ガンダムSEED中心にアニメ・漫画・小説・映画、その他仕事の愚痴など中心に何でも色々語っていこうというブログです。本サイトにて、ガンダムSEED小説連載中。

両澤千晶さん死去。

脚本家・両澤千晶さんご逝去について


亡くなった方を悪く言うつもりはない。
色々コメントを見て回ってみたけど、若い世代に与えた影響は大きかったんだなぁと今更にして思う。
当時のネットじゃ批判ばかりで、私もその一人ではあったのだけど。
ネットを使えなかった若い世代が、SEED感動したと堂々と言えるようになってきたということか。
良くも悪くもガンダムブランドの復活に一役買った存在だった。



これでSEEDの今後がどうなるか。劇場版が復活するのか、それとも本当に絶望的となるか……
とりあえず、おそ松さんの放送が終わったらホントいい加減種小説やります。いやその前にやれっちゅう話だけど。
ミンサガSSも再開しなきゃだしおそ松でアルトネパロ始めちゃったしどうなるやらだ(ノ_<)



それにしても大動脈解離、恐ろしい病気なんだな……

スポンサーサイト

おそ松さん19話・チョロ松ライジング!!

ギャグアニメに考察など不要と言われようがなんだろうが、考察しろと言わんばかりの話が来たからには語らないわけにいかないでしょう!!


というわけで、改めてニコ動で見てみました。おそ松さん19話。
思うことは前回ブログでも色々書かせていただいたのですが、
18話までのチョロ松と何か解釈の違いがあったかというと、あんまりそんなことはなかったかなー……という感じです。
ああいう意識高い系?だというのは2話の時点で見えていたことだし。
ただ、ここまでチョロ松の自意識問題を前面に出してくるとは思わなかったけど。



人の欠点は指摘できるけど、自分の何が悪いのかが分かってない。
指摘されてもまるでピンと来てない。
指摘された相手がおそ松とトッティという、普段自分がクズだと思っている相手だからなのか……
もしこれが一松に言われていたら違ってたんだろうか。
チョロ松と一松は根っこがかなり似ている(と私は思っている)から、もし一松に鋭く指摘されていたら多少違う展開になってたかも。
それが良い展開になるとは限らないけども!!
(もっと悪い方向に行きそうな気もする。それこそ鬼のようにチョロ松がブッチギレてシャレにならない刃傷沙汰とか)


そして、生保SSでチョロ松をああいう形で就職させたのは実は正解だったと気づいた。
どっかで勧誘されて、自分が成長できるだの有名企業だのとおだてられてなし崩しに、っていう(女性におだててもらうってのもポイントだったかも)
というか、今のまんまだとチョロ松はああいう形でしか就職出来ない気が……



むしろ解釈違いがあったなぁと思ったのはおそ松とトッティに関してでしょうか。
おそ松兄さんは何だかんだでチョロ松の全てを肯定していると思い込んでたんですが、19話見る限りではあの有言不実行なスタンスがマジで大嫌いなようで……(13話の時点でもおそ松兄さんははっきりこれを指摘してましたが、この時はよくある照れ隠しかな?とか思ってた)
あのおそ松兄さんに万死に値するなどと言わしめるってどんだけだチョロ松。あれとかこれとかあのSSとか色々間違っちゃったなー……と思った次第です。どれとは言わないけど。


トッティに関しても、あれだけチョロ松に感情剥き出しにしてくってかかるキャラだとは思ってなかった。
ライン回でもはっきり示された通り、彼はチョロ松とは真逆の不言実行キャラ。兄弟に依存せずに何でも一人で決めて一人でやる。だから余計にチョロ松の兄弟依存っぷりや有言不実行っぷりがカンに触るのかなと思ったのですが、それにしても感情さらけ出し過ぎじゃないかしら……18話までの彼ならもっとドライに流しそうな気もしたんですが。中の人の喉が心配だww
でもどういうわけか夜中のトイレではチョロ松を頼るんだよなぁトッティ……
あのトイレエピだけなら、アレは前半クールのヤツだから今はキャラ微妙に違うよと言われても納得いくんですが、今回の悪代官でも途中から悪代官演技放棄して素に戻ってチョロ松呼んでたからなぁ……どういうことなんだろうか。



これだけ一気にチョロ松の内面暴露がされると、今後が非常に気になります。
もう20話以降、彼がツッコミ役として機能する気がしない。もしかして22話の「トド松、希望の星」ってそういう……?
果たしてもう一度ビッグウェーブは来るのか、それとも……
18話で見せたガラの悪さと「認められたい」の絶叫。そして19話で暴露された、内面の脆さと痛々しさ。
それがごっちゃになって同居しているチョロ松。一見6つ子の中では一番地味なのに、実は最強の闇メンタル抱え込んでやがりました……
気づいたらとんでもないキャラ好きになってたなー、という感じです。もう普通に好きー!!!



自意識ライジング!!

いや……ニコ動配信待ちってのは百も承知なんですがね?
チョロ松推しとしてこいつはある程度触れないわけにいかないだろう!! おそ松さん19話!!
前回18話の「認められたい!!!」に引き続きまたしても来た、チョロ松ビッグウェーブ!!!


しかもバレを確認する限り、恐らくこれはどこへ出しても恥ずかしくない完璧なる完全なるパーフェクトすぎるチョロ松メイン回。
個人的には、事故回とか扶養面接回、童貞ヒーローもチョロ松メインと言って差し支えないんじゃないかとは思っているし公式もその認識なんではと推測してるんですが、どうも世間様の反応見るとそういった意見は少数派なようで……
色々回ってみると本当に散々言われてたよなチョロ松……雑誌の監督インタビューやらも含めて……
だから今回、どっからどう見ても紛れもなく一点の曇りもなくチョロ松メインだ!! という話が来てくれて良かった。


そして、こんなに後半になって初めてチョロ松メイン!?という意見も見たのですが。
恐らくこの話は、ここまでチョロ松の(6つ子の中では比較的)まともっぷりを十分に描いていなければ成立しない話だった。
さらに、トッティにある程度ツッコミ担当を委譲していなければ出来なかった話でもあり、
また、18話であの「認められたい!!!」のワンクッションがなければ衝撃的すぎてワケが分からない話になっていたかも知れない。
相当計算されてぶっこまれたチョロ松メイン回でありますよコレは……


事前の予告でも、チョロ松メインを予測できるものは殆どなかったのがまたインパクトを強める結果になったというか。
時代劇とじょし松が来るという話は聞いていてさらに前回予告が聖澤だったから、こんな小ネタばっかの回で2回連続チョロ松EDが来たらイヤだなぁこの先メイン回なし確定じゃん……
とか思ってたんですがとんでもなかった。これもスタッフの計算だったとしたらろくでもないとしか(褒め言葉)




詳しい感想はまたニコ動配信後にでも。



で、遅ればせながら18話配信見た感想ですが……
「認められたい!!!」シーンのチョロ松の色気はやっぱり異常。そりゃみんな三男の闇がどーのと言うよ!!!
そして本日全く想定外の自意識ライジングのダブルコンボだよ!! 考察するよ分析するよ承認欲求とか調べちゃうよ!!!


さらにここにきて、トッティが色々と感情を剥き出しにするシーンが多くなってきた気がする。ライン回から何か吹っ切れたんだろうか?
18話ではチョロ松結構推してた上に(結果的にウソになったとはいえ、「何があっても守る」なんて言葉が飛び出したのはそれ自体が凄いと思った)、19話であそこまで感情的にくってかかるってどういうことなの……



もう少し欲を言わせていただくなら、残り話数でもう1回ぐらいチョロ松メインが見たいです(あくまで希望)
出来れば最終話あたりでちょっとしたシリアスが来ないだろうか。18話より前ならさすがに無理かと思ってたけど今ならワンチャン(あくまで願望)



今pixivでおそ松アルトネリコネタ書いてるんですが、18・19話を考える限りチョロ松のコスモスフィアは第10階層ぐらいになっても終わらない気がしてきたw


おそ松さん18話(ニコ動配信待ち)

「認められたい!!!!!」(斧グシャー)




例によって配信待ち状態のおそ松さん18話ですが。
上記のチョロ松のシーンは先にネタバレ動画で見てしまいました。いや他のシーンも色々見ましたがw
いやはや……何というか……その……
とりあえず、こんな言葉↓が思い浮かんでしまった。



1000のSSより1の公式。
1万文字のSSより1秒の公式。




傷だらけのボロボロの血まみれになりながら他人をぶち殺しつつ、最後の力を振り絞って斧をふりかぶって絶叫した言葉がコレですよ……
いやこれギャグアニメだからねとは言われても、チョロ松推しにしてみたら色々考察するなって方が無理だろ!!!
チョロ松メインじゃないだろうけどちょっとは目立っててくれますように、って祈ってた時にコレかい!! pixivであんなモン書いちゃった直後の放送でコレかい! って感じでした。


その他のシーンも色々先走って見てしまったんですが、
もうこれ承認欲求とか三男の闇とか、そりゃ言いたくもなるよ言うなって方が無理でしょー!?という印象。
確かにチョロ松メインじゃーないけど、下手なメイン回よりよっぽどイイんじゃないかコレ……
個人的な評価はレンタル彼女かトッティ回並み、いやそれ以上になりそう。
というか、上記のシーン一つで既にもうベストエピソードってことでいいんじゃないかな(血みどろ大好きスミマセン)
とにかく配信が楽しみだ。







ミンサガ旅芸人二人旅・ジュエルビースト戦速報!!

前回、散々やられまくったミンサガ二人旅洞窟ジュエルビースト戦。
予定通り、本日再挑戦と相成りました。
作戦は前回と若干変更し、

バーバラ姐さん:ロザ重LV5
エルマン:ロザ重LV5


オーヴァドライヴにもシムラクラムにも幻体なんちゃらにも竜人なんちゃらにも頼らないけど、ロザ重には頼る!
この方針で行ってみました。


結果から申し上げますと、




見事、完全撃破に成功です!!!
やったぁあああああああああ!!!!+゚。*(*´∀`*)*。゚+ヽ(≧∀≦)ノ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



HP及びステータスは、ゴールドマインで2回ほど戦ってHPを上げた以外は殆ど変らず。
そのHPも、やっと300超えた程度。進行度は80%超えたあたり。まだウコムのミニオンさんが再登場しないあたりです。
装備内容は
<姐さん>
妖精王の冠、トパーズ、それ以外は店売り最強+ガーラル補強+術防御最大。さらに精霊石の杖装備。
武器は炎のロッドとロペラ+1(A+Dモード)、それから狂戦士の薬。
<エルマン>
アンバーマリーチと邪眼の魔除け以外は店売り最強+ガーラル補強+術防御最大。そして精霊石の杖。
武器はスキアヴォーナ+1(Dモード)、フランシスカ、大地の剣。


今までカエル覚醒まではかかと切りで素早さsageを必死にやってたのですが、今回の場合大して意味がないと判断して超適当にダメージ与えてました(面倒くさかったとも言う)
素早さ下げるのは先手取ってオーヴァドライヴしまくるためだし、それをしない今回はあまり意味ない。
腕力下げも、セルバで防御するなら大して意味がない。
知力下げられれば一番良かったんですが、あいにくエルマンが知力下げ技を何も覚えておらず。
ならばさっさと覚醒させてしまおう!というわけで、
最初にアーマーブレスとウェポンブレスを入れた以外は覚醒寸前まで叩きまくる(BPはなるべく最大値を保つ)
与ダメが17000にそろそろなるか!?という段階になったら生命の炎or錬気。そして次ターンでセルバ。
で、その次のターンで一気に叩いて覚醒させる。覚醒しなかったらもう一度生命の炎or錬気&セルバ張り直し。


姐さんはひたすらロペラのDモードで共震剣。
エルマンもひたすらスキアヴォーナで共震剣orブラッドスパルタン。
セルバが切れかけたら勿論再度セルバ(ちなみに今回はエクセルで与ダメ計算の他にセルバ維持ターンカウントもしてた)
HPが尽きかけたら錬気。
与ダメージが30000ぐらいになったらエルマンに狂戦士の薬でブーストかける。



この作戦で行ってみたところ、
7回目で何とか勝利!!!



先週やった分も合わせると、通算15回目ぐらいの挑戦だったでしょうか。
覚醒ぎりぎりの段階で姐さんが錬気じゃなく錬気掌やっちゃって覚醒させちゃった時はマジで青ざめましたが、既にセルバ張ってたので事なきを得たのも大きい。
姐さんが中盤で変幻自在を閃いて一気にブーストがかかったのが非常に大きい。
途中でエルマンがぶっ倒れた時はやっぱり駄目か駄目なのかと思ったけど、何とか姐さんが立て直してくれたのも大きい。
どうにか復活したエルマンにアマブレをかけ直してセルバをかけ直して、スキアヴォーナもウェポンブレスかけて、
さらに狂戦士の薬でエルマンにブーストかけて態勢が整ったところで全員で(二人だけど)一気に突撃!!



カエル様のHPは事前予想42000を5000も上回っておりましたが、何とか撃破!!
やっぱり進行度が上がるとカエル様のHPも上がってしまうんですね。42000超えてもまだあの、待ちに待ち望んでいる赤いLP「1」表示が出なかった時はどうなることやらと思いましたが……47000ってorz 姐さんもエルマンも本当によくやってくれたよ……(泣)


精霊石の杖+アンバーマリーチ+ガーラル強化+術防御最大のおかげか、
光術と闇術がほぼ完全に防げたのも非常に大きい。これまではコズミックタイドで一気にボロボロにされたからな……
ウインドカッターは姐さんならトパーズで無効化できたのも大きい。
ヘルファイアと火幻術もセルバで無効化できたのも大きい。
エルマンは邪眼の魔除けでマルチなんちゃらは完全無効化。そして姐さんも妖精王の冠でマルプレの麻痺はほぼ無効。
ロッククラッシュとウォーターガンとエナジーボルトの連携さえ来なければ何とかなる、という感じでした。それでも6回もぶちのめされましたが……



セルバ盾は勿論、正々堂々使いました。
え、セルバ盾は卑怯?
たった二人(HP300ちょい)でHP47000超の怪物(最大4回攻撃&連携解禁済)に挑むのに卑怯も何もあるかぁああああああ!!!



そしてやっぱり、進行度が進むと確実にカエル様は強くなりますね……
エルマン疑似一人旅、やるとしたら洞窟内封印は果たして可能なんだろうか。やるとしたらの話だけど。
一人旅だとまずウェポンブレスが不可能だしなぁ。
そもそも疑似一人旅のジュエビ戦で主人公のLPはもつのか。エルマンがいくら強くなったところで主人公のLPが切れたら終わるよ……

















ミンサガ・旅芸人二人旅ジュエビ途中経過……&web拍手お返事。

前回、見事ジュエビ柱戦を突破した我らがバーバラ姐さん&エルマン。
その勢いでオパールもエメラルドもゲットし水龍神殿もクリア。
さぁこれでジュエビ本戦もいってみようか!!






と勇んで挑戦してみたところ、









無理でした……orzorz




ちなみに編成は

<パターンA>
姐さん:ロザ術LV5でシムラクラム&聖杯役。
エルマン:ロザ重LV5でロペラとスキアヴォーナでひたすら攻撃。

<パターンB>
姐さん:ロザ術LV5でオーヴァドライヴ&聖杯役。
エルマン:ロザ重LV5でロペラとスキアヴォーナでひたすら攻撃。


この両方をそれぞれ3~4回ほど試してみましたが、与ダメ25000程度で轟沈してしまいますorz
ちなみにHPは二人とも300行ってないって程度。連携ダメで500とか喰らったらそりゃ勝てませんよ!!
ヤツが目覚めるのが与ダメ17000のあたりだから、実質8000ぐらいしかダメージ与えられてないってわけかorz
おそらくヤツのHPは前周と同じく42000ぐらいだろうから、あと17000も削らないといけないってとこで撃沈してるわけかorz
ちゃんと目覚めるまでにかかと切りで素早さは下げてるつもりなんですけどね。やっぱり二人だと下げる量も少ないのか。


トシのせいかこれ以上は挑戦できず、勝負は今週末に持越しとなりました。
もう何回かやってダメだったら姐さんもロザ重にしてみるか……それでもダメならもう少しイベント進めるか。





web拍手お返事
2/1 拍手&コメントありがとうございます!
生保業界の方、しかも国内生保現場の方からの貴重なご意見をいただき、恐縮しております……そして毎月本当にお疲れ様です!!
去年まで私がいた某外資系も相当法令違反に関しては厳しかったですが、国内生保の現状に関しては不明な点も多かったので、同様に厳しくなったというお話を聞いて少し安心いたしました。あーいう上司はいなくなったんだ、良かった……(涙)
でも意味不明の恒例行事はまだあるんですね。あれも出来る限り早く淘汰してほしいもんですが。
そして、真摯な姿勢で現場に挑む営業員さんが少しでも増えてくれることを祈ります。営業の方や消費者の意識が変わっていくことで、現場ももっと変わっていくはず……と、まだ信じておりますので。


おそ松さん・一松事変&童貞ヒーロー!

先週から戦々恐々としてニコ動配信を待っていた一松事変。
通常Verのチョロ松(と十四松とトッティ)が出てないという非常に嫌な確定情報は聞いていたので、やっぱり公式もそっち方向へシフトしちゃったのかな・・・・・・前回書いたことが当たっちゃったのかな(><)某種みたいなことにだけは絶対ならないと信じてたのに(><)(><)とか散々気をもんでいたんですが



結論から言うと、ひたすら大爆笑でした・・・・・・




チョロ十四トッティが出なかったのは確かに寂しい気もするけど、あの話であの3人以外の6つ子を出したら情報量過多で視聴者が混乱するというのが制作側の考えだったんじゃないでしょうか。入れ替わりネタだし。
一松事変はあの3人だからこそ面白かったし、ここは3人だけにして正解だったと思います。
チョロ松出てないよとか聞いた時はどーいうことぉ!?とは思いましたが、実際見てみたらあの3人だけで回して完結させるのがベストだった。
一番恐れていたのが「実は昔からお前のことが」パターンだったので遂にそれが来てしまったか!?と思いましたがそんなこともなかった。
何事もやっぱり、自分の目でちゃんと見ない限り判断しちゃいけないな。心の中ではチョロ松並みのツッコミ見せる一松の表層心理見られて良かったですw


でも、おそ松じゃなくてチョロ松やトッティ、十四松だったらどう反応したかって考えるのも非常に楽しかったり(^^;)



その分前半でF6じゃなく通常チョロ松たち出してほしかったけどな!!
F6に関しては正直、「もーいーだろぉ!!??」って感じですよorz
クリスマス回でも一松事変回でも、果てはBD第1巻でもかなりの尺で出張ってきてもうね・・・・・・
幻の第1話におけるツッコミまくりのF6チョロ松はそんなに嫌いじゃないんだけどなぁ。F6やるならリーマンチョロ松ください(本音)




ここからBD第1巻のバレになるのでちょっと改行。
(買ったのはBDじゃなくてDVDだけど)
















チョロ松メインだと期待してたらメインじゃなかった!第1クールにチョロ松メインはなかったんだ!!!
・・・・・・とか、第一松見た方々の嘆きがいろいろと聞こえてきてかなり不安だったんですが、


いや、これ正々堂々たるチョロ松メインに見えたんですけど? そして面白かったんですけど??


アレでメインじゃないとか言われたらじゃあ何をもってメインだというのか。
アレでチョロ松メインじゃないとか言われたらじゃあ誰のメインだったのか。
そもそもメイン回っていったい何だ。


ちなみに当方、扶養面接と寝かせてくださいと銭湯クイズと4個と事故回、これよくよく見たら全部チョロ松メインに見えるんですけど解釈のしかたおかしいだろうか(レンタル彼女はさすがにちょっと違う。可愛かったけど。可愛かったけど!!!)
他の兄弟が暴れまわってチョロ松がキレキレのノリノリでツッコむパターンが好き。
もっとも、前回まではメイン回来てない来てないとか散々書いちゃってましたけどね!!!
どこからどう見ても文句のつけようのないチョロ松メインだ!と言える話が今まで来てないのは確かだったので。


でも、他の兄弟のメイン回ってどんなんだったかと考えてみると。

おそ松(憂鬱)⇒確かにメインではあったけど他の兄弟に食われてる感
おそ松(なごみ)⇒パラレル

カラ松事変⇒説明不要の不憫キャラぶり
カラ松(おでん)⇒どっちかというとチビ太メイン。坊主&クチャラーにされるしやっぱり不憫
カラ松(花)⇒どっちかというとチビ太(ry ドブスと結婚でやっぱり(ry

一松(エスニャン)⇒シリアス担当。いい扱いかと思いきやカラ松オチの壮大な伏線にすぎなかった
一松事変⇒ホモコントで勢いあまってカラ松ボーイズと自ら宣言。
(他の話で強烈なオチ担当にされることも多くキャラが色々意味不明に)

恋する十四松⇒珍しく最初から最後までシリアス。そして失恋。
面接⇒ケツ出し星人
十四松まつり⇒???
(他の話で強烈なオチ担当に(ry

トッティ(スタバァ)⇒5人と正々堂々渡り合うトッティが素晴らしいが最後の悲惨さがもう。同じことはパチンコ警察でも言える。
トッティ(ライン)⇒トッティのドライモンスターっぷりが遺憾なく発揮された上におそ松チョロ松一松の兄弟依存っぷりも明確になった傑作。


・・・・・・あれ? ギャグアニメっていう観点で見たらまともなメイン回もらったのってトッティぐらいじゃね?
特にカラ松なんか酷すぎじゃね? メインと言えるの3回もあるのにうち2回がチビ太と抱き合わせであと1回は事変だし、何といっても3回とも扱い不憫すぎるし。
そもそもまともなメイン回って何だ。
トッティライン回が理想的なメイン回っていうことだったら、扶養面接も寝かせても銭湯クイズも4個も童貞ヒーローもシコ松も全部、結構理想的なチョロ松メインと言える気がするんですけどね・・・・・・



比較にならないほどの不憫キャラなんてジャンル問わず山のように見てきたから、最近よく言われるチョロ松メインがどーのこーのって話もイマイチぴんと来ないです。
いや私自身も書いちゃってたけどさ。準メインみたいな立ち位置なんだしそこまで騒がなくとも……的な思いはある。
血界のスティーブンさんなんてアニメは勿論、原作でもメイン回ほぼないに等しい(メインと言えるのが一応あるにはあるけど他キャラと抱き合わせ状態)
・・・・・・なのに、あの存在感ですよ? チョロ松もああいう役どころなんじゃないかと思うんですけどね。


エスニャン回や恋する十四松回みたいなのが欲しいというんだったら、正直そいつはちょっと厳しいんじゃないかと言わざるをえない。
それに、シリアス担当した二人は二人ともキャラが意味不明になりつつあるんだけどそれでもいいのか?!
期待してないとは言わないけど。最終回近くで来るんじゃないかと期待してないわけじゃないけど!!




それより何より、今回の3.5話での最大の収穫はやっぱこれだろう!!

「おそ松さん」ぴたコレラバーストラップ第2弾登場!!


イチゲルゲ抱きしめてるチョロ松が破壊的な可愛さなんですがどうしようか。
チョロ松に抱きしめられてるイチゲルゲが破滅的な可愛さなんですがホントどうしようか。
もうホント、童貞ヒーローがお蔵入りとかならなくて良かったです。何が問題だったのやら・・・・・・


そしてショートフィルムのチョロ松&十四松も可愛らしくてなぁ・・・・・・本編でもあれぐらいの笑顔見せてほしいよチョロ松。
そりゃ売り上げ10万行くかと噂されもするさ!!


プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放されましたが、現在専業主婦中……


2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR