色々書き中。

なんとなーくヒュムノス動画で志方さんの歌を聞いていたら、ミンサガSSを書いていた⇒https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8524347



上のヤツは、かなーり衝動的に書いてしまったものですが……
最近になってようやく、思いついたことは早めにアウトプットしたほうがいい!と思うようになった。
自分の中で100%になってから、とか思いがちで、どうしてもアウトプットが遅くなりがちな自分。
だけど人生の時間には限りがある。
ならば、自分の中でずっと暖めて暖めて腐らせてしまうよりは、さっさと、何らかの形でアップした方がいいだろう。
最近、そういう思考になりつつあります。
以前なんかは、もったいないからちゃんと、100%、いや150%ぐらい満足のいく形になるまで待ってぇえ!!なーんて思ってたものなんですが。


そんなことをやっていたら、いつまでたってもアップなんぞ出来はしない。
死んでから後悔なんぞ出来ない。
そんな当たり前のことに、ようやく気づいた。


だって、これが自分の100%だ!いや200%じゃないか!!?と思ってアップしたものが、
翌日になってみたら「自分は一体何故こんな駄文を……orz」となることが、ものすごく多くなってきたから。
100%のものなんぞ、ありえないから。


昨日アップしたミンサガSSもそう。
書いてる時は「こういう書き方もいいな! 新機軸じゃね?!!」とか意気揚々だったのに
半日経過した今、最早恥ずかしくて読めない。プロットまんま出してるようなもんだし
さすがに一度アップしたものを引っ込めはしないけど、同じやり方で書くことは当分ないと思う。
衝動的であろうと何とかアップして、何人もの方々に読んでいただけたのは良かったですが。



しかし、似たような感じで、種小説の方も先を進めてます(勿論書き直しの方だけじゃなく、サイトの方も)
今はいちいちノートに手書きせず、PCで直接打ってます。その方が早いから。
編集者チョロ松botにもどやされつつ、シコシコ書いてます。
種やミンサガに限らないですが、勿体ぶってないでさっさとアウトプットした方が楽になれる。
そんなに勿体ぶるほどのネタでもあるまいし。



去年おそ松SSを何本か上げたのは、書くことについて色々分かる上でも非常に良かった。
早いトコ、松トネリコも年中ミンサガも何とかしたいなぁ。




ただ種小説の場合、遅れがちな理由は他にもあって


あのシーン早く書きたいけどその前にアレ書いてアレ書いてコレ書いておかないとシーンが繋がらないし
そういえばあのメカ何て言ったっけwiki見ないと全然分からん
そんで今のあいつとあいつの位置関係はこうでこうで実際の地形がこうでこうでああだから前の描写と矛盾ないよね
ってえぇえオーブってこんなに小さかったっけ今更知ったよああぁもぉおおおぉおおぉ
カタパルトとハンガーの違いもつい最近まで把握してなかったしってか今でもよく分からないし
ってこの機体の背中にある亀みたいなヤツ何だったっけ凄く長ったらしい名前ついてなかったっけ
あぁもぉおぉおおおおおおお面倒くせぇええぇえええぇえええ!!!!!



……とかなることが非常によくあり、そこでストップしてしまうこともよくあったりする。
求められる知識量が半端じゃないからなぁ……

スポンサーサイト

anan松と血界とインサガとで色々。

インサガの水着イベやらpixivやら見ていると、つくづく思う……


世の大衆の大半は、こういった即物的なエロがいいんだろうか。
肌色が多くなると逆に冷めるという、自分みたいな人間は少数派なんだろうか。
pixivの小説読んでても、やたらとそういった方面に詳しい描写にぶち当たると、細部に至るまで無駄に凄まじいその知識をもうちょっと他の描写に回せないのか……とか考えてしまう。
いや、あの、そんなすぐにいっぺんに全裸にされても、一気に股開かれても……そういうのって段階踏んだ方が色々とっていうか、私はワイシャツをちょっとだけ破られて涙目で色々隠しつつ真っ赤になる様子が見たいわけでその破れ目からちょっと指とか××とかちょこちょこっと少しずつ、っていうか




隠しておくからこそ滲み出る色気ってのもあるんだよ!!!




こう考えてしまうのはやっぱり、トシ取ったせいなのかな。
いや、だいぶ昔からこのスタンスは変わってないと思うが……
むしろ、トシ取ったら逆にそういうあからさまな露出が好きになるんじゃないかと思ってたけど、全く変わらないな……



その点、anan松はエロの何たるかを非常に的確に把握している、素晴らしい特集だったと思う。
最初のヤツと、ちょっと前に出た特別編集のムック二冊とも持ってるけど、どちらも良いです。
どちらかといえば、ムック↓の方が好みかな……


『おそ松さん』×ananのスペシャルブックがカレンダー付きで3/14発売


特にチョロ推しとしては、あの表情と絶妙なヘソチラとうなじと鎖骨がもう(ry
あの本における兄松3人のエロさは異常。肌色がそこまで多くないのにエロいというこの異常さ。



そして、秋からの2期に向けて、血界原作を改めてちょっと読み直してみた。
妖眼幻視行におけるレオの色気がやっぱり異常。
肌の露出は、顔以外ほぼないに等しいキャラなのになぁ。
しかも、身体の線がほぼ分からないカッコしてるのになぁ。
なのに、どうしてあれだけ色気を感じるのか……


露出だけでは表現できない、本物の絵の力というものを感じます。anan松も血界も。
血界アニメ2期は、レオの強靭な意思から生まれる、あの凄まじき色気を表現することが出来るのか。
松本監督なら恐らく可能だったろうと思いますが(時間がどれほどかかるかは別として)、果たして2期のスタッフは……





インサガの水着ガチャ、どれだけ回るものやら分かりませんが。
プレイヤーの男女比率(アンケだと9:1)を考える限り、恐らく結構回ると思われます。
だけど仮に、インサガの男女比率が逆だったとして……
ジャミル、ギュスターヴ(少年)、ブルーの水着ガチャが出たら、同じくらい回るんだろうか?




※人選は超適当です。他意はありません。



私の場合だと、キャラ性能が良ければ回すかも知れないけど……ってな感じです。
個人的好みを言えば、上記3人なら水着よりも断然タキシードです。むしろ水着は引いてしまいます。
それやるくらいだったら濡れ透けシャツとかの方がよっぽど(ry


こういうのはやっぱり女性特有or年寄りの考え方でしかなく、男性や若い人たちはやっぱり直接的な肌色に魅力を感じてしまうものなんだろうか。
いやそもそも老若男女関係なく、私の好みがニッチなだけなのか。濡れ透けワンピだの血みどろワイシャツだの(ry





絶対ありえないとは思うけど、片方の糸目をちょっとだけ開いて、服がところどころ破れた血みどろMSエルマンとか出てきたら思いっきりぶん回す自信がある。性能なんぞ無関係に。

ついったはじめました。

タイトル通りです。
今更感ありすぎですが、色々更新報告用に使うつもりです。
あと、フォロー先の情報をいち早く受け取るには良いツールかな?と思ったので。
っていうか、たび松さんの星の王子イベントがさっき終わったの、これで気づいたよw

アドレスはこちら⇒@sharanra11
こんな感じでいいんだろうか……
お気軽にフォローいただければ幸いです♪

王様の耳はロバの耳。

タイトルのような事件に出くわした。



なんというか……
みんな知っているけど、言わないでおいた方がいいこと。
みんな分かっているけど、あえて黙っていること。
絶対に、伝えてはいけない気づき。
絶対に、言葉にすることすら許されない想い。
墓場まで持っていくべき禁忌。


そういうことって、ホント、人生には山のようにあるなぁ……
こんなところでって思うようなところにまで。



100人中100人が、それが世の為人の為になる正しい盗みだと言おうとも。
盗みである以上、義賊は警察に追っかけられる運命だし、警察は義賊を追いかける義務を負う。
ならば、一般人に出来ることは……なんだろう?



ホントはこーいうことも書かない方がいいんだろうけど、書かずにいられなかった。
あーーーーーモヤモヤするーーーーーー!!!!!



インサガの今回の試練については、49ラストで打ち止めです。
ありゃー何度やっても無理です。控えが育ってないと無理無理だというのがよく分かったし、相性が最悪だとホントに駄目だというのもよく分かった。
そして色々と萎えた。なんかもう、色々無理だ。



明日は久々に、ミンサガのステ上げでもやろうかな……SEED小説もUPしたいな……
オフラインゲームってホント、イイよね! 最高だよね!!(ヤケ)

色々進行状況。

ミンサガですが、竜騎士イベをきっかけに、衝動的にSSを書いてpixivに載っけてしまいましたw
インサガへの色々を含め、色々書いております。こちら⇒忘れ去られた者たちの挽歌



週末は珍しく忙しかったのですが、ミンサガはちょっと進め、試練はさくさくっと終え、デス様をさくっと倒してきました。
さすがに、特段縛りのないキャラ4人もいれば、死の神といえども特筆すべきこともなかったです。
(一度、アイシャのLP切れで終わったのはノーカンということで。
勝利直後、アイシャとディアナのLPが3、パトさんが1だったのは見なかったことに。
しかしエルマンのLPは18、満タンのままだった。さすがというべきか。
もうチーム名は鉄血のオル何とかならぬ、鉄壁のエルマンズにしようかなww)

シェラハ&真サルは、もうちょっとゴールドマインでステ上げしてから+タイタスを揃えてからにしたい……
多分、次の週末あたりになるだろうか。
アイシャはいないも同然の扱いとはいえ、ちゃんと装備を整えないとあっという間にLPが削られるしなぁ。
ちなみに今回のデス様、真っ先に倒れたアイシャに対するアニメートの頻度が異常に低かった。
そのまま開門されたりデスレインされたりで、ガンガンアイシャのLPが削られていく結果に……アニメートしてくれていた方が、よほどマシだったんですが。
いっそ縛り破ってアイシャ回復させてしまおうかと、何度思ったか分かりません。
なんというか、ミンサガのAIは、こちらがやられたら困ることを的確に把握し、適度に鬼な対応している気がする。そして、「こんなの勝てるわけないだろいい加減にしろ」と叫ぶほどの鬼畜対応ではないのも重要。



インサガの方は、本日の生放送で、色々と発表+帝確定のコード配布がありました。
気になっていた点を色々改善してくれそうなのは良い事です。ミンサガエルマンはまだですか
そして帝確定を引いてみたところ、



剣アルベルト、天帝化。



まさかの、我が帝国3人目の天帝降臨となりました。
一緒に出走したのはコーデリアと済王。
正直、コーデリアだと黄金さんの下位互換になってしまうし、済王だとモンスターの扱い方が未だに全然分かってない(+新装ロールの仕組みが分かりにくい)から、アルベルトで本当に良かった……
こりゃもう、次の開花祭は決死の覚悟で頑張ってもらわねばなりません>アル君


しかし、先日のログインボーナスの11連でも、まさかの帝フェイオンが来たし……
これはいよいよ、ミンサガエルマンは頼むから諦めろという運営の(ry
いや、だから、絶対に諦めませんからね!!?


プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放され、たま~に働きつつ専業主婦中……
ツイッター始めました⇒@sharanra11





現在、インペリアル・サガにハマリ中。ミンサガエルマン実装までは無課金を貫く所存。








2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR