羊水検査を経て、人工流産を選択する場合について⑥

前回が1年以上前になってしまいましたが、ふと思うことがあったのでやっぱり書き続ける。



※※※非常に生々しくつらく苦しく痛いだけの現実のお話になりますので、ゲーム・アニメ・漫画のカテゴリ目的でご来訪された方でそういった話が苦手という方は、可能であれば回避をお願いいたします。我慢できるという方だけお読みいただければ幸いです※※※



※この記録は、当時書きとめたメモを元に書いております。その時あったことを可能な限り正確に記述する為、心情や感情に関する部分の記述は最小限とし、事実のみを書いております。
(心情・感傷に関する記述を含めたものもいずれ公開するつもりですが、倫理に関する問題が大きいので、今は事実の羅列のみにとどめます。()内の記述は後から書いた注釈のようなもので、それ以外はほぼ当時のメモどおりの記述です。文体がおかしな部分が多々ありますがほぼ、メモのまんまです)
※現行法の母体保護法においては、本来胎児の病気や先天異常を理由とした人工流産は認められていません。
しかし、「母体の健康を著しく害するおそれのある場合」と「経済的理由」によっての妊娠中断は認められており、この理由に沿って妊娠中断を行なうケースが多いです。


**************



2012/10/4
0:56
張りが強くなってきたので、ナースさんに内診してもらう。
(お腹に)力を入れすぎて分からないとのこと……

6:55
ぐっすり寝てしまった……陣痛が消えてしまっていた。昨日の苦労は一体……
これからまた促進剤。

7:00
N先生による促進剤、本日1回目。
全てを投げ出して任せてたら終わった。

8:30
朝食。お通じあり。
限度額の申請書を記入する。気力がすごくなえている。
(とにかく赤ちゃんに会う為に頑張ろうとハッパをかけた)
ナースさんが気をきかせてくれて、α波BGMをかけてくれた。

10:30
本日2回目の促進剤。
女の先生がやって下さった。殆ど痛みがないのはいいが、トイレの時に出やしないか……
赤ちゃんの声が別室から色々きこえる。特に何の感慨もうかばない。
思考が次第に自分中心になっていくのがわかる。
陣痛モニタはMAX45くらいか……


11:50
自分の中で、早く終わってほしいという気持ちと、ずっとまだ何も起こってほしくない気持ちが、せめぎあう。
お通じの感覚があれば降りてきているとのこと……それらしきものは、ないようなあるような。
私は、全てが終わってしまうのが、こわいんだ。

隣にまた妊婦さんが入ってきた。昨日は殆ど誰もいなかった……先生が配慮してくれたんだろうか。



12:45
昼食終了。
一瞬、お通じの感覚が来たと思ったが、ガスだった。要はガスの感覚ではないということか。

隣の妊婦さんが何やら長時間診察?処置?をされているらしく、夫が外に出されている。
昨日からずっと分娩室、私と夫と赤ちゃんが占領してるんだよなぁ。ホント申し訳ない。
隣の人が……お仲間だといいなとか一瞬考えてしまう自分がすごくイヤ。

(この年齢でこの病気の子を産んでしまう確率が1/100だか1/200なんだとすれば、その一つを引き当ててしまった私のお腹の子は、他の、同年代の母から産まれる大勢の子供たちを救ったことになるんだろうか、とかこの時は考えていた。産むか否かの選択には何も関係ないけど)


13:30
本日3回目の促進剤。
少しずつ、頭が出てきているようだ。
叫ぶのに疲れたのか、それとも私の中で何かがあきらめたか、殆ど叫びは出なかった。
夫はまだ戻れないみたい。隣(の妊婦さん夫婦)がまだいる……私らほどではないにしても、かなり切迫した状況のようだ。文字通り、切迫早産のようだが。
(S病院には)色々な人がいる。処置のできる病院は少ないからな……
向こうの叫び声や泣き声はききたくないし、こっちもきかせたくない。そんなものをきくくらいなら、赤ちゃんの声の方がどんだけマシか。

16:05
いよいよひどくなってきた。もうすぐかもしれない。

16:40
破水。+促進剤。これから陣痛がひどくなる。覚悟のとき。


17:20
ひどい陣痛がはじまる。合間合間に十分休みをとらねば。

18:45
夕食終了。
胃の中の、今までしばらく入っていなかった部分にものが入っていく感覚。
陣痛がどんどんひどくなる。意識がとぶという形容は当たっている。
破水前の(陣痛)が子供のお遊びのようだ。

19:40
促進剤5回目投与。1日に投与できるMAXだそうだ。
そろそろ頭が出てきているらしい。子宮口がもう少し開けば……
早くこい。母としての最初で最後の勝負だ。


20:37 赤ちゃんが生まれた。


最後の陣痛から、あまり時間をおかずに子供はこの世に生まれ出た。
そして……産声も上げることなく、おそらく処置して頂いたのだろう。


本人を見た。女の子だそうだ。


生まれる直前、明日のAM中に生まれなければタイムリミットで、その後掻把(そうは)手術に入るという話を聞いた。
そうなれば、子供が滅茶苦茶になるのはもちろん、母体にも影響が出る。
そんな話を夫から聞いた直後の陣痛で、彼女はあわてて出てきたようだ。やっぱりギリギリにならないと動かない、私の娘。
それとも、私のピンチと思って出てきてくれたのか。(優しいのは夫に似たのか)


出てきた赤ちゃんを見せていただいた。手袋ごしにほおをなでたら、号泣してしまった。
まだあたたかいほお。本当にきれいに処置していただいた。



**********(ここまで、当時のメモからほぼまんま抜粋。ここより事後のコメント)



N先生とナースさんには本当にお世話になった。
赤ちゃんをきれいに出していただいたばかりか、ちゃんと箱の中のガーゼに寝かせて、手を丁寧に組み合わせてくれた。周りには折鶴まであった。最初は男の子かと思ったが、女の子だったらしい。
手形を取ろうと思わなかったのは、きれいに組んで下さった手を無理矢理剥がしてしまうのがイヤだったから、ということもあった。
気が動転していたのと疲労と、ボロボロにしてはいけないと思うあまり、ほおぐらいしかちゃんと触ってあげられなかったが、確かにこの時の赤ちゃんは暖かかった。


5回目の促進剤が今日投与できる最大量であり、それでも大きな変化がなければ昨日と同じくまた陣痛室に移され、翌日午前から再び促進剤の投与を始めることになっていたそうだ。そして、翌日午後になっても出てこないようであれば、赤ちゃんは初期中絶と同様に掻把され、身体がきれいな状態で出てくることはなかっただろう。そうなれば母体への影響も避けられず、子宮破裂の危険性も大きくなっていた。夫が心配していたのは、私がそんな赤ちゃんを見た時の精神的ショックと、子宮を傷つけられることによる身体の痛みだった。
現実的に考えて、21時までに赤ちゃんが出てこなければ私は陣痛室に移され、昨夜よりさらに激しい陣痛に一晩耐え続け、翌朝少しおさまってしまった陣痛に絶望しつつ促進剤を入れられることになっていただろう。そうなれば、もう一度頭が出るようになるまでどのくらいかかるか分からず、タイムリミットを過ぎてしまった可能性は高い。
まさにこのタイミングが、赤ちゃんが無傷で出てくるか来ないか、母体が比較的健康のまま分娩を乗り切れるか否かの命運を分ける、最後の局面だった。
……そういった話を夫から聞く前は、正直、今日もまた陣痛室で一晩すごすことになるかと諦めかかっていたのだが。






その後の経過については次回。書ければ。


※あくまでこの経過は私の場合であって、人によって千差万別です。同じようなケースでも、必ずしも同じ経過をたどるとは限りませんので、その点ご注意ください。
ただ、人によって違うといえど、実際の中期人工流産がどういうものかが語られているところがあまりにも少ないので、こうしてブログに吐き出しています。



あれから新出生前診断が導入されたけど、診断可能になるのは妊娠10週ぐらいからなんだそうだ。
妊娠初期と言われるのは妊娠11週までだから……検査結果が出るのが1週間とすると……




どちらにせよ、中期人工流産は避けられないってことなのか?




新出生前診断は、羊水検査に比べると検査自体のリスクはほぼないに等しいし、そこが評価されて導入されたようだけど、でも、中期における人工流産を回避する手段にはならないということか?
……今更気づいたのかよと言われるかと思いますが、どなたかご存知のかたいらっしゃいましたら教えていただければ幸いです……
この件に関しては今も自分の中で、止まったまんまです。




スポンサーサイト

羊水検査を経て、人工流産を選択する場合について⑤

ということで、前回が3年前になってしまいましたが前回の続き。
どこまでもつか分かりませんが、書いていきます。

※※※非常に生々しくつらく苦しく痛いだけの現実のお話になりますので、ゲーム・アニメ・漫画のカテゴリ目的でご来訪された方でそういった話が苦手という方は、可能であれば回避をお願いいたします。我慢できるという方だけお読みいただければ幸いです※※※


※この記録は、当時書きとめたメモを元に書いております。その時あったことを可能な限り正確に記述する為、心情や感情に関する部分の記述は最小限とし、事実のみを書いております。
(心情・感傷に関する記述を含めたものもいずれ公開するつもりですが、倫理に関する問題が大きいので、今は事実の羅列のみにとどめます。()内の記述は後から書いた注釈のようなもので、それ以外はほぼ当時のメモどおりの記述です。文体がおかしな部分が多々ありますがほぼ、メモのまんまです)
※現行法の母体保護法においては、本来胎児の病気や先天異常を理由とした人工流産は認められていません。
しかし、「母体の健康を著しく害するおそれのある場合」と「経済的理由」によっての妊娠中断は認められており、この理由に沿って妊娠中断を行なうケースが多いです。


**************



2012/10/3
AM 3:20
目が覚める。痛みで眠れないかと思ったが、そういうことはなかった。
ただ、今は痛みであまり動けない。まだ、胎動がある。

腹と、腰がいたい。今日、これから何が起こるのか。
それを乗り越えた先には、どんなことが待っているのか。
いつも、困難があったときは、乗り越えた先にハッピーがあると思えたから頑張れた。
だけど、今日の激痛をこえた先に待つものは、赤ちゃんのいなくなったお腹。
そこにハッピーはあるんだろうか。
(いや、ハッピーにしなきゃいかんとこの時無理やり思い直した)


7:30 2F分娩室へ移動。夫が一緒。
(直前までは母が付き添う予定だったが、病院からの要請もあり、急遽夫が仕事を休んで私に付き添うことになった。後から考えれば、確かに体力的にも精神的にも、母より夫のほうが適任だった)

8:40
1回目の促進剤を入れる。
点滴ではなく、下からだった。もう戻ることはできない。
(陣痛促進剤は点滴で入れるものと思っていたが、膣から直接入れるものだった。おそらくその方が早く陣痛が来るからなのだと思うが、詳しいことは分からない。とにかくN先生を信じるより他はなかった)

9:40
トイレに行く。少し出血アリ。

10:00
微妙な鈍痛が下腹部にアリ。
いつ本格的になるのか……

10:20
トイレ。出血が少しずつ続く。
鈍痛が少しずつ増していく。

11:20
生理痛のひどいバージョンのような痛みがはじまる。
きっとまだまだなんだろうな……夫がずっとついていてくれるのが救い。
11:30に2回目の促進剤がくる予定。

11:45
N先生とは別の医師による促進剤入れる。
(何でこんな場所に機械なんか入れるのかとこの時今更のように腹が立つ。先生が代わっただけで滅茶苦茶痛かった)
おなかを触ってみたら、異様に大きな二つのかたまりが出来ていた。

12:30
昼食終了。
(この時赤ちゃんがすごくしずかだったと記憶)
悲しいよりも、痛さが勝る。

13:55
きもちのわるい生理痛、のような鈍痛がつづく。
一旦トイレに行った。本格的なのが来るのはいつだろう。
14:45ごろに3回目促進剤……だろうか? (横にホワイトボードがあり先生が状況を記録していたのを読み取った)

14:30
トイレに行く。やっぱりもう1回促進剤を入れるそうだ。なんで……
しかも(予定では)あと3回も……腰が間欠的に痛むんだけど、これは違うのかな。

14:40
3回目の促進剤投与。
やっぱり痛くて、ついに泣き叫ぶ。N先生に申し訳ないです。ナースさんも。嫌な仕事だろうに。
ただ、機械は入らなかった。かわりに別の先生の指が入ったけど。

15:30
陣痛がどう来るのか分からないのが不安。
促進剤と比べると、今のおなかの痛みはまるでないように思える。
まだ、胎動が、少しだけ感じる。

16:00
母が夫と入れかわりできてくれた。
陣痛は母の場合、最初はやっぱり生理痛のひどいヤツで、波のように少しずつ強くなるらしい。
ここで消耗してたら、赤ちゃんに会えない。何とか耐えるしかない。
分娩室(の付き添い)は旦那のみ(原則)なので、すぐに夫にタッチ。

17:40
4回目の促進剤……ではなく、子宮口開くくすりを入れる。
2回、3回目の促進剤に比べてそれほど痛くはなかったけど、やっぱり叫ぶ。
病室に戻れるかどうかはこれから決まるらしい。
痛みは増してはいるけど、まだまだというかんじ。
できることなら、今日でてきて。つらさが早くおわるから(←お腹に向かって呼んでました)

18:35
夕食。
8時ごろまで何もなければ病室に戻れるそうだが、痛みがだんだん増していく。夕食がたべられない……痛みで。

19:07
痛みは約2分間隔。
がまんできなさそうでできる痛みだ。まだ。

20:20
ナースさんがモニタをつけてくれた。
陣痛の度合をはかるものらしい。でも痛い時でも10台なのはなぜ(今、MAXで45)

21:00
陣痛室へ移動……の前に内診。
通常の内診よりよほど痛い。少しずつ進んではいるとのこと。
父母がきてくれた。夫はずっと一緒だ。
(結局この日は何も起こらず、分娩室から陣痛室へ移動となった。
夫は分娩室に入ってからずっと、陣痛室に引き上げてからもずっと、付き添ってくれた。陣痛室で寝てるときは付き添いにベッドはなく、夫は椅子で寝ていた……仕事は翌日も休み。来週は残業が大量になる。本当にお疲れさま……)


翌日の経過については次回。


※あくまでこの経過は私の場合であって、人によって千差万別です。同じようなケースでも、必ずしも同じ経過をたどるとは限りませんので、その点ご注意ください。
ただ、人によって違うといえど、実際の中期人工流産がどういうものかが語られているところがあまりにも少ないので、こうしてブログに吐き出しています。


そして、願わくばどうか、確定診断なしでも初期の妊娠中断が可能になりますよう・・・・・・











羊水検査を経て、人工流産を選択する場合について・番外

もう既に3年も前のブログ記事に関する件になってしまうけれども。
そしてこのことに関しては触れずにおこうかと思っていたけども。


あれから新出生前診断が導入され、妊娠初期にある程度の胎児の異常は分かるようになった。
初期というのは妊娠10週ぐらいから、らしい。
でも、調べたところによると、その検査で万が一陽性と出た場合はやっぱり確定診断たる羊水検査が必要になるらしく。
・・・・・・いや、直接病院に聞いたわけじゃないけども、どうやら医学会では確定診断を推奨しているそうな。ググった情報によると。




羊水検査の実施と結果を待っていたら、結局中期人工流産と変わらない妊娠中断方法を選択せざるを得ないじゃないか!!!



あんな惨劇は二度と繰り返したくない。
自分は勿論、自分の周囲がどれだけストレスを負ったことか。
中期の妊娠中断による死亡リスクが通常より高いとまで言われ、それでもどうにかこうにか生き残った私にとって、これはホント衝撃的。
もしこの新出生前診断の話がホントだったら、どんだけ意味ない検査なんだ!!! 確定診断ができないのはしょうがないとしても・・・・・・!!
妊婦の危険を少しでも回避するための、検査導入じゃなかったのか!?



あれ以来、妊娠とか出産とかのワードを積極的に調べるのがホント嫌になって(ほぼ同時期に東尾理子が話題になってたのもイヤだった)、この件に関してもあまり調べてはいなかったんだけど。
でも、もうそろそろ、もう一度子どもを・・・・・・と考え始めてたのに。
どっちにしても羊水検査、そして中期人工流産必要ですなんて言われたら、もう妊娠そのものが恐怖だ。死神だ。地獄だ。
新出生前診断の結果が万が一陽性だったら、もう確定診断待たずに妊娠中断、の覚悟もあったってのに。


やっぱりあの続き、書いておいたほうがいいんだろうか。
禊にも何もならないとは分かってるけど。
てか、その前にカウンセリングとか行ったほうがいいのかな。

羊水検査を経て、人工流産を選択する場合について④

会社に顔を出してきました。
特に心配していたようなこともなかったし、確認したかったことも確認できたのでよかったけど、
PCが起動すらできなくなってた。

ヘルプデスクに電話して修理を依頼し、10分で帰るつもりがたっぷり1時間は居ました……疲れた。


それでは予告どおり、続きを書いていきます。


**************

※この記録は、当時書きとめたメモを元に書いております。その時あったことを可能な限り正確に記述する為、心情や感情に関する部分の記述は最小限とし、事実のみを書いております。
(心情・感傷に関する記述を含めたものもいずれ公開するつもりですが、倫理に関する問題が大きいので、今は事実の羅列のみにとどめます)
※現行法の母体保護法においては、本来胎児の病気や先天異常を理由とした人工流産は認められていません。
しかし、「母体の健康を著しく害するおそれのある場合」と「経済的理由」によっての妊娠中断は認められており、この理由に沿って妊娠中断を行なうケースが多いです。


10/2 朝 入院直前、父母の前で泣き叫ぶ。
後から考えると、妊娠中断か継続かを選択できる、最後の局面がここだった。

10/2 AM 入院。すぐに処置が始まった。子宮口を広げるため、ラミナリアを膣に挿入。
看護師さんがずっと手を握っていてくれた。

(羊水検査を経て中絶を選択した母親に対し、看護師・助産師の態度が冷たくなるという話はいくつか聞いていた。実際、真っ向から否定している助産師さんのブログも見た。
だが、この病院はそのようなことはあまりなく、精神状態が不安定な母親に最大限のケアを行なっていた。これは非常に感謝すべきことだった。
看護師さんは大部屋ではなく個室の準備をしてくださり、不安定な私を励ましていただいた。もっとも、つわり入院で結構看護師さんたちと顔見知りだったということもあるのかも知れないが……)


12:00すぎ 昼食終わり。
次第におなかの様子が変わっていくのが分かる。
今、あと戻りはできない。だんだんと張っていくかんじ。

15:00 同意書を看護師さんに渡す。明日の8:00に分娩室に移動するそうだ。
夫に1日お仕事休めるよう、母がメールしてくれた(「分娩室の付き添いは、出来るだけ旦那さんで」という病院からの要請)

15:50 
だんだんとおなか中心にだるくなってくる……
頭がぼーっとしてきた。変な気分になる成分でも入ってるんだろうか。

17:15 ラミナリア挿入2回目。
とんでもない痛みだった。陣痛はこんなのよりよっぽどなんだろう。
薬を入れている間、ナースさんがやっぱり手を握っていてくれた。
……そしてやっぱり、入れたあとも、胎動がある。
入れている最中、ずっと深呼吸してたけど、全てが吹き飛ぶような痛みだった。


19:40 夕食終了後、夫が来る。明日はずっといてくれるそうだ。
尿がほとんど出ないのが気になる……トイレに行っても、痛くて出ない。
20:00ぐらいになったらもう一度行ってみよう。

21:00 両親が帰宅。
肝機能低下について、みっちりしかられる(この肝機能低下はつわりの影響によるものらしい。退院時まで注射を受けた)
尿はどうにか出たけど、量は少しだけ。
鈍痛がずっとお腹を支配する。胎動がまだある。
あつい。薬のせいかかなりあつい。そして鈍痛がつづく。


翌日の経過については次回。

※あくまでこの経過は私の場合であって、人によって千差万別です。同じようなケースでも、必ずしも同じ経過をたどるとは限りませんので、その点ご注意ください。
ただ、人によって違うといえど、実際の中期人工流産がどういうものかが語られているところがあまりにも少ないので、こうしてブログに吐き出しています。

行きたくない ああ行きたくない 行きたくない

会社復帰予定は今月末から。
復帰予定日にいきなり初めて会社に行くと結構大ダメージをくらうと予想されるので、
明日、ちょっと顔を出してくることにしている。


でも、それだけですら……


行きたくない ああ行きたくない 行きたくない。


いや、最後の入院直前に病院向かう時に比べればこんなものどうってことはないと……
思っていたのだけど、やっぱりイヤだ。しかも顔だしついでにパソコン立ち上げてアンケート答えてくれっていう……
2,3分ぐらい顔出してすぐ帰ってこようと思ってたのに!! それじゃ30分はかかるじゃないかコノヤロー!!!
仕事復帰でまず心配なのがパソコンのパスワードなんだよ! つわり酷くて急遽長期の休みとってその後そのまま入院だったから、正確に覚えてるかどうか分からないんだよコノヤロー!!
ログイン出来なくなったらまたヘルプデスクに電話しなきゃだし、そうなったら1時間はかかるんですけど!?!?
その間好奇と非難の(急に長期休みやがってコノヤロー的な)目にさらされてろってのか……うあああぁあああ行きたくない行きたくないー!!!


昨日まではそうでもなかったのに、暴れたくて泣きたくてしょうがない。
いや、明日行かなければ来週もっと行きたくなくなるはずなので、ここはクリアしなきゃいけないのだけど。

プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放されましたが、現在専業主婦中……


2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR