ガンダムSEED中心にアニメ・漫画・小説・映画、その他仕事の愚痴など中心に何でも色々語っていこうというブログです。本サイトにて、ガンダムSEED小説連載中。

おそ松さん最終話(未視聴)+24話。

昨日深夜、遂に世に放たれてしまったおそ松さん最終話。
とりあえず、例によって未視聴なんですがネタバレだけは見てしまいました。
バレ満載のためまた改行。


















お話の出来はともかくとして、
自立否定派大勝利オチだったようで何よりです!!!
しかし野球回だなんてそりゃ誰も予想できないよ……
いつものクズ6つ子が戻ってきてくれたようでホント何よりだ。
しかも、恐れていた夢オチでもリセットオチでもなかったようで。
2クール目で積み重ねられてきた6つ子たちの成長描写、その結果としての24話Bが完全に無に返されるのはさすがにキツイからなぁ。
チョロ松推しにとっては特に!!



せめてギャグアニメの中でぐらい、バカでクズな童貞ニートたちがのんべんだらりとグータラな日々を過ごせる夢を見せてほしい。
そんなダメな私の願いを叶えていただき本当にありがとうございます!!
世知辛い現実見せられるのは現実だけでたくさんですよ。



でも……
24話Bの延長としてのシリアスも、もうちょっと見てみたかったのは事実。
結局爆破されるんだとしても、チョロ松の成長がどこへ行きつくのかは見てみたかった。
自立への最大の敵であるおそ松兄さん(←少なくとも24話の描写見る限りはそう見えた)とどう立ち向かうのかを見てみたかった。
しかし最終話バレを見る限り、自立への最大の敵はおそ松兄さんではなく、チョロ松自身の心というオチだったようで……
しっかし会社の机で何やってんだチョロ松! 3周ぐらい回って尊敬に値するよ!!




チョロ松の手紙が燃えなかった世界線という設定であのままシリアス続いたら、どういう展開になってたんだろう。
それこそおそ松さんの世界が終了するオチしかないから、続編作りやすくするためにあぁいう最終話にしたんだろうか。
まことしやかに噂されている2期とか続編とかでそのへんはやるんだろうか。
いっそのことまた自分で書いちゃおうかな。散々pixivでは見ているけれども。














スポンサーサイト

おそ松さん24話(未視聴)

うわぁ。
うわぁ。
うわぁ……




だからおそ松で追撃やめてって言ったじゃん!!!!!!




以上、おそ松24話のバレ見た自分の感想でした。
例の如く、本視聴はニコニコ待ちです。










以下、24話ネタバレ含みますのでざっと改行。























鉄血に続きおそ松でもこれかよ!!!
数か月前ならチョロ松でシリアスなんてありえないと思ってたのに、
結構掘り下げが来てた今でも、ワンチャンあればいいかな?ぐらいに思ってたのに、
こんなにがっつり来るとは全くの予想外だったよ!!!
ヒロインじゃないか! こんなの完全にチョロ松さんヒロインじゃないですか!!!
でも、だけど、シリアスは来てもいいけど、せめて今回だけでシメて欲しかったよ!!



そしてここで思い出した。
カラ松事変放映あたりの頃、ブログで自分がこんなことを書いていたことを。


「前に歩みを進める」ことを拒否し、「現状に甘んじて一歩も動かない」ことを肯定的に描く作品はアニメに限らずどのジャンルにおいても非常に少数派だとは思うけど、おそ松さんはどっちなんだろう。最終的に今の6つ子たちの現状を肯定するのか、否定するのか・・・・・・
今のところ肯定の方向に進んでいる(そしてそんな点も受けている)気がするのでそのへんも注目したい。チョロ松は必死で否定してるけど。




確かに書いたけど、書いたけどさぁ……
あの時点ではまさか最終局面にきて、この問題をここまでガッツリと、しかもチョロ松でやられるとは思ってなかったよ!!!
何やかんやでずっとニート暮らし最高!!で終わってホメオスタシスとトランジスタシス?何じゃそれ??ってな感じでギャグで終わると思ってたし!!!
(起爆剤がカラ松ってのは外れたけど)
今を維持しようとする力(おそ松)と変えようとする力(チョロ松)!!! まんまじゃないですかコレ。



で……
私個人はチョロ松推しではあるんですが。
心情的には、おそ松兄さん寄りでありたい。
つまり、「ずっとこのまま変わらないでほしい」です。



だって、アニメでもドラマでも小説でも、「変わらなきゃ」「自分は変わらなきゃ」「変わらなきゃ死んでしまう」「革命しなきゃ」「変わらなきゃ人間じゃない」とか、これは何かの宗教かってくらい「変わらなきゃ」って作品は溢れてるじゃないですか。
変わらない作品なんて、サザエさんぐらいのものじゃないかってくらいに。



人間、変わらなきゃいけないなんてことはない。
変わらなくったって、いいじゃないか。むしろ、変えちゃいけないものだってある。




これはおそ松さんに限らず、私の持論だったりします。



ただ、6つ子全員童貞ニートなんて最低な現状は常識的に考えて、「変えちゃいけないもの」じゃなく「変えなきゃいけないもの」なのでしょう。
だけど敢えてそこは、否定してほしい!!
おそ松兄さんには、そこは、全力で否定してほしい!!!
変わらなくてもいいんだと。というより、俺たちは変わっちゃいけないんだと。
それが出来るからこその「ギャグアニメ」なんでしょう!!!?? 全力でひっくり返せるからこその主人公おそ松でしょ!!?
つーかメタ的な意味でも、6つ子全員無職童貞ってのは多分「変えちゃいけないもの」でしょう。じゃないと2期とか続編とか(ry



でもやっぱりチョロ松推しとしては、18話から今に至るまで相当丁寧に描かれてきた変化を全て台無しにされるのもちょっと……いやちょっとってレベルじゃないくらい勿体ない!って気持ちもあります。
血みどろになっても「認められたい」と叫び、自意識があそこまで肥大するほどの闇を抱え、それでも悩み続けてあがき続けて心情を吐露したのが23話。それでもダヨ子に諭され笑顔で別れ、外の世界に戻ったチョロ松は続く24話で見事就職に成功した。
これほどまでに紆余曲折を経た彼の変化を、全て無に返せというのか。



それでも。
それでも、敢えて、おそ松兄さんにはチョロ松の努力とあがきを全て台無しにしてほしい。
「俺たち6つ子は変われない」を貫き通してほしい。
そして続編では、そんなおそ松兄さんに対してさらにあがき続けるチョロ松が見たい。



変わることが、それほどまでに大事なことか?
自分のアイデンティティや、自分の大事なものを捨て去ってまでも変わることが、そんなに大事なことか?
現実なら変わらなきゃいけないこともあるなんてこたぁイヤってほど分かってるんだよ!!
だけど、アニメでぐらい夢を見させてくれよ!
最底辺の童貞ニートのままでもいつまでもみんなでのんべんだらりとバカやって生きていける、そーいう夢を見せてくれたっていいだろうが!!!
つーかお前らはそもそも、ギャグアニメの主役として視聴者を笑かすのが使命だろうが!!
これほどまでに大量のファン泣かせてやきもきさせてどーすんだこのクソ童貞どもが!!!



……ということを長男には叫んでほしい。









そんな私が(24話未見でも敢えて)予想する最終話オチはこんなところ↓


①実は会社でハメられたかミスったかして自殺寸前まで追い込まれていたチョロ松。手紙は兄弟に出した遺書みたいなものだった。
「恋する十四松」にも登場した例の崖で身投げしようとするチョロ松をすんでのところで止めにくるおそ松。
他の兄弟たちも社会の理不尽さにブチギレ、何やかんやで世界をぶっ壊す。間違っているのは俺たちじゃない世界の方だ理論。
結果、全世界が総クズ化

②実は24話は全部おそ松とチョロ松が仕組んだドッキリでした~♪

③普通にみんな自立して結婚して子供をもうける。その子供が全員男の6つ子。
で、子供たちが成人したあたりで全員同時に離婚され失職して子供かかえて松野家に戻ってくる。子供は勿論全員童貞ニートになっていた。
6+36=総勢42人の凄まじきクズ生活が始まる。両親の安定の老後は果てしなく遠い。

④就職後がほぼ全員うまくいかず、普通に全員ニートに戻る。就職はゴールではなくスタートに過ぎなかったよオチ。

⑤ライジング以降が全部チョロ松の夢だった

⑥以上のネタを出しあい、オチをどうするか悩んで終わる6つ子なメタオチ。煮詰まったところでまさかの映画化&2期発表。考えつく限りのオチを全部実現しちゃうよ♪


個人的に一番気に入ってるのは①で、嫌なのが②と⑤。
ここまで色々引っ張ったからには、何の葛藤もなくチョロ松が元のニートに戻るのはやっぱり嫌だなぁ……
ただ①にしても、世界を自分の都合のいいように変えられるんならダヨーン族のところに引きこもるのとどう違うんだよって話になるし。
①のような、自分が変わらずに世界を変えてしまえ的オチを封じる為に敢えて23話を出してきたような気もするし。


少なくとも、おそ松とチョロ松が今までにない大喧嘩をするシーンは最終話で絶対に見たいです。
それこそお互いの顔面崩壊するレベルの、18話のおそ松VSイヤミ並みの殴り合い希望。






というか私、最近キャラ愛が非常に鬱屈傾向にあるな……
ビスケット死亡で鉄華団壊滅しろとかさぁ……
敢えてチョロ松の変化を台無しにしろとかさぁ……



そして今聴いてて結構心に刺さった名曲↓
Tokyo No.1 SoulSet ~JiveMyRevolver~








はなまるぴっぴは最後のサバイバー?

おそ松さんとオルフェンズ。
奇しくも昨年10月、同時期にスタートしたこの2番組。
一方は大人になってもグータラニートな一生全力モラトリアムなクズ6つ子を描き、
一方は大人たちから搾取されまくり、命がけの戦いを強いられ生に噛りつかねば地獄へまっしぐらな子供たちを描く、
非常に対照的な2作品だった。
どちらも私の推しキャラがいるという点でも似ており、
どちらもメインに櫻井さんがいる(しかも一方は主役、一方はライバル格。そして両作品共に結構なクズ)というのも共通している。
そしてどちらも、いい意味でも悪い意味でも私の心臓と頭と胃を痛めつけてくれる。


おそ松さんは……
ちょっと前までチョロ松空気とか言いまくられていたのが嘘のような怒涛のチョロ松ビッグウェーブが続いております。
18話の「認められたい!」でピークかなと思っていたらとんでもない。あれはほんの始まりに過ぎなかった……

19話ライジング

20話にてイヤミに一番ダメ宣告され

21話神松での開き直りクズ宣言

22話ライジング継続&怒涛の笑顔ラッシュ

そして23話、まさかの再メイン&まさかの結婚(未遂)&まさかのラスト満開笑顔!!


……これ他松Girlsに怒られても文句言えないんじゃってくらいに凄まじいチョロ松ラッシュなんですけどどうしよう。
24話&最終話でいきなり落とされたらどうしようとか不安になってくるくらいなんですが!!


ライジング要素があってもツッコミ要素がまだ消えてないのがかなり良い感じだし、1クール目じゃ殆ど見られなかったチョロ松の笑顔が頻繁に見られるようになって非常に嬉しい。
そして、チョロ松が笑顔になると周囲が大爆撃を喰らうの法則がまだ健在なのも嬉しいw
おそ松兄さんとは喧嘩ばっかりだったのに最近では本当によく笑い合うようになっちゃってなぁ……
あのライジング回からどう立ち直っていったのかが興味深いところだけど、そこは色々各自補完しろってことか。また二次が捗るなw っていうか既に大量にあるし。


24話は後半パートがシリアス?との噂なのでどうなることやらと若干気をもんでおります。
先行カット見ると、何やら遂にチョロ松が自立しそう?な雰囲気でもあるんですが……
長男以外の6つ子が全員自立して長男だけが取り残される展開ではないかなと予測してるんですが、散々予想を裏切ってくれた公式だからなぁ……色々といい意味で悩ましい展開ではあります。



ついでに、先日の家族旅行の途中で寄ったファミマにて、チョロ松コースターをゲット!!♪(/・ω・)/ ♪
ファミマキャンペーンの騒乱ぶりは聞いていたので、絶対ムリだと思っていただけに非常にうれしい。はにかみ笑顔で恥ずかしげに巨大なダイヤを差し出すチョロ松が実に可愛らしい。そして6つ子中一番愛が重い。
ちなみに発見したのは某関東近郊アウトレット内ファミマ。残っていたのはチョロ松2個でトッティが1個。
クリアファイルなるものは影も形もなかったです。




で、オルフェンズ。
この間あんなことを書いてしまいましたが、実際に犠牲が出たら出たでやっぱり頭と胃と心臓がギリギリと……
2期あるなら1期は全滅オチにして2期はビスケット生存ルートでやってくれよとか思ってたんですけどね。
流石にガンダムまでループものにするわけにはいかないよなぁ……
最近の展開見てると、改めて容姿性格共にビスケットは鉄華団の癒しだったんだなぁと気づかされる。
OP聴くたびに「ホントどーにかしてくれよビスケットぉお!!」と言いたくなる。
ホント、最後のサバイバーとなれるのは誰なのか。そしてサバイバーとなった者に救いはあるのか。
OPラストのクーデリアの笑顔が微妙に狂ってる感があるのは私の気のせいであってほしいが。


そして鉄華団団長たるオルガでも、6つ子たちより多分5つは年下という驚愕の事実。
超絶血みどろ鬱シリアスガンダムとシュールギャグアニメの違いはあるにせよ、このことにはマジで驚いてしまった。
この2作品が同時期放送ってのは皮肉なのか運命なのか。
いずれも、オチが大変気になる状況ではあります。


というか、鉄血の鬱展開のせいか旅行の疲れか分かりませんが胃痛が結構酷いorz
頼むからおそ松で追撃はやめてほしい……










ミンサガ旅芸人二人旅・クリアデータ作成完了!

結構間が空いてしまいましたが、ミンサガ旅芸人二人旅報告です。



精霊銀装備は特にゲットしてませんでしたが、シェラハ様は何とか撃破しました!
竜の眼バグを使って竜の眼ゲットしようかとも思ったのですが、結局やらないことに。
魔石の仮面はバーバラ姐さんのみ装備。
今回ほぼ初使用の秘密兵器・イージスの盾を姐さんとエルマン二人とも実装してみた。
クラスは姐さん:ロザ術(合成術はクリムゾンフレア)、エルマン:ロザ重。


あとやった対策としては、
・コンスタンツからお守りゲット(即死対策)
・防具は術防御寄りに強化、ただしウインドカッター対策の為物理防御もあまり殺さないようにする
・精霊石の杖を出来るだけ装備
ぐらいか。


途中エルマンが誘惑されてイージスを誤ってシェラハにかけたりとか色々ありましたが、
どうにか撃破!!
最後姐さんが残りLP2でしたがエルマンが決死の変幻自在を決めてくれた。
そしてイージスは意外と仕事してくれました。運も良かったのかな。







その後……真サルに挑みました。









ごめんなさい嘘です。
真サルではなく、7サルです。真サルは挑戦すらしてませんorz
6つ子色(ルビー・アクアマリン・エメラルド・アメジスト・トパーズ・ダイアモンド)+オブシダンを捧げて行ってみました!!


ちなみにアニメート対策たるムーンストーンは敢えて装備せず。
HPは二人ともやっと600超えたあたり。姐さん:ロザ術、エルマン:ロザ重。
ステータスも60到達したものなし。
財宝掘ってないから流星刀なし。
ODもQTもなし。合成術は魂の歌。フェニクスアローは数回使ったけど幻体戦士術は使用せず。


敢えてこの状態で突撃したところ、
何と1回で突破!!!



今回はエロールが結構仕事をしてくれて、いつの間にかLPがピンチになっていた姐さんを救っていただけた。
いやーマジで助かった。事前に片っ端から仲間を集めて光術を散々買い込んだ(そしてLP消費させまくって消滅させまくった)おかげもあるんですが。
7サルの合計HPはおよそ52000。かかったターン数はだいたい70ターンくらいでしょうか。
勿論例によってエクセルでターン数カウントと残りHP計算とリヴァイヴァ管理をしつつ、サルーインの行動パターン表とにらめっこしつつの辛勝でしたが……
1回で突破出来たとはいえ、これ以上は今の状態では無理だぁあああ!!!



今後8サル以上に挑むにあたっての改善点としては、
・トリックモード専門の武器があるといいかも
・エルマンの竜燐の剣はもうちょい強度強化要(変幻自在のEP消費が黄色1だった)
・全体的にステ上げ必須
・エルマンのBP対策と姐さんのLP対策を何とか……

このあたりでしょうか。あとは流星刀ゲットか。

あと、やってみて初めて分かったこととしては、
二人旅だとミイラの薬を装備できるスペースがろくにない
ということでしょうか。
エルマンなんか、ろば骨(グラスラ用)と竜燐の剣とロペラと水龍剣装備したらもうスペースないし。
姐さんも炎のロッドと藤娘とダークの剣装備してるからあと一つしかスペースないし。
最悪、エルマンのロペラと姐さんの藤娘を外すとしても流星刀もどこかに装備したいし……うーん……
やはりエロールに頼るしかないということか。


クリアデータは作成できたので、今は旦那のアイシャ編を横目で眺めつつ対策錬り中。
二人旅三人旅とかやってしまうと、通常の5人旅がかなり楽に見えます。逃げる時だけは悩みどころだけど。LP5消費するし。



そして今思ったけど、運命石におけつ6つ子色ってアメジスト⇒トッティでブラックダイア⇒一松の方がしっくりくるだろうか。
運命石の中にピンクって見当たらないからなぁ……

ミンサガ近況+web拍手返信。

ミンサガ旅芸人二人旅、現在デス様勝利まで来ました!!
最終試練では何とかゴールドドラゴンから竜燐の剣をゲット。古城も行ったことだし、あとやれることは……
シェラハ戦ぐらいでしょうか。
今はゴールドマインorコンスタンツで修行中。さすがに修行で二人は厳しいのでジャミル・クローディア・ファラを入れてます。
(先日コンスタンツでイフ様2匹とかいう編成にぶち当たってなす術なく轟沈してから、修行は5人でやろうと決めた)


web拍手返信
3/6 15時台>2005年、時空警察の頃から読んでくださっていた方がいらっしゃったとは……感激です!
あれから大分時間が経過してしまいましたが、こうして素晴らしい応援コメントを頂けること……本当に生きていて、かつ、つたなくも細々と書いていて良かったです!!
pixivのおそ松さん小説についても感想いただき、ありがとうございました。こちらとしては、絵が描ける方が非常に羨ましい限りで……小説で苦労する部分も、あぁ漫画描けたらああしてこうしてああするのにぃ!! と良く思ってしまう次第です。
その分、漫画や絵では難しい心理描写をそれなりに頑張っている、という感じですね……

おそ松さんに限って言うと、ほぼ書きたいことだけ書いてます。外したりしていてもそれはそれでいいや次行ってみよう!という感じです。最新の放映見てちょっと解釈違ったなと思ったら微調整しつつ次へ。そういうことが出来る作品って意外と少ない気がするので、今しかないなと思って波に乗っちゃってます……
そして、ギャグアニメに考察は不要と言われようが、やっぱり色々考えてしまうのがファン心理というものですね。特にチョロ松に関しては考え甲斐のあるキャラなので(特にライジング以降)、妄想するのが楽しいです。
一松ドロップでの一松の台詞に関しては、「一松もさすがにここまでは言わないかなぁ……苦情来たらどうしよう(>_<)」と思った部分もあるのですが、評価していただけて嬉しいです!

アニメーターというお仕事は非常にご苦労されることも多いと思いますが、無理をなさらず頑張ってください!
こちらも時間の許す限り、また色々と書いていきたいと思います♪

ビスケット……(号泣)

オルフェンズ21、22話見ました。
色々と思うことはあるんですが……
正直、非常に反感を買いかねないことを書くので若干改行。













鉄華団には何の恨みもない。
というか、どのキャラにも何の恨みもない。カルタさんだって仕事しただけだし。
そんなことはビスケットが全く望んじゃいないどころか、ビスケットの願いとは真逆なことも分かってる。
だけど、壊滅してほしいと思う自分がいる。
それこそイデオン並みにとことんまで敵も味方も壊滅して目茶目茶になってしまえと思う自分がいる。



人の死、特に戦場での死に意味とか見出そうとしたって無駄なこたぁ分かってる。
だけど、オルフェンズは現実ではなく創作物。
キャラの死に意味はないのかも知れないけど、せめて作劇上での意味は欲しいんです。
そうじゃないと納得がいかない。




鉄華団壊滅する級の、とてつもないデカい理由があってビスケットをこうしたんだと思いたい。
それこそ、ギアスで言えばユフィ死亡レベルの。



本当に、マジで、鉄華団キャラにも、ギャラルホルン側のキャラにも何の恨みもないです。
(ビスケット以外、特に思い入れがあったわけでもないけど)
ただただ、鉄華団は──というか両陣営とも目茶目茶になってほしい。
こんな気持ちになったのはかなり久しぶりかもしれない。ファンの方本当に申し訳ありません。
考えてみれば、リアルタイムで追ってた好きキャラが死亡するってのは本当に久々だしなぁ。



他の熱血ロボアニメだったら、ビスケットの遺志をついだ鉄華団が見事奇跡的にギャラルホルンを打ち破る!とかいう展開になるんだろうけど、これはガンダムだから恐らくそうはならない。そうなれば一番いいには違いないんですが。
ヤバイフラグは今週分を見ても相当バンバカ立っている。
だからやっぱり、鉄華団壊滅のためにビスケットは作劇上、犠牲にならざるをえなかった──
そう思わないとやってらんないんです。マジでごめんなさい。



オルフェンズ……(泣)

先にネタバレ見ちゃったんですが……
オルフェンズ……ちょっと待ってくれ……







(※今週分ネタバレにつき一応改行)














マジか、ビスケット……
兄貴の話は何だったのか……




録画もしてあるし毎日放送のサイトで今週分見られることも分かってるんですが、なかなかその気になれず。
私の中でだいぶおそ松さんに遅れをとっていたものの、それでもオルフェンズは気にはなっている作品で、
ビスケットは今期(というか去年10月から今に至るまで)、チョロ松とカラ松の次ぐらいに好きなキャラだったのは確かなんで。
そんでビスケットの次ぐらいに一松。どうでもいいな。


推しキャラがこういうことになるのは久々だったんで結構ダメージでかい。予告で嫌な予感はしていたんですが、兄からの遺言メールのこともあるからここは死なないはず、つーか死なせてどうする!と思ってた。
最低でも1期最終回あたりまでは生き残るだろうと思っていたキャラだけに。2期があるのか知らないけども。
というか、ビスケットああなっちゃったらもう鉄華団壊滅一直線な気がしてならない。あとは脳筋野郎しかいないじゃないか。
その為にわざわざ参謀役死なせたんだろうか。そうとしか思えないが。
何でいつもはバックアップだったキャラが先に死ぬんだ……何でだ……


兄弟にハブられたとか出番ないとかツッコミ取られたとか恋愛エピ来ちゃったとかシコ松呼ばわりとかメイン回来ないとかで不憫不憫と騒げるおそ松さんはマジ幸せな作品だと思う。いや私も色々言ったけどさ。甘えてんじゃねぇぞてめぇらオラー!!!!
出番にはそこそこ恵まれていたけど、死亡はやっぱりどう考えても最大級の不憫です。


死亡という見せ場すら与えられずボコられるだけボコられて空気化したキャラも同じぐらい不憫だけど、生き残ることが出来たって点でいうとまだマシなのかな……サイは……どうなんだろう。
(私はどんなに時間が経過しても何度でも言うし、何があろうとあの脚本だけは認めない)

プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放されましたが、現在専業主婦中……


2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR