ガンダムSEED中心にアニメ・漫画・小説・映画、その他仕事の愚痴など中心に何でも色々語っていこうというブログです。本サイトにて、ガンダムSEED小説連載中。

「こんな会社二度と行かない」で検索しても何故か思うような結果が出ない

本日、先輩も部署も会社自体も何もかも信じられなくなるような事件が発生した。


登場人物は、私+私に仕事を教えてくれている先輩。
と、8月からのお仕事を教わっている(仕事上の)、年下の先輩。ややこしいので田中君とする(爆問田中にソックリにつき)


8月からのお仕事に備えて、田中君のこなした案件を見ていた私。
そして田中君はその時お休み。
ところがその最中、もしかしたらこれはミスかも?と思うような案件を発見。
過去の同じような事例では、成立させずに必ず営業店に連絡する……となっていたはずのもの。でも田中君はスルーしている……
ただ、今田中君の担当しているラインはかなり新しいラインなので、今までと同じ方法を取るのかどうかは不明。
したがって、それが本当にミスかどうかは明日田中君に確認しなければ分からず、しかも明日になったら成立してしまう案件だった。
先輩に相談したところ、「私にもわからないから、案件は保留として明日田中君に聞いて」とのこと。


その通りにしてしばらくすると、先輩から怒鳴り声が。
「これ田中君の査定した案件じゃないですか!! どうして止めたりしたんですか!?」
………へ? え? え? はぁ?
「機械エラーが出てるかどうか確認しましたよね私!? かや子さんはないって言ってましたよね!?」


ああ、そういえばエラーが出てるかどうか(聞き取れないほどものすごい早口で)確認されたっけ……その時たまたま見ていた案件にはなかったから「ない」と答えちゃったけど、田中君が実際に査定したものには確実に出てるはずのものだった……またやっちまったorz
(ほぼ全ての生保がそうだとは思うけど、査定は最初自動的に機械で行われ、機械でエラーが出るものだけが実際に人の目で査定をすることになる。そして、これは結構重要なのだけど機械が間違えることも実はよくある話


「田中君の決定覆すことになるんですよコレ! 明日成立できるはずのものだったのに!! かや子さんはウソを言ったことになるんですよ!! 成立は1日遅れるし、明日田中君に謝らないと!!」



……



………



ひどく、ひどく、ものすごく、この会社に入ってこれまでないほど、理不尽というものを感じた。
確かに、エラーの件を見間違えてしまったのは私が悪い。
結果としてウソを言ってしまったのはすごく私が悪い。
でも……



私が指摘したミスはまるっきり無視で、
田中君の決定は絶対。それを、ミスだらけで仕事する資格もないお前ごときが覆すなんてとんでもない。
という言い方だったのが、まずしょーもなく傷ついたし、



そもそも、同じミスの疑いが発生していても、


機械が査定したものだったら保留にしてokで、
田中君が査定したものだったら止めちゃダメってどういう理屈だ。

私のミス率の高さには遠く及ばないにしても、どちらも同じようにミスをする確率はあるわけだろ!!



このミス疑惑発生の時点で明日の成立を止める方法は、とりあえず保留にしておく以外にはなかった。
もし本当にミスだったとしてそれを止めずに成立させてしまったら、ミスのままの証券がお客様に行ってしまうことになる。
これは当の先輩から口酸っぱく言われたことだ。




そもそも最初に相談したとき、私「田中君の案件なんですけど」って言わなかったかなぁ……
申込書とかいろいろコピーして先輩に見せて、確認をお願いしたんだけどなぁ……
忙しかったのはすごくよく分かるし、「(そのラインは担当じゃないし)私見られないので」ってなるのも分かりますけど……後で確認する余裕はあったはずなんだし(確認されたから怒鳴られたわけだし)、
だったら私が保留にする前に確認してくれても……



いや、私がやっちゃったミスはぐだぐだ言ってもしょうがない。私が傷ついた件はこの際二の次。めっちゃ傷ついたけど。
問題なのは「田中君がやったんだからミスじゃない」と断定するその姿勢。



先輩がいなかったから田中君に聞いてみて、その結果私のところで大量にミスが発生したこともあり。
私がたまたま見た案件で「これは営業店に連絡する必要があるのでは? このラインでは不要なんですか?」と田中君に指摘したら、そこで初めてミスに気づいて慌てて営業店に連絡していたり。
先輩がチェックするとミスだらけだった私の案件が、田中君がチェックするとほぼノーミスだったり。
田中君に確認してAと言われてやったものが実はBで、先輩から私がしこたま怒られて、後からこっそり私が田中君にその件をメールしたなんてこともあったなぁ……(ごめんなさいメールが未だに来ない)


そういった事例があっても、田中君の決定は絶対なんだろうか?
田中君の決定は絶対だから、たとえミスの危険性があっても止めるなと?



今回のことはコンプラ部門報告案件かも知れないと思っている。結構本気で。
つーかもう、二度とあの会社に行きたくない。
もし先輩も今のチームも、査定者として認められた者の決定だけが絶対だなんて思っているんだとしたら、ちょっと思い上がりじゃないのかなぁ~~??っていうか、思い上がりにもほどがある。
「みんなしょっちゅうミスするのよ~」「私もよくやっちゃったよ~」「あいつもよくやっちゃってるよ~」なんていつも言っておきながら、実際私が危険を感じて止めたらコレですか。
それとも、ミスだらけで査定者として認められなかったヤツが何をするか、ってことですか? そんな私の指摘だからですか? 
流石は全員揃って、電話切ったその直後から営業やクラークさんやその他様々なスタッフをバカにしくさるだけのことはありますね。



今までブログには愚痴は書いても、あまり内情をぶちまけすぎるのはよくないかと思い仕事の中身を詳しくは書かなかったけど、もう今日は怒りと悲しみのあまり、ほぼぶっちゃけてしまった。
もうこうなったら社名バラしてしまおうかとも思うけど、そこまではしない。ほぼバレてるかもしれないけど。





 
スポンサーサイト

偶然の恐怖……その後

だいぶ前に、若い世代との距離感がつかめなくて困るという話をここで書いたけど、
ようやくまともに話ができるようになった……ということもちょっと前に書いた。
ところがごくごく最近になって、またしても距離感覚の差に悩まされている。


具体的にいうと、4月あたりに仕事のことで偶然話す機会があった若い同僚男性の件(部署は離れてる)
このことはちょろっとブログにも書いた……思いっきり自分の愚痴ばかり漏らしてしまったので、後になってから悪いことしたなぁと少し反省したのだけど。
そのあとあんまり話す機会もなかったのでそのままにしてたら、最近になって電車やエレベーターホールで何故かよく遭遇するようになった。
社会人として挨拶や会釈ぐらいはするけども、それ以上特に会話らしい会話もしてなかった……のだけど、数日前、朝の電車でうとうとしていたところ、


いきなり隣に座られて「おはようございます!」と元気よく挨拶される


という事案が発生。


いや……あの……私、完全に熟睡とまではいかずとも、うとうとしていたはずだよね?
少なくとも、寝ているようには見えてたはずだよね?
低血圧で貧血気味で朝は超弱いから、正直よほど親しい同僚でない限りは誰とも話したくないんだけど……貴方そこまで親しくはないはずでしょ(>_<) さらにいうと、今仕事がドえらいことになってるから朝は少しでも集中のために力をためておきたいんだけど!! 
……などと言えるはずもなく、その朝は電車から会社のフロアまでずっと一緒に歩くことになってしまった。
(これも嫌だから、朝の電車で同僚と遭遇したくはないんだけどなー……orz)


んで、ランチ仲間がたまたま彼と同じ部署なので聞いてみたところ、
「うわー、それ私もやられたよー!!(>_<) うとうとしてたのにいきなり叩き起こされて超ビックリした!!」


被害者が複数存在することが判明。


見た目人懐っこいし、フロア内じゃすごく若いほうだし、自分は誰からも嫌われるわけがないという絶対的自信からくる、「これが若さか……」的な行動なのかなと解釈することもできるけど、
それにしても解せん。解せない!!
いくらある程度知った顔だからとはいえ、片手の指で足りるほどしか会話したことのない相手の横に堂々と座って(しかも他に結構空席あるのに)、しかもしかも寝てるのに声をかけるなんて、そんな、
見えている地雷をわざわざ踏みに行くような真似ができる人間が……いるかーーーーッッ!!!!



しかも被害者複数。
私の場合そんな勘違いしようもないが、独身女性相手にこんなことやった日にゃ
「他に席あるのに、○○君がわざわざ私の隣に? ひょっとして、ひょっとして、ひょっとするかも!?(*^o^)」
……などという、あらぬ誤解を発生させる危険もおおいに孕んでいる。
そういう意味でも、彼のこういう行動は問題だよねー~……という話題で、ランチ仲間とは妙に盛り上がってしまった。



そして数日後の朝。
今度は


いきなり隣に座られるも、何もせずスマホ弄りつつ沈黙を守る



なる事案が発生(薄目と横目で確認した)


……いや、あの、うん……多分誰かに注意されたのか、不必要に声をかけないという点を守ってくれるのはいいんだ。電車ってのはまだプライベートの空間だし。うん、それはいいんだけど……
だから何故隣に座る? ほかに結構空席あるよね?
隣に私がいるの気づかずに座ったとか? それならいいんだけど、半分寝ていたこっちが気づいたのに貴方がこっちに気づかないってありうるものか? 電車内で空席があってその隣に同僚がいたら普通は気づかないだろうか?


私なんかは空席があっても、隣に同僚が寝てたりしたら絶対にその場を離れるけどなーー……
いや、そんな考え方だから仕事出来ない奴なのか私は?
もしかしたら彼みたく、誰にでもお構いなしに当たって砕けろでコミュニケーションを図るべきなのか!?
いや、解せない。やっぱり解せない。少なくとも私には解せない!! 物事にはTPOってものがあるだろう!!



ま……若い世代から嫌われてるわけじゃないっていうのは、全く嬉しくないといったら正直ウソになるけども、
それでも、時と場所を考えようよ……orz
万一彼女にでも見られたらどうすんのよ……(いるのかどうだか知らんけど)
私だったら、旦那がそういうことしてると分かったら多分めっちゃ落ち込むよ……orz




最後通告

先週、上司との面接があった。
結論からいうと……現在やっている仕事はトレーニング卒業可能な水準にはいたっておらず、そして半年以上が経過したためこれ以上トレーニングを続行することもできないらしい。
そして8月からは、もう少し簡単な査定のお仕事をしてもらうということだ。


やりたい仕事と向いている仕事は違う。
よく言われていることだが、今更のようにこの言葉を痛感しているこの頃。
8月以降のお仕事を何とかいただけたのは、「査定がしたいです!」と強硬に主張してしまったからなんだけど、もし「自分には向いていないと思います」と答えていたらどうなっていたんだろうか。やっぱ異動か。


というわけで、8月まで新たな仕事の準備期間。そして来週の締めまでは新たな業務の内容のいろいろを知っているメンバーも忙しいので、自分で勉強しなければならない……
そして、他のメンバーが(新人さん含め)みんな残業している中、ひとりだけ定時で帰るむなしさ。
自分がこれほどの無能力とは思わなかった……
今までないほど様々に工夫して苦心してミスを減らし件数を増やしてきたと思ったけど、とうとう時間切れになってしまった。


他の人が4ヶ月で出来ることなら、私はたぶん8か月かかるのだろう。
昔からだいたいのことはそうだった。
テストでもなんでも、同じところを間違えに間違えまくり、間違えても間違えても演習問題に繰り返し取組み弱点を少しずつ掴んでいきつつ、時間はかかってもいつの間にかミスは消失しているというのがパターンだった。
でも会社はやっぱり、そこまで待ってはくれなかったということだ。


そして私の出している今の結論は、「周りが優秀すぎるからしょうがない」。
そうだよ、しょうがないよなぁ、東大理学部卒男子があれだけ叩かれて半年ちょっとで異動願出して逃げ出すような部署では!!
(そういえば彼もアク受験者(合格はもう半ば諦めているらしいが)。理系脳と文系脳の違いってのもあるんだろうか? 私の場合それ以前の問題って気もするけどorz)


でも、トレーニング担当の先輩がミスだと断定したところを、ほかのメンバーが見るとokとするようなケースもしばしばある。私のやった仕事を先輩が見るとミスだらけだけど、ほかのメンバーが見るとほとんどノーミスだったりすることもよくあり……
いや、今そんなことを言ってみたところで始まらない。先輩や上司に認められなかったのは確かなことだ。

 
そんなわけで、サイ小説新規はまだちょっと先になります。トレーニング卒業したら思う存分やろうと思っていたのに……orz
プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放されましたが、現在専業主婦中……


2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR