おそ松さん2期・3話年中松回!!

やっと配信見ました。おそ松2期3話・運命の年中松事変回!






とにかくガッツリ10分ほど、チョロ松と一松の二人の会話だけで進む話とか……
あればいいけどないだろうなぁ、とは思ってたけどまさかここで来るとは!!





チョロ松と一松、いわゆる年中松については、私もpixivでちょこちょこ書いてますが、話によって微妙に書き方を変えてました。
こうかな?いや、こんなんかな?と、もう試行錯誤もいいところで。だって公式で描写が殆どなかったんだから仕方がない!!
色々な年中を書いてますが、仲良しすぎるのも違和感あるし、逆に険悪すぎても違和感あるし、その試行錯誤が楽しいコンビだと思う。
今回公式でちゃんとガッツリ描かれた年中は、ほぼほぼ私の想定通りだった気がします。
理想、ではないけども想定通り。そして二人とも、ものすごく愛らしかった……


嬉しかったのは、チョロ松と一松がほぼ線対称な存在だったという解釈が、公式と見事に一致したところですね。
絵でも話でも動きでも、恐ろしいまでに対照的でそっくりな二人を、これでもかというほど描ききってました。
根っこの部分はそっくりだろうとは思っていたけど、あそこまでとは。たまげたなぁ。


意外だったのは、かなり深い部分まで、一松がチョロ松を認めていた事実。
チョロ松の、就活してるフリだけして実は何もしていないところとか、一松は一番嫌うのではないかなぁと思っていたのですが……
そうじゃなくて、一松は「ちゃんとしようとしている」点も含めて、チョロ松を認めていた。



大事なことなのでもう一度言います。


実際にちゃんとしているかどうかは関係なしに、
チョロ松の、「ちゃんとしようとしている」点そのものを、一松は認めていた!!!
これはまさに、目から鱗でした。
この一松の言葉を聞いた時の、チョロ松の声がかなり弾んでいたのが印象的だったなぁ……
認められて嬉しかったからの、「コワクナイヨー」だったのかと考えると……チョロ松にとってもこれは、非常に画期的なことだったのでは。あぁもう、なんと可愛い三男!!!!
今更すぎですが、6つ子の口の中にハート描いたデザインって神だと思う。


思えば一期ではこの、「就活してるフリ」がとにかくとにかく否定されまくっていたからなぁ。
「フリだけでもしようとする」姿勢を認めるキャラが現れたのは、チョロ松にとってものすごく幸せなことなのでは。
それが良いのか悪いのかは置いといて!


そして一松……チョロ松が資格の本を読んでいるだけで、「ただの真人間!真面目コワイ!」になるのか……
それがどんな資格で就職にどう役立つのかなんて何も関係なく、資格を取ろうとしている行為そのものが、彼にとってはアレなのか。
ライジングの時に一松があの場にいなくて良かった。資格の本を読むだけでコレなら、フリーハグなんて聞いた日にゃ消し炭になるんじゃw



対してチョロ松の方も、一松の偽悪的な部分をある程度見抜いていたようで。
復讐する理由ないのに復讐の為に生きてるよね」
つまりチョロ松も、大した理由も背景もないのに何故か闇オーラを装っている四男が怖い。
「フリだけでも十分怖い」というのも、一松にとっては嬉しかった……のか?
これまたやっぱり一期では、「闇ゼロノーマル四男ww」って言われてたし。



要は二人とも、お互いの、善を偽ったり悪を偽ったりしている行為そのものが、怖かった。
そこから曝け出し合って、普通のクズであることを認め合い、いつの間にやら近づき過ぎちゃうあたりのシークエンスが最高。
お互いの偽善や偽悪を殊更に責めたてて喧嘩になるわけじゃなく、相手にどうにか分かってもらいたくて、不器用に近づいていくのがたまらない。
そして近づきすぎたのに気づいて、大慌てで壁を築く二人も可愛い。
あの壁の一部が、例の自意識ライジングに見えたのは……考えすぎか?



そしてこの話は、1期(特にライジングと一松事変とエスニャン)を経ていなければ出来なかったという点も凄いな。
チョロ松が「自分だってクズ」ということを認めていなければ、
一松が自身を「ノーマル四男」だと自覚していなければ、
今回の話はほぼ成立しない。
一期の序盤だと、一松はチョロ松の「就活してるフリ」を認められず、逆に本気で毛嫌いしていた可能性もあったと思う。
また、偶然かどうかは分からないが、これまで年中がほとんど絡んでいなかったという事実がなくても成立しなかった。
つまりこの話は、今しか成しえなかった奇跡のエピソード!!


ついでに言うと、1期3話に年中がぴったり息を揃えたパチ警エピが入り、2期3話にこの年中回が来たのも、皮肉というか運命的というか。



これだけガッツリ年中の二人を描写していただけて、ホント公式様には足向けて寝られません。
いつもの調子から考えると、序盤の「駄目だ。内容が頭に入ってこない」あたりでオチてもおかしくないエピソードだった。
あんなところで終わってたら、年中クラスタは漏れなく全員、今頃お通夜だったろうな……勿論私も含めて。



線対称な二人の緻密な描写、遠すぎず近すぎずの人間関係の難しさ、そして不器用で真面目な年中コンビの可愛らしさ。
1期まで含めてみても、トップクラスの傑作だったと思う。
最後に二人が縋るのが、長男だったというオチまで含めて!!



今回チョロ松と一松が思いっきりクローズアップされたことから考えて、今後も意外な絡みをするキャラは出てきそうだ。
つか、チョロ松って意外と、誰ともそこまでガッツリ絡んだことがないのでは。今回の一松が初めてでは。
一番絡んでると思われる長男とだって、二人きりのシーンが殆どなかったりするし。
(長男と三男と末弟の3人で、3人のうち誰かをいじるパターンがホント多い)
カラ松や十四松相手となるともっと少なく、本編だと扶養面接回の保留組絡みぐらいしかない。
面接回は……アレ、ほぼパラレルだし……


本編以外なら、
十四松とチョロ松なら1巻ショートフィルムが。
カラ松とチョロ松なら、あの伝家の宝刀チョロプレックスがあるんですが!!(いずれも有償)



次回予告も「松代と松造」だし、今後も意外な二人組に焦点当てるエピがたびたび来るんだろうか。
個人的には「カラ松とトト子」とか見てみたい。カラ松だけ「本当は怖い~」シリーズやってないし。
スポンサーサイト

おそ松2期3話で、いきなり!!?

実はまだ未見ですが、もうこれは年中推しとして書かないわけにはいかないので。
ほんの若干のネタバレ含みますので、一応改行。
























おう松さんが放送された時、私はブログでこう書いた。


そして相変わらず、一松がチョロ松をどう呼ぶのか分からなかったな。
これはひょっとすると、いつか「……俺って、三男をどう呼んでたっけ!!?」と一松が密かにパニくるための伏線だったり(するワケない)



するワケないなどと何で書いた私。








というわけで、おそ松2期3話にして、年中松のガッツリ話が来てしまったようです。
1期から今まで、この二人はろくに絡みもなかったから、公式がネタを掘り下げてくるとしたらここじゃないかな? 来るかな?
もしかしたら、年中二人をそのまんまネタにする話が来るんじゃないか? 例えば、まんまで「チョロ松一松」とか~♪♪ww さすがに夢見過ぎかwwwwww





などと思ってたら。











来ちゃったよ! まんまが来ちゃったよ!!






さすがに、突っ込んだレビューとかはちゃんと配信見てからということで……
我慢しきれなくて、ちょいちょいネタバレ画像やらレビューやら動画やら見まくってたんですけどね! 
ちょいちょいってレベルじゃないけどね!!



チョロ松が好きで。
pixivで色々書き始めたところ、速度もいいけど年中も意外といいなとなって。
公式でなかなか絡んでくれない二人なので、こうじゃないか?いや、こんなんではないか?と色々試行錯誤しつつ、他のかたの描く様々な年中を楽しんでおりました。
あまり会話はしないけど、なんとなーく一緒にいると落ち着く……的な年中もいいけど、ひとたび衝突したらとんでもないことになる年中もイイ。
そしておう松さんを経て、シンクロする時も多いけど、噛みあわない部分は徹底的に噛みあわないのでは?疑惑が出てきた年中。
そんなこんなもあり、自作のアレやコレや含めて様々な年中松が出回りましたが、ここに来て公式がようやく、一つの答えを出してきた感じです。



で、各所で年中推しの方々の壮絶なる答え合わせが開始されているわけですが(当然私もその一人)
……いや、まぁ、詳しい感想はとにかく、本編をちゃんと見てからということで!!
だけど、これだけは言わせてほしい……






もしや2期は、一松が初めてチョロ松の名前を呼ぶところで最終回になったりするのでは??
夢が正夢になったんだ!! もう一つぐらい夢を見させてくれぇ!!!



血界&おそ松で今期は大変!?

久方ぶりに夢中になって視聴したアニメ2作。血界とおそ松。
それが今期、いっぺんに2期をやっている。静かな興奮が止まらない。
どちらも1話2話を見る限り、期待どおり……というか、期待以上。さらに興奮が止まらない。


特に血界は、監督が代わるという時点でかなり自分の中のハードルが下っていたのだけど、1話で再びハードル爆上げ。
恐らくラストにやるであろう、妖眼幻視行への期待が止まりません。
というか、前監督が手掛けたというEDを見る限り、鰓呼吸回やリール回もやるとか……?
2話でライゼスをやったし、鰓呼吸回とリール回があれば、妖眼への伏線はほぼ完璧。
そして中の人も相変わらず豪華。女医さん&BBに鈴村夫妻とは!!!
リール回やるとしたら、中の人は誰だろうか。白鳥さんとか来ないかな……無理かな……


ツイッターもちょこちょこ覗いてますが、皆さん妖眼への期待がホント、半端じゃない……
当然だけどな!! あのレオのカッコよさを考えたら当然だけどな!!!


というわけで、インサガは早くレオと中の人が同じMSエルマンをさっさと(ry


そしておそ松。
デブ化した1話に続き、本番スタートとなる2話でもいきなり内臓化した6つ子。
可愛さという単語からかけ離れた容姿になりつつも、何故か愛らしい。何故だろう。
チョロ松だけ乳首取られなかったり、おそ松の顔が兄弟にも忘れられたりしていたのは……
まさか、今度もまた何かの伏線なのか!?と勘ぐってしまう。
特にチョロ松に関して、全く伏線がないように思えて周到に色々やってた1期があるからなぁ……


ついでに、おそ松で気になるのは話数。1期と同様、2クールなんだろうか?



今期はこの2作で私の中では決まり。
あと1本……某ダイナミックなんちゃらというアニメが、悪い意味でかなり話題ですが……
最新のヤシガニ・GUN道枠ということで、ある意味一見の価値はあるかと。
ツイッターでは挫折寸前とか書いたけど!
おそ松さんでも到底実現不可能な笑いが、そこにはある。
「笑わせる」と「笑われる」の違いは、おそ松とダイナミックなんちゃらを見比べるとよく分かると思う。




そして、リアルな(アニメ業界の)闇が、そこにはある。
おそ松とダイナミック何とやらが同じぴえろ制作というのも、ヤバイ闇を感じる。





おそ松さん2期1話!

待ちに待ったおそ松2期。その第1話。
正直、1期1話みたいに幻の1話化しないかという点が、ひたすら心配だった。
その不安は、2期1話視聴後の今も解消しきれていないわけですが、
相変わらずのノリで楽しめました。


そして、あれだけ酷い姿になってもなお、可愛らしいと思えてしまう6つ子の恐ろしさ。
私は昔から、デブだけは腐の対象になり難い存在であろうと思っているのですが、それすら超えてくる6つ子。
え? ビスケットはデブじゃないよ! ふっくらしてるだけだよ!!
多分スタッフは、極限まで醜くなった6つ子の姿を描ききったつもりなのでしょうが!!
あの程度で私のチョロ愛が萎えると思ったら大間違いだぁ!!! 
むしろコロコロっぷりが可愛らしい!!!


そもそも、

24話を乗り越えた長男推しに!
事変を乗り越えたカラ推しに!
シコ松やらライジングやらを乗り越えたチョロ推しに!
幾度もの脱糞(未遂)を乗り越えたイチ推しに!
灯油回を乗り越えた十四推しに!
トッティ顔を乗り越えたトド推しに!

恐れるものなど何もない!!!


特に三男推しなんか、ホントに今更どう醜く描かれようがって感じなんだよなぁw
むしろあれだけ醜悪な容姿になっても、三男にはスネ毛が描かれてなかったことに感動したり、
デブ三男とガリ四男ががっちり手を握り合ってた件に超感動したレベル。私はもう駄目だ……



1期同様、本番は2話以降、という感じのおそ松さん2期。
前にもちょろっと書いた気がしますが、6つ子の誰か1~2人だけがやたら重点的に贔屓されて描かれたりしないか、妙なオリキャラを継続して話の軸に入れてきやしないかだけが心配。
1話を見る限り、その心配はないと信じたいですが。


「変わらなくてもいい」「変わらないことの尊さ」を最終的に結論づけた、おそ松さん第1期。
この2期第1話では、それに対する強烈なアンチテーゼを突きつけたのではないかと思う。
既にほうぼうのレビューで書かれていると思いますが、簡単に言うならば、「現状維持の難しさ」。



「変わらずにいていいんだ!」と結論づけた1期によって、中途半端な富と名声を手に入れ、ニート生活時以上にのんべんだらりと生活していたら、
いつの間にか6つ子は堕落し、変わってしまったという皮肉。


変わらずにいるということは、何もせずにいていいということではない。
何もしなければ筋肉は贅肉になり、脳は痴呆化していき、人は堕落する。
現実でも、幸せな日常を継続し、現状を維持するというのは大変なのである。


だからこそ、現状を維持するだけでも精一杯な昨今、
そんなんでこの先どうするその堕落した生活を変えろ進化しろ上昇志向になれ目標は高くとかライジングなことを言い出す奴がいると、私はものすごく反発を覚えるわけで。
お前にとっちゃ堕落でも、こっちはそれなりに懸命に生活してんだよ……排水口の掃除だけでも疲れるんだよ……


堕落の果てに地獄に落ちた自分たちの未来に絶望し、慌てて「ちゃんとする」方向へシフトチェンジした6つ子。
今度は劇的に「変わって」しまったわけであるが……


90年代風のチョロ松も可愛いなぁ……中身トト子ちゃんだけどw
中身チョロ松な90年代トト子ちゃんも可愛いなぁ……
六体合体に事実上、チョロ松だけ不参加だったのは何かの伏線だったり
(するわけないと言い切れないのが怖いところ)


結局、変わらずに堕落してもダメ、大きく変わってもダメ。
「今を維持する」難しさを痛感したことで、6つ子の2期はスタートする。
さて、2期の最終話で、6つ子はどのような結論に至るのか。
それも含めて、期待したいと思います。


これから血界2期もあるし、色々とハラハラな秋になりそうだ。















けもフレ監督騒動に思う。

当方、けもフレについてはニコ動で第1話しか見ていないですが……
旦那が大好きだもので、結構今回の件は気になっていました。



要は、何だろう? 
監督がその権利もないのに、作品を私物化したから降ろされた?ということなのか。
もしくは、監督のワンマン作品になることをカドカワ側が恐れたのか。
もしくは、カドカワ側の要求を監督が受け入れられず(例えば、2期制作に1年以上はかかるところを半年でやれと言われたとか)、
その結果こうなったのか。
真相が明らかにならない今、推測でしかありませんが。
これだけ騒ぎが大きくなると、公式でのきっちりした説明がほしいものです。



てか、監督が作品を私物化?監督のワンマン作品化?
そんなの、今までだっていくらでも例があるじゃないか……と思うのですが。

・プロデューサーが特定のキャラに入れ込むあまり、ストーリーどころかゲームシステムまで台無しにした某RPGとか
・監督夫妻が特定のキャラに入れ込むあまり、本来描くべきキャラを完全にないがしろにした挙句、大々的に発表した劇場版が頓挫した某ガンダムとか
・後半からヤクザをぶちこんで、原作を色々ぶちこわした某ロボットアニメとか
・20ウン年経っても監督がケリをつけられない某エヴァとか

こういうのと比べたら、非常に稀有な成功例だと思うんだけどなぁ……
もしかして、こういう例のようになるのを恐れたんだろうか。カドカワ側は(すごく好意的な見解)
確かに上記の例は、途中まではすごくうまく行ってる感があったものもあるしなぁ。
商業的には、完全に成功と言えるのもあるしなぁ……(あくまで商業的には)


って、どう考えても、けもフレの場合は監督変更のほうがよっぽどリスキーだと思うんですけど!!!
作品的にも商業的にも!!!



ただでさえ、好きな作品の続編の制作者が変更になるというのは、不安です。
もうすぐ始まる血界もそうだし。
PV見る限りそこまで不安になることもなさそうですが、それでも、最終回あたりになるとどうなるやら、心配です。
(恐らく最終回には妖眼幻視行が来そうだから余計に)
1期の松本理恵監督は、オリキャラを混ぜたりそのオリキャラだけで話を引っ張ったり、果ては最終回を延期なんてことをやらかしてしまっておりますが、それでもあのこだわり抜いた作品づくりは好きでした。
出来れば2期も松本監督でやってほしかったですが、1期での批判は凄かったし、何よりご本人が辞退されたらしい(ツイッター情報)ということであれば、仕方ないのかなぁ……と思います。
でも、不安。これは確か。
脚本が代わるということも含めて不安。


降ろされても文句言えないだろうなぁという監督が降ろされても不安になるのに、
ファンが全面的に信頼している監督が降ろされたら、騒動になるのは当たり前。
種当時、仮に夫妻が降ろされたら私は諸手を挙げて拍手したであろう件は別として。


その点、おそ松さんはそこそこ安心して2期に挑めるな……
ネタ切れとか、シコ松弄りの激化とか、そのネタ支部でも見たよ?的な心配はありますが。
一番やってほしくないのは、
・6つ子の誰か一人or二人を過剰に贔屓して、他はいないも同然の扱い
・全然知らないオリキャラを投入、そのオリキャラだけで延々数話以上話を引っ張り、6つ子はいないも同然の(ry
このパターンなんですが、1期を見る限りその心配はないと思える。


監督以下のスタッフ変更というのは、こういう安心感がまずなくなってしまうわけだから、それだけでもリスクが大きい。
作品づくりにおける監督の存在が、通常の作品よりも非常に大きかったであろうけもフレで、それが起こってしまったのは何故なのか。
やっぱり、もう少し詳しい公式説明が欲しいところです。ウチの旦那のメンタル的にも。
……というか、市場規模が大きくなればなるほど、何故かこういう理不尽なスタッフ交代が起きやすい気がする。
規模小さければ話題にならないだけで、実はよくある話なのかも知れないけど。
反面、頼むからこいつだけは替えてくれ!とファンが言いたくなるようなスタッフほど、不自然に居座りつづけている気も。






プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放され、たま~に働きつつ専業主婦中……
ツイッター始めました⇒@sharanra11





現在、インペリアル・サガにハマリ中。ミンサガエルマン実装までは無課金を貫く所存。








2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR