUN道枠ということで、ある意味一見の価値はあるかと。
ツイッターでは挫折寸前とか書いたけど!
おそ松さんでも到底実現不可能な笑いが、そこにはある。
「笑わせる」と「笑われる」の違いは、おそ松とダイナミックなんちゃらを見比べるとよく分かると思う。




そして、リアルな(アニメ業界の)闇が、そこにはある。
おそ松とダイナミック何とやらが同じぴえろ制作というのも、ヤバイ闇を感じる。





インサガ・見切り伝授の確率

本日のメンテで、インサガは晴れてバトルクエストの絶望・煉獄級が実装されるそうで。
そしてコンバットも大改造されるようで、最後?のコンバットはなんと、術士強化コンバットとなるようで。
またまたうちのRSジャミルが大活躍してしまうのか? 無双してしまうのか?
一気に大改造が来ている感じで、色々期待してしまいます。MSエルマン実装マダー?!



そして、イベクエ周りつつ、将を入手したら見切り伝授を行なっている昨今ですが……



この作業に、疲れてます。



どれぐらい疲れてるかというと、将が手に入った時以降の一連の伝授作業を考えた瞬間、インサガの画面を消してしま松へ逃げるレベル。
ホント、つらいです。
この見切り、ホントに必要か?とすら思ってしまう。
(実際、見切り伝授が出来るようになってから、伝授した見切りが役に立ったことってあったかなぁ……?
いや、もしかしたら、試練50後半ぐらいで役にたつのかも知れませんが)



何が一番疲れるかっていうと、伝授の成功確率の低さ。これに尽きる。
何もサポートつけていないと30%と言われているけども、間違いなくそれ以下だろ!と思うことが多い。



で……
実は今まで、見切り伝授の成否をカウントしていました。
ゾズマの時から、ずっと。
あまりにも成功確率が低くて、ゾズマをクズマ呼ばわりするだけでは飽き足らず、エクセルにまとめてました。
その成果が、以下の通り。



グライダースパイク(ゾズマ)
伝授成功回数 約60回中 13回(サポートなし)
伝授成功確率 21.66%
※この記録をつけ始めたのが、体感で10回ぐらい連続失敗してから。
上記の計算では、記録開始前の試行回数をかなり少な目に見積もり、7回としています。
なので、実際にはこれをさらに下回っている可能性あり。



絶叫(ラビット)
伝授成功回数 65回中 15回(サポートなし)
伝授成功確率 23.07%

バードソング(ボルカノ)
伝授成功回数 42回中 15回(サポートなし)
伝授成功確率 35.71%

グロウイングファイア(アルカイザー)
伝授成功回数 37回中 9回(サポートなし)
伝授成功確率 24.32%

ポイズンガス(セルマ)
伝授成功回数 89回中 22回(サポートなし)
伝授成功確率 24.71%


メイルシュトローム(ホーク)
伝授成功回数 47回中 14回(サポートなし)
伝授成功確率 29.78%


磁気嵐(ルーファス)
伝授成功回数 46回中 15回(終盤あたりから業を煮やし、上兵2~3名をサポートにつける)
伝授成功確率 32.6%

リング(ウィンディ)
伝授成功回数 38回中 10回(中盤あたりから上兵2~3名をサポートにつけ、終盤では最大7人をサポートにしていた)
伝授成功確率 26.31%

火炎(ランディ)
伝授成功回数 44回中 13回(この回から常時上兵2~3名がサポート入り)
伝授成功確率 29.54%


烈風(タイラー)←現在進行中
伝授成功回数 15回中 6回(常時上兵2~3名、居れば戦士がサポート入り)
伝授成功確率 40%


冷気(ようせい)←現在進行中
伝授成功回数 17回中 4回(常時上兵2~3名、居れば戦士がサポート入り)
伝授成功確率 23.52%





表示上、サポートなしでの伝授成功確率は30%のはず。
しかし実際は、30%を超えたのは11人中、たったの3人。
しかも3人のうちの1人であるタイラーさんは、常に上兵2~3人+時々戦士のサポート入りでやっと40%。
出来る限り成功確率を50%に近づけるようにしている現在、40%というのは……
絶対、表示より低いだろと言わざるをえない。


ルーファスにしても、終盤でサポートをつけ出しているので、もしかしたら表示確率を下回っている可能性もあり。
(残念ながら、何回目からどれだけサポートをつけたかまでは記録してません。すみません)
だから11人中、まともに表示上の確率を超えたと言い切れるのは、ボルカノだけ。



現在、我が帝国において伝授を試行した将は、記録開始以降でちょうど500名。
うち、伝授に成功した者は136名。
表示上の伝授成功確率が正しく30%とするならば、150名の伝授が成功していなければならないはず。
となると、表示確率詐欺の闇に落ち、無為に命を落とした将が、14名いることになる。
表示が正しければその命は帝の見切りとなり、後の帝国に生かされたはずの者たちが、14人も!!!


実際にはサポートをつけたり何だりしている為、表示上の伝授確率はさらに上がる。
となれば、表示上の伝授確率に騙されてその命を無駄にした将の数はさらに増える。
それをサポートした上兵・戦士たちの数も考えると……





もうね、表示確率詐欺はやめて下さい。
素材を取りやすくしたり、技強化をしやすくなったり、コンバットを改造するのも大歓迎です。
次にやるべきはこの、伝授システムだと思います。
表示確率を下げるか、実際の成功確率を上げるか、どっちかにして下さい。
ユーザーとしては勿論後者が望ましいですが。




記録していて思ったのですが、伝授する側とされる側、キャラ同士の相性とかあったりするんですかね?
あったとしたらそれも含めて、表示詐欺だと思うんですが。
というか、亜人系(人間じゃない系)の将の伝授確率が悪すぎる。
現在進行中のイベでもタイラーとようせいが拾えて、同じぐらいのサポートをつけていますが
とにかく、ようせいからの伝授確率が酷い。
これだけで、グゥエインイベ回りたくなくなるレベルです。
1周回って最後にようせいが出ると、嬉しさではなくため息が出る。


伝授にはリアルマネーを使う時もあるのだから、この表示だけは何とかしてほしいです。
(もしや、有償で宝珠買った時だけは表示通りになるとか? まさか……そんな……)
ついでに、宝珠使用時は1個2個3個と、ユーザーが自由に個数を指定できるようにしてほしい。
1個だけじゃ100%にならないから2個使おう!と思ったら3個要求されるとか、最初見た時は冗談かと思ったよ……










同窓会で思ったこと。

かなり前に、高校の同窓会に行ったことがあった。
その同窓会は、卒業生全員が対象。
同窓会に行くのは久しぶりということもあり、いっぱしの社会人らしく、人脈つくり的なものもしておいた方がいいかな♪などと軽い気持ちで向かったところ



同学年が全くいなかったばかりか、その前後の年代さえほぼ0人といった、惨憺たるありさま。



何とか3学年ぐらい上の先輩たち(初対面)と話をしつつ、場を繋いでいた……
人脈づくりどころではなく、ひたすら早く時間が過ぎるのを待つばかりの地獄だった。



そんなわけで、誰かに誘われない限り、二度と同窓会的なものは参加するまいと思っていた。



しかし先日、今度は大学の同窓会に誘われた。
案内を頼りに一人で行くのではなく、当時の友人に誘われたのである!
ただでさえ少ない私の友人関係。貴重な存在たる彼女たちから誘われたのなら、行くしかないだろう!!



と、喜び勇んで行ってきました。





久々に会った友人たちと積もる話をし、そして同窓会参加。





以前の同窓会のような惨劇は、ありませんでした。
しかし……




子供を育てながら、社会の基幹となって、バリバリ働いている人。
子供を諦めても、会社の役職を手にして、昼夜問わず働き続ける人。
何人もの子供を持ち、ようやく子育てがひと段落して、学生時代とは全く違う分野の仕事を勝ち取った人。
etc etc……



「変わらない」ことを是とせず、「常に社会における変革を成し遂げる」女性たれ!という学校の教えどおり、彼女たちは立派に、社会のシステムの一つとなっていた。



対して、私。
正社員として7~8年頑張って働くも、能力がなくドロップアウト。
子供を産むことに関しては……あの恐怖の記憶はもう、どうしようもない。
で、派遣でちょぼちょぼ働いてはいるものの、基本的には家で子なし専業主婦。
ゲームやアニメの二次創作を支部に上げては、自己満足の日々。
社会の基幹とやらからは、完全に外れた場所にいる。



社会のシステムとなってバリッバリの彼女たちに、そんな自分の実情を話せるはずもなく。
途中で切り上げて帰ってきました。
もしや、この学校選んだこと自体が間違いだったのかしら。とか、帰り道で思った。今更すぎるわ!!w



卒業してから年を経ての同窓会なんて、現状を自慢したい奴らが来るところであって、現状苦しんでいる人間やドロップアウトしたりした人間は普通、来ないのかもなぁ……
と、ちょっと思った次第。
そもそも、学生時代だってほぼぼっちだった人間に、同窓会で誰かが寄ってくるわけがない。




同窓会で何かが変わる?変わるわけねーよ!学生時代のトラウマ再発掘されるだけだよ!!
学生時代なんてなぁ、周りがバイトの話でぎゃんぎゃん盛り上がってる中、家が遠くて(電車乗り継いで1時間半以上)バイトも出来なかった私は一人で教科書読みふけってたんだよ!!
全くあの当時と変わらなかったよ!!
周りが子供や会社の話で盛り上がる中、私しゃ一人で卒業アルバム眺めてたよ!!
おそ松2期やサガの話? できるわきゃねーだろ!!!
昔から頭の弱そうな奴だったけど今もなのねって目で見られるだけだよ!!!



でも。
そんな現状であっても、今の私はそこそこ幸せだ、と思う。
今もアニメゲーム好きで何が悪い。
あの輪の中に入って、バリバリ仕事している自分を自慢してみたい……などとは全く思わなかったし、
ぐずる子供を連れながら旧友と騒いでみたいとも思わなかった。
むしろ、「そうはなりたくない」という気持ちの方が勝っていたかもしれない。


とりあえず、数少ない友人たちと積もる話が出来たのだから、それでよしとすることにしました。



自分の働きたい時に働けて、寝たい時に寝られて。
書きたいものを書きたくなった時に書いて、大勢の人に見てもらえる。
将来はどうなるのか分からないけど、今はそこそこ満足。
もう二度と、わけの分からない仕事をやらされてわけの分からない電話を取りまくらされて怒鳴られるのは嫌だし、
残業規制で時間に追いまくられ、通常業務以上の仕事が出来なかったら当然のように無能認定されるのも嫌だ。
毎日のようにボヤいていたあの頃の生活に比べると、今はホントに平和。
変革がなんだというんだ! 平和が一番!!



そんなメンタルの私だから、もし子育てなんかしたら、大変なことになるんだろうなぁ……とは思う。
保育園問題から始まってママ友づきあいだの何だので。




おそ松さん2期1話!

待ちに待ったおそ松2期。その第1話。
正直、1期1話みたいに幻の1話化しないかという点が、ひたすら心配だった。
その不安は、2期1話視聴後の今も解消しきれていないわけですが、
相変わらずのノリで楽しめました。


そして、あれだけ酷い姿になってもなお、可愛らしいと思えてしまう6つ子の恐ろしさ。
私は昔から、デブだけは腐の対象になり難い存在であろうと思っているのですが、それすら超えてくる6つ子。
え? ビスケットはデブじゃないよ! ふっくらしてるだけだよ!!
多分スタッフは、極限まで醜くなった6つ子の姿を描ききったつもりなのでしょうが!!
あの程度で私のチョロ愛が萎えると思ったら大間違いだぁ!!! 
むしろコロコロっぷりが可愛らしい!!!


そもそも、

24話を乗り越えた長男推しに!
事変を乗り越えたカラ推しに!
シコ松やらライジングやらを乗り越えたチョロ推しに!
幾度もの脱糞(未遂)を乗り越えたイチ推しに!
灯油回を乗り越えた十四推しに!
トッティ顔を乗り越えたトド推しに!

恐れるものなど何もない!!!


特に三男推しなんか、ホントに今更どう醜く描かれようがって感じなんだよなぁw
むしろあれだけ醜悪な容姿になっても、三男にはスネ毛が描かれてなかったことに感動したり、
デブ三男とガリ四男ががっちり手を握り合ってた件に超感動したレベル。私はもう駄目だ……



1期同様、本番は2話以降、という感じのおそ松さん2期。
前にもちょろっと書いた気がしますが、6つ子の誰か1~2人だけがやたら重点的に贔屓されて描かれたりしないか、妙なオリキャラを継続して話の軸に入れてきやしないかだけが心配。
1話を見る限り、その心配はないと信じたいですが。


「変わらなくてもいい」「変わらないことの尊さ」を最終的に結論づけた、おそ松さん第1期。
この2期第1話では、それに対する強烈なアンチテーゼを突きつけたのではないかと思う。
既にほうぼうのレビューで書かれていると思いますが、簡単に言うならば、「現状維持の難しさ」。



「変わらずにいていいんだ!」と結論づけた1期によって、中途半端な富と名声を手に入れ、ニート生活時以上にのんべんだらりと生活していたら、
いつの間にか6つ子は堕落し、変わってしまったという皮肉。


変わらずにいるということは、何もせずにいていいということではない。
何もしなければ筋肉は贅肉になり、脳は痴呆化していき、人は堕落する。
現実でも、幸せな日常を継続し、現状を維持するというのは大変なのである。


だからこそ、現状を維持するだけでも精一杯な昨今、
そんなんでこの先どうするその堕落した生活を変えろ進化しろ上昇志向になれ目標は高くとかライジングなことを言い出す奴がいると、私はものすごく反発を覚えるわけで。
お前にとっちゃ堕落でも、こっちはそれなりに懸命に生活してんだよ……排水口の掃除だけでも疲れるんだよ……


堕落の果てに地獄に落ちた自分たちの未来に絶望し、慌てて「ちゃんとする」方向へシフトチェンジした6つ子。
今度は劇的に「変わって」しまったわけであるが……


90年代風のチョロ松も可愛いなぁ……中身トト子ちゃんだけどw
中身チョロ松な90年代トト子ちゃんも可愛いなぁ……
六体合体に事実上、チョロ松だけ不参加だったのは何かの伏線だったり
(するわけないと言い切れないのが怖いところ)


結局、変わらずに堕落してもダメ、大きく変わってもダメ。
「今を維持する」難しさを痛感したことで、6つ子の2期はスタートする。
さて、2期の最終話で、6つ子はどのような結論に至るのか。
それも含めて、期待したいと思います。


これから血界2期もあるし、色々とハラハラな秋になりそうだ。















プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放され、たま~に働きつつ専業主婦中……
ツイッター始めました⇒@sharanra11





現在、インペリアル・サガにハマリ中。ミンサガエルマン実装までは無課金を貫く所存。








2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR