おう松さん!!

今日、web配信で見ました! おそ松さんSP「おう松さん」!!
久々の、アニメで動く6つ子ということで、ドキドキワクワクしつつ待っていたのですが・・・・・・




予想以上でした!!!♪




競馬を全くといっていいほどやらないので、麻雀話みたいについていけなくなる部分もあるかな?と思いきや、そんなことはなかった。
勿論競馬を知っていればさらに楽しめるお話だったろうと思いますが、知らなくても十分でした!
やっぱりチョロ松のツッコミは最高だ!!



そして、冒頭でいきなりおそ松チョロ松が、あの24話直後に私が望んでいた展開をやらかしてくれた。
監督、松原さん、ありがとう!という感じです。
二人ともトチ狂って殴り合い宇宙!! いやはや、この展開を9か月ごしで見られるとは。


色々お馬に関する小話が詰め込まれておりましたが、でも、やはり一番推したいエピソードはやっぱり中盤の「チェック」。
チョロ松がどんどん他の5人に突っ込んでいくサマは第1クールを思わせたけど、兄弟5人に突っ込んだところで終わらないのが今のチョロ松でした。
トト子ちゃんとにゃーちゃんには限りなく甘く、そして直後にやってきたイヤミに問答無用の膝蹴り!!
いやもう、やっぱりチョロ松はサイッコーです。あの衝撃のオチでツッコミ放棄しちゃったトコまで含めて。



そして相変わらず、一松がチョロ松をどう呼ぶのか分からなかったな。
これはひょっとすると、いつか「……俺って、三男をどう呼んでたっけ!!?」と一松が密かにパニくるための伏線だったり(するワケない)
今回の一松は少しだけチョロ松に当たりが強かったように思ったけど、そう感じるのはpixivの年中松見過ぎたせいか・・・・・・w
そうだよなぁ、時と場合によっちゃチョロ松にも「お前」呼ばわりの方が自然だよなぁ一松! しばらく公式見てなかったせいか、普通に「チョロ松兄さん」呼びだろうなと思い込んでたよ……そんな甘くはなかったよ公式は!! そうだよ、これが公式だよ!!
今までは、チョロ松のツッコミにもボケにもほぼ反応なしってパターンが多かったけど、今回は結構反応が良かった感じだったな>一松


特に2期発表などはなかったようですが、でも、血界だって出来るんだし、おそ松も続いてほしいです!!







スポンサーサイト

血界2期キタ!!?

血界戦線&BEYOND 2017年放送決定

前回ブログで書いたのはコレです。ついに来たようです、待ちに待った血界2期!!
雑誌早売りバレ&まとめサイトからの情報だったので、少し様子を見てからブログに書こうと思いました。


そして、どうやら監督と脚本が交替するようで。
何だかんだ言っても、松本監督のこだわりにこだわり抜いた作品づくりは好きだったので、ちょっと残念ですが……
1期終了時のゴタゴタを考えれば、仕方がないのかなぁ。


監督がどうも、色々噂聞くかぎり、うーん?という感じのかたみたいですが、あまり先入観を持たずに、ハードルを上げもせず下げもせず、冷静に状況を見守りたいと思います。
単純に1期の続きなのかどうかも、まだ分からないし。


2期は妖眼直前までやって、妖眼は松本監督が劇場版として絶賛鋭意制作中と、少しだけ夢見ていたい。


キャストはバレ見る限り、そのまんまのようで。つか、そのまんまでいてほしい。というか、そのまんまじゃなきゃ駄目だ。
キャスト変更、ダメ、絶対。



この調子でおそ松2期も!といきたいところですが……
なんとこのタイミングで、トッティの中の人が海外留学とか聞いたんですがマジかorz

ついに来た!!?

まとめサイトの速報ですが・・・・・・
ついに、待ちに待ったものが来たらしいです!
あまりの興奮で、一瞬だけフライング記事書いちゃったのですが、雑誌早バレによるネタらしいので、詳細はちょっと伏せておいた方がいいということで伏せます。ツイッタートレンドには既に出回っているとかいないとかですが。

詳細分かったらまた語るか……!!

君の名は。& 今期アニメ感想(※2本だけ)

大変時期外れな感もありますが、「君の名は。」先日観に行きました。


見てない人にはさっぱり意味分からないけど、見た人なら多分分かる感想……的なものを簡単に述べると



「シン・ゴジラ」は横方向。
「君の名は。」は縦方向。




といったところでしょうか。感想というか、劇中の話そのまままとめただけだなコレ。
作品としては非常に面白かったし、中盤の大どんでん返しにはぽかんとなったんですが、個人的にはゴジラに軍配が上がるかな……
ゴジラは色々確認する為に何回でも観に行きたいって気分になるんだけど、こちらはそうでもないしな……
でも、これだけ大ヒットしているのは、やはり世間が宮崎駿の後継を渇望してるってことなのかな?と思ったり。
なんか、それ以上の感想が浮かばない。
良い作品なのは間違いないけども、熱く語りたいかというとそうでもない、という感じ。
もう一度行くと、あのシーンとかあのシーンとかがまた別の視点で見られるようになるのかな?という気もするんですけどね。



それから、こちらも相当時期外れになってしまいましたが、今年夏アニメ感想。
といっても、下記2本しかまともに見ていませんが。



・91Days
終盤、落した!?というニュースを聞いた時はどうなることかと思いましたが、何とか走り切った感のある作品。
最初から最後までストーリー的な破たんはなく、きちんと終わらせた完全オリジナル作品というだけで今や評価に値する。かも。
登場人物のほぼ全てが破滅にまっしぐらで、実際ちゃんと破滅して終わったあたりが個人的にはかなり好み。
劇場崩壊のカタルシスは、ギアスの血染めのユフィ思い出すレベルで素晴らしかった。
ラストのオチが視聴者にお任せしますな感じになってるけど、あれはあれで良かったのだろう……

松野家長男・次男・五男が中の人なキャラが、ことごとく悲惨な死に方したのが印象的だったなぁ。
いや、この作品に出てくるキャラは総じて悲惨なんですが。


・アルスラーン戦記 風塵乱舞
8話しかやらないと聞いた時は耳を疑ったんですが、まさかマジだったとは……
OPがかなり好みだったし、クオリティも結構良かったと思うので、やるならやるでちゃんと1クールはやってほしかった。
続きが見たいかというと……正直、うーん?という感じではあるけども。



今夏は、この2作品しか見てませんでした。
タイトルとキービジュアルでアウトなものが、これまで以上に多かった気がする。
91Daysは、その中でもかなり頑張っていた方かと。
世間が美少女動物園or美少年牢獄で溢れる中、渋いオッサンだらけのリアル志向オリジナルってだけで希少価値すぎる。
しかも、仮にヒットしたとしても、ストーリー的に絶対2期は望めないだろうし。



終始作画乱れが頻発したり、作品の中盤以降をまるまる放送延期したり、作品外でのトラブルをよく聞くようになってしまった今日このごろ。
ブルーレイの売り上げも、ヒット作以外は悲惨だという話もちらほら見るし……
やっぱり、1クールでストーリーを終わらせる(一区切りつける)という現状自体に無理があるし、しかもそういう作品を量産するなんてなったら、遅かれ早かれどこかで破たんが来るに決まっている。
人気が出るかどうか非常に怪しい作品を1クール単位で次から次へと量産するのではなく、人気のある作品を2クールかそれ以上、継続して作り続けるという体勢には出来ないのか。ていうか、SEEDの頃あたりまではそうじゃなかったか?


血界も、出来れば2クールぶっ通しでじっくりやって欲しかった作品だったんだけどなぁ……
2クールだったらオリジナル入れる必要もなく、余裕で妖眼出来たよなぁ(泣)
つか、今でも待ってます。血界2期。おそ松2期と一緒に待ってます。
原作のB2Bも結構面白いから、出来れば3期も。いや本気で。



「変わらなきゃ」って、本当に?

「変わらなきゃ」というイチローのCMが話題になったのも今は昔。
2016年の現実では、EU離脱やら憲法改正論議やら、世界中が「変わるか、変わらないか」の選択を迫られている。
しかし、現状を改善する為に、進化する為に、変わらなければ!とイチローが呼びかけたあの頃とは、若干状況が違う気がする今日このごろ。


何故なら、あの頃よりも「本当に変わってしまっていいの?」「本当に変わるべきなの?」という疑問を、よく聞くから。
そもそもEU離脱にしても憲法(もっと言うなら9条)改正にしても、それは果たして「進化」する為の変化なのか?むしろ退行じゃないのか??
EU離脱ってのはイギリスがEUに参加する前の状態に戻ることを意味しているし、9条改正も……ものすごく乱暴な言い方をすると、日本が軍隊を持つ時代に戻りかねないわけですよね……


(ちなみに私は、9条改正には反対です。
というか、本能的に賛成が出来ないです。
冷静に頭で考えると、じゃあどうやって国を守るの?国際社会の中での日本の立場はどうなるの?ずっとアメリカにおんぶにだっこのまんまなの?という疑問がどんどん沸いてくるんですが、でも、やっぱり、どうしても改憲に賛成は出来ない。
そこには、理屈で説明できない恐怖がある。
単純に、戦争が怖い。
ただもう単純に、戦争が嫌だ。
散々そういう教育を受けてきてしまった世代で、遺伝子レベルで恐怖を刻み込まれているというのが一番の理由でしょうね……
国を自ら守る力がなければ、同様の悲劇が起こる可能性があるというのは頭では分かるんですが。


さらに言うと、9条を変えるべきなんて小学校で言おうものなら、教師に間違いなく袋叩きにされた時代&地域だったなぁ……今はどうなんだろうか)




話を戻すと。
このブログでもたびたび触れてきましたが、最近、「本当に変わらなきゃいけないの?」と疑問を呈するアニメが増えてきたなぁと思います。
ちょっと前まで、「変わらなきゃ変わらなきゃ変わらなきゃ」とお題目のように唱えていた作品が殆どだと思ってたのに、これはどうしたわけだ。おそ松さんしかりくまみこしかり、溢れる日常モノしかり。
そして「変わらなきゃいけないの?」と疑問を投げかけるアニメは、日常モノに留まらなかった。
先日終了したコンクリート・レボルティオもその一つ。



コンレボというアニメの終盤は、簡単に言えば、昭和時代に溢れたロボットやら妖怪やら超人たちを全て幻想に帰そうと企て、てめぇらいい加減超人とかに夢を見るのやめて現実に戻って大人になれ!!と主張するラスボスとの対決でした。
ひと昔前の時代の作品であれば、ここでは「現実に戻って成長していけ」とのラスボスの主張が勝利したはず。
(勝利はしなくとも、現実へ戻れ!大人になりやがれ!!との制作者からのメッセージは否応なくファンに叩きつけられたはず。敵味方ほぼ全滅とか人類補完計画とかその他色々、時にはかなりヒステリックな形で)
でも、コンレボは若干違った。
ラスボスに完全勝利こそしなかったものの、超人たち、即ち夢が消え去ることはなかった。
「夢を持ったままでも、いいじゃないか」という結論で、見事に物語は終結しました。
超人たちの力も記憶も記録も存在すらも全部なかったことにされ、完全に物語は現実の昭和・平成時代に戻ってしまうオチも十分考えられたところですが、そうじゃなかった。
日常アニメではないアニメでこういう結論が導き出されたのは、実はかなり重大なことなんじゃないかと思います。


(ラストで、成長しないはずの風朗太がほんの少しだけ大人になっていたのは、「マイペースであっても少しずつでも大人になっていければいい」というメッセージなのかな?とも思ったり)




「人間にとっての「現状維持」は、一定の成長を絶え間なく続けることであって、のんべんだらりと無為に日々を過ごすことではない。変化し続けるのが人間であって、変化を拒絶するのは死んでいるのと同じだ」
……という主張をするキャラが、昔結構夢中で読んでいたネット小説に存在しました。
一時代前であれば、うんうんと受け入れられた主張かも知れません。でも今はどうでしょうか……



今私は、はっきりいって、のんべんだらりとマッタリな日々を過ごしています。
自分では無為ではないつもりですが、人によっては無為にも見える日々です。収入に直結しない行動は全て無為と考える人にとっては、私は完全に、「無為に日々を過ごす専業主婦という名のニート、駄目人間」なのでしょう。
それでも、死んでいるのと同じなどと考えたことは全くありません。
むしろ、あの腐れ会社に勤めていた時より生気を取り戻している感じですw
少しでも一定の収入があればもっと気楽になるかな?と思いつつ、リクナビやら見たり履歴書書いたりしてますが。



変わることが必ずしも良いとは限らない時代に、それでも人は変わらなければいけないのか。
何かのキャッチコピーみたいなことを、最近よく考えてしまう日々です。
プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放され、たま~に働きつつ専業主婦中……
ツイッター始めました⇒@sharanra11





現在、インペリアル・サガにハマリ中。ミンサガエルマン実装までは無課金を貫く所存。








2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR