くまみこ最終回騒動にて思う。

TVアニメ「くまみこ」はなぜ炎上したのか? 原作者も「あの発言は、酷いなあ」と苦言


「くまみこ」というアニメは全く見ていなかったのですが、上記記事を見て若干気になったので最終話だけニコ動で視聴してみました。
率直に感じたのは……



なんか、これ、「おそ松さん」最終話と似ていないか?



ということ。


基本的に日常系ギャグアニメという点も似ていれば、最終話に至る話の展開も似ている。
今までの日常を捨て、まちが都会に出るか。
今までのニート生活を捨て、6つ子が家を飛び出していくか。
どちらも、最終局面において「変わるか、変わらないか」の選択を迫られる。


で、どちらの作品も最終話では
「変わらなくていい」という結論にたどりつく。
まちは結局村へ戻り、6つ子たちもニート生活に戻っていく。


ほぼ時期を同じくした日常系ギャグアニメが殆ど同じ結論を出したのも興味深いけど、
さらに興味深いのは、同じ結末に見えるこの二つの作品で、何故こうも評価が割れたのかということだ。


そりゃおそ松さんの最終話にも色々と批判はあったし、私も全面的にあの結末を支持してるわけじゃない。
しかし、今回の「くまみこ」ほどの炎上騒ぎには至らなかった。
おそ松さんが炎上せず、くまみこが炎上したのは何故なのか。
考えられる原因を探ってみると

①演出力の違い
②ファン層の違い
③原作とのかい離

大きく分けてこの3つなのかな?と思った。



①演出力の違い
おそ松さん24話と最終話のシリアスとギャグの落差は、もはや伝説級。
24話において、これ以上ないほどのシリアスでおそ松兄さんを置いて自立していく6つ子たち。
しかし最終話では、それまでのシリアス時空が開始数秒で大逆転する。24話の葛藤はどこへやら、6つ子たちは長男の「センバツ」の一言で一瞬で松野家に戻ってきてしまう。
この展開には批判・反論は様々あるし、私も未だに納得はしていないが、この大逆転ぶりが多分アニメ史に残る級なのは間違いない。
そして、多くのファンが許せてしまうほどにギャグに振り切った最終回だった。

対して、くまみこはどうだったかというと……
最終話だけを見た印象だと、あれは何となく、「おそ松さん24話の続きをそのまま無理矢理やろうとして、最後をギャグで落そうとして失敗したケース」のようにも思える。
まちが石を投げられる被害妄想にとらわれ、そのまま挫折してナツの胸に戻っていく一連のシーンは、スタッフの意図としてはもしかしたらギャグのつもりで描かれたのかも知れない。
だけど、多くの視聴者にはとてもそうは見えず、ホラーなバッドエンドとして受け止めるファンも少なからずいた。
挫折や後退をギャグとして軽めに描いて落としどころとしたつもりが、そこまで演出が振りきれていなかった(もしくは、被害妄想の描写・演出が異常に深刻だった)為に視聴者はそう受け止められなかったのかも知れない。


……だからといって、くまみこでセンバツやれってのも無茶な話だけどw



②ファン層の違い
男性は変化を求める傾向が高い。
女性は現状維持を求める傾向が高い。
くまみこのファンは男性が多く、おそ松さんファンは女性が多い。
となると、同じ「現状維持」の結論を出した両作品でも、ファンの反応が相違してくるのは当然なのかな?
……あまりにも短絡的にすぎるけど、ちょっと脳裏に浮かんだ説。


例えばおそ松さん最終話で、チョロ松が会社で挫折して結局松野家に戻ってきて、まちの如く「僕はこのままニートでもいーんだー♪」みたいにおそ松兄さんの胸で幼児退行状態で終わっていたらどうだったのか、って考えると……
意外と、案外、受け入れるファンは多い気はする。
むしろ「あの」センバツ最終話よりも批判は少なくなった気がする。ラストのラストで「やっぱり僕、就職する」とかチョロ松が言い出せば個人的にも文句なし。


男女の違いというよりも、「ファンがキャラに望んだ結末」の違いかな?
おそ松さんにおいて、多くのファンが6つ子に求めた結末は「ずっと童貞ニートでわちゃわちゃしてくれること」だったけど、
くまみこにおいてはそうじゃなく、ファンはまちに少しずつでも前進してくれることを望んでいたから……と考えたほうがしっくりくるかも知れない。



③原作とのかい離

今回のくまみこ炎上事件で、一番よく目にする意見がこれですね……
「あのキャラはあんなことを言うキャラじゃない!!」というもの。
実際、あるキャラがありえない発言をしていた為に、原作者のかたが苦言を呈したとか。
当方、何度もブログで書いたとおりこのテの発言は好きじゃないですが……原作者までが同じような発言をされたとなると、若干話は違ってきます。
それはつまり、キャラを生み出した原作者の考える許容ラインを超えてしまったということなので。
(ファンの考える許容ライン、ではなく、キャラを作った創造主の許容ライン


対して「おそ松さん」はご存知のとおり、赤塚先生の偉大な原作はありますが、6つ子のキャラはほぼオリジナルです。
6つ子たちは「くん」時代のキャラから完全に外れ、自由奔放に色々とやらかしてしまっております。
が、それでも、超えちゃいけないラインはきっちりあった。
そのうちの一つが、「食べ物を粗末に扱う」ことだと個人的には考えています。この記事にも書いたとおり。


(話がちょっと脱線しますが……
十四松のパフェについては、たまたま7話だけの演出かな?とも思いましたが、それ以降の話でも食べ物を粗末にする描写は出てきませんでした。
辛うじて引っかかるのは13話のチョロ松ですが、あれも鍋の中身をちょっと兄さんにぶっかけただけ。鍋そのものをひっくり返すまではしなかった。ポン酢の瓶を投げてはいますが中身そのものをぶちまけたわけではないし、投げた瓶が割れた描写もない。
ファイナルシェーでも、おそ松が枝豆を皿ごと投げる描写がありますが、枝豆は散らばりはせず見事に拾われてしまいます。
決定的なのは24話、お寿司をひっくり返した十四松に対して本気でキレた長男。
きれいに作られた食べ物を粗末にすることだけは、松野家でやってはならないタブーであり、「おそ松さん」における超えちゃいけないラインであることの象徴だったんだなぁ……と改めて思った。
え、無限コーヒー?……アアアアレは一応飲み物であって食べ物じゃないからギリ……
え、クリスマスケーキ?……アレ、食べ物じゃないし……
え、へそウォ?……アレ、本編じゃないし……)


原作者や、それまでの話で積み上げられてきたキャラの行動の、最低限超えちゃいけない「ライン」。
くまみこでは最後にきて、それを破ってしまった。
該当のキャラについてはよく知っているわけではないけど、「村の為にまちを贄に」のような発言は、ほのぼの日常ギャグアニメの中ではかなり異彩を放っていたように思う。
(最初まとめサイトで話だけ聞いた時は、またこのテのサイト特有の拡大解釈かと思ったけど、実際見てみたらまんまだった……)
ヒロインが日本を救う人柱という設定だったブルーシードでさえ、ヒロインを人柱にしようという発言をするメインキャラはいなかったのになぁ。




つまりアニメ「くまみこ」最終話は、おそ松さんで言えば
・最終話においてセンバツの手紙が松野家に届かず、6つ子たちが(24話のシリアス時空の延長線上で)挫折し、松野家に戻ってきて長男に抱かれて幼児退行を起こし、おまけにチョロ松が立ち直りの兆しを見せず

さらに

・トッティの作ったパフェを十四松がぶん投げて破壊し、おそ松にキレたチョロ松が鍋を鍋ごとおそ松にぶん投げる描写があった

これに等しい事態が起こっていたとも言える……のかな?




「変わらなくったって、いいじゃないか」
という、奇しくも同じ結論に到達し、色々と賛否両論が巻き起こった両作品。
私たちは変わらなくてはならないのか、それとも変わらなくてもいいのか──
この問題に関しては、コンレボでもまた興味深い結論が出されているわけですが、それはまた今度。


スポンサーサイト

ミンサガ新品ブラザーズ・真サル撃破完了!!

まだまだ続けているミンサガ。
一昨日ですが、新品ブラザーズことジャミル・ダウド・エルマン・名無し騎士・アルベルトの5人は
見事! 真サルを撃破いたしました!!!


エルマンが重装兵、そしてダウドがオーヴァドライブを使っての戦いでしたが(^^;)
だけどそうでもしなきゃ、名無し騎士さん生かして真サル突破なんて常人には無理です。
HPも、ジャミルとダウドがまだ600行くか行かないかって段階だったし。
ステータスも、皆さんだいたい最高で50後半。60行ってたステータスは……アルベルトの腕力ぐらいだったかなぁ?という状況。
(そしてアルベルトの知力が今回酷いことに)
タイタスと怪魚の石燐は全員分揃えたんですけどねー……


実際の真サル戦ですが。
見事に思い切りハズレデータにぶち当たり、第二形態突入直後にゴッドハンド連発をかまされました。
柱が全部立った状態でのゴッドハンドだったんで、死んだのはジャミル一人だけで済んだのが不幸中の幸い。
……だったんですが、それでもその後のゴッドハンドラッシュが酷すぎた。ゴッドハンドの可能性があるターンには必ずと言っていいほどゴッドハンドが来ました。確率40%じゃなかったのかてめぇ。

あと、今回も真サル行動パターン表、リヴァイヴァ管理表、及び与ダメージ計算表とにらめっこしつつの戦いでしたが、オーヴァドライブするとどうしてもターンの数え方がおかしくなります。特に剣の雨の直後。
(ただでさえ確率50%で1ターン飛ばされるっていうのに、さらにそこでオーヴァドライブやっちゃったらそりゃ混乱する……)
だから第1戦目なんか、握手なんか来るはずない!ここは全体術のターン!!と思い込んでいたターンで心の闇が来たりゴッドハンドが来たりで大混乱もいいトコ。
結果、中盤のゴッドハンドで名無し騎士さん死亡、エルマン以外の全員がアニメート。
またしても個人的に大喜びなシチュが到来してしまったわけですが、実際にこの状況で何か出来るかというと見事に何も出来ないんですよね……今回のエルマンはお守りつけてないから(少しでもLPを守る為騎士さんにつけている)、装備もいつもより心許ないし。
かくして、リヴァイヴァもろくに張れずにエルマンは、サル&味方の連携ぶちこまれてあえなくぶっ倒れてしまったのでしたorz
シフ周で同じことになった時はもうちょっと粘れたような気がしたんだけどなぁ。それだけサルがツンツンだったってことか。



そして第2戦目。
今度こそ行動パターンを読み間違えないように心がけ、かつ、ゴッドハンドと心の闇のターンを可能な限り避ける形でダウドにオーヴァドライブをかましてもらいました。
結果、あまり問題なく与ダメージは6万を突破。
6万を突破したら毎ターンゴッドハンドの危険があるけど、こうなったらもう最後のラッシュ!!とばかりに全員に攻撃させました。
ジャミルもダウドもエルマンもアルベルトも基本、全員変幻自在。オーヴァドライブしない時は誰か一人がグランドスラムをぶっ放す。騎士さんはひたすらガーラルソードでブラッドスパルタン。
そして運命の37ターン目。
怒涛の変幻自在ラッシュの結果、遂に、遂に新品ブラザーズは真サルーインを撃破!!
新品ブラザーズは見事、真・新品ブラザーズとなったのでありました!!!



最終的な装備は基本、全員いつものフィールドアーマー(ガーラル)+スマートヘルム(ガーラル)+ドミナント(石燐)+タイタス+ガーディアンリング。騎士さんだけはゴシックアーマーが外せないのでガーラルで強化。
あとは、エルマンにアンバーマリーチ、他メンバーにフィッシュフックという感じでしょうか……ジャミルにイシナスとかダウドに魔石の仮面とか騎士さんにお守りとか、他にも色々やったけど。
メインウェポンは
ジャミル:ダークの剣+3、聖杯
ダウド:炎のロッド、ろばの骨
エルマン:ロペラ+3、ろばの骨、水竜剣
騎士さん:ガーラルソード(Dモード)、ウコムの鉾
アルベルト:大地の剣、フランシスカ+3、ろばの骨
残ったスペースには適当に精霊石の杖とか術具とか持たせた。
5人中4人が変幻自在撃てるようにしたのも大きかったな。あと、グラスラ役をダウドとエルマンで分担したのも。



次の周回は……まだ全く未定。エルマン実質一人旅……遂に来るか……orz
いや、フリーレさんを最後まで使ったことがなく、バーバラ姐さんを仲間として最後まで使ったこともないのでその方面で考えようかな?
その前に、旅芸人二人旅で真サル撃破を何とかしたい……





SEED小説、1年ぶり更新……

本サイトの種小説、更新しました。
なんと1年と1週間ぶりの更新でございます。読んでくださっている方には大変申し訳ございません……



そして今回……恐らくこのSS始まって初の事態が発生しております。
それは、原作キャラの……いやこれ以上は秘密。
今まではオリキャラだけで済んでいたことなんですけども。


それにしても、更新期間が開くと、どういうわけか必ず夢にサイが出てくる。
そして何故か、書かなきゃ!!っていう妙な気力がわいてきて一気に書いてしまう。


で、おそ松やミンサガを書いている時とは、明らかに違うものが来る感じなんですよね……
それがいいのか悪いのかは置いといて。


あと、具体的な書き方も違う。
おそ松やミンサガでは、Wordに直接文章入力して書いてるんですが
SEEDは未だに、
一度紙の上で書いて⇒それを推敲しつつ秀丸で入力(HTMLタグもここで直接打ちこむ)

などという古典的な方法で書いてます。
それもいいのか悪いのか分かりませんが。


しかし、掲載始めてからいつの間にか10年以上にもなるんだなぁ……種小説。
初めのあたりはZとかVの小説読みまくってた頃なんで、大なり小なりその影響受けて、何だかおかしな言い回しが多い。


今読み直すと、文章も勿論だけどホントに目茶目茶な展開が多いなぁと思う。
これでも当初は、それなりに頭ひねって考えて書いてたはずなんですけどね……
ただただサイをボコりたいだけじゃないか~っていう。いやそれは今も大して変わっちゃいな(ry


あと全体的に、改行が少なめかな(というか、空白あけてるところの空白行が少なすぎて、あまり意味をなしていない)と感じるので、時間があればちょっとずつ手直ししていきたいなぁ……







あと、ミンサガ新品ブラザーズですが……
遂に、遂に、真サルを撃破!!しました!!
詳しくははまた今度……

コンクリート・レボルティオクライマックス!+web拍手返信。

去年秋から始まった1期から、なんやかんや文句つけながらも見てきた「コンクリート・レボルティオ」。
ここへきて、一気に面白くなっております。


2期に入って、あまり期待もしていないけど一応見てみるか~ぐらいの気持ちで見てたら、スキージャンプの話とかベトナム帰還兵の話とか、色々と気になる単発エピソードが多くなっていた。
時系列シャッフルも、1期ほど頻繁じゃなくなったのでそれほど混乱せずに見られる。
何といっても、1期では(個人的に)色彩暴力キャラでしかなかったフーロータが、2期では結構落ち着いたキャラデザになってて、可愛いとすら感じるようになった。何故最初からこうしなかったボケェと言いたくなるレベルに。


話自体は相変わらず、キャラや感傷をスパッと冷酷に切り捨てていくスタイル。
ちょっとぼんやりしていると、大事なところを見逃す構成も変わらない。
それでも、2度3度と見直していくと、結構新しい発見があって面白い。
過去のエピソードを、まさかあのキャラがここで!?っていうところで回収していくのも心地よい(そしてその描写がだいたい一瞬で終わるのも)
こういうタイプの構成にはホント弱いんだよなぁ……1期は視覚的にも構成的にもカオスすぎて、見返す気にならなかった……非常に残念だ。


2期は開始当初、超人関連の単発エピソードが続いていた。
だから、クライマックスは1期で終わりで2期はこのまま淡々としたエピソードが続いて、超人課とジロウが少しずつ和解・共闘するルートなのかな?と思っていた。
けど、そんな甘い話はなかった。



共闘するかと思っていた主要キャラはそれぞれの主張により、次々と離散し、対立し、酷い時は破壊されていく。
しまいには主人公たるジロウが、ラスボス的役割を担ってしまうに至った。
三十路になっても正義とは何か?だの迷い続けていたジロウが自分の真実を知り、出した結論は何なのか。
1期ラストで絶大な威力を誇った輝子の魔力も、今や無に等しい。
ヒロインたる輝子の、ジロウへの恋心など完全に踏み潰され、怒涛の勢いで物語は最終局面に進んでいる。
彼女が報われることは果たしてあるんだろうか。まさかの大逆転はあるんだろうか。
ED見る限り絶望的っぽいけど。
乙女の恋心なんてもの、大きな流れの前にはね……



やっぱり一番凄いと思ったのは、ジロウの正体が原子爆弾だった?ってあたりだな……
しかも原爆の悲劇があったかなかったかが、神化と昭和の分かれ目?
さらに最新話では、妖怪の不死のエネルギーを利用して、妖怪を永久にぶち殺し続けることで石油に代わるエネルギーを生み出す!なんてやってた。しかも人間の7割以上がそのエネルギー利用に賛成。
これってまさか……原子りょ……いやいやそんな短絡的に結び付けちゃいけないな。



これだから、一度見始めてしまったストーリーものはやめられないのです……どれほど途中で折れそうになっても、このコンレボみたく途中からガラリと評価が変わる例もあるから。
(コンレボの場合、1期から話のクオリティやスタンスはそれほど変わっていないんだろうけど、何せ1期は時系列シャッフルが酷すぎた……)



しかし、3億円事件と絶対何かしら絡めてくると思ってたけど、結局何もなかったなorz
ニンゲンマンエピソードがひょっとしてそれなのか? でも年代が微妙にずれてるし、なんか納得が……
学生運動は1期でかなり出てきたけど。



貴重な血界BDの金がコンレボに注がれてるのかよ!って当初は結構ピリピリしてたもんですが、今はかなり感謝しております。
血界に多少なりともお金をつぎ込んだおかげで、コンレボのこのクライマックスが見られているのかなぁと思うと……
願わくばもうちょっとコンレボBDが売れてくれれば……そして血界の2期を(ry



ついでに言うと、血界のDVDつきファンブックは購入済みです。
それについてはまた後日!


web拍手返信
6/7 23時台>拍手&コメントありがとうございます! いつもながら御返事遅れてしまい、申し訳ありません。
pixivの就職日記&自意識クラッシュまで読んでいただき、本当に嬉しいです。
就職日記の方はちょっとホラー的な要素も含めてみましたが、楽しんでいただけて幸いです!
おそ松とチョロ松については、6話のやりとりや13話での大喧嘩が大好きなもんで(そして18話のチョロ松の「認められたい!」も凄まじく好き)、アレの延長線上で両者の心情吐露を思いっきりやってみたらどうなる?と思ってやってみたら……あのような狂った形になった次第で(^^;) 24話の続きをガチでやってしまったらこうなっちゃうから、25話はああなるしかなかったのか!と自分で納得しました。
そしてチョロ松自立漫画……是非読んでみたいです!! 大変なお仕事とは思いますが、無理なさらず頑張ってくださいね。

アルトネパロも、細々とではありますが続き書いております。ちょうど次が例のイベントです……w


ミンサガ・新品ブラザーズ旅&クジャ男子3人旅経過報告。

終わるどころか、まだまだデータを3つほど並行させてまで挑戦しつづけているミンサガ。
実にやりこみがいのあるゲームだと思います。
今はクジャラート男子3人旅と旅芸人2人旅のデータはステ上げ中。新品ブラザーズは……
遂に、遂に、最終試練を死亡者なしでクリアいたしました!!



いや当然、20何周目とかになったら最終試練なんぞ脱落者ゼロが当たり前なんですが、
そこは今回、LP4の名無し騎士さんを擁している我が新品ブラザーズ。
最終試練が難所の一つになるだろうなぁと覚悟はしておりました。
結果……


騎士さんは、なんと無傷で試練を突破!!!
したはいいのですが、他のメンバーがその分大幅に命を削られまくった。
特にダウドなんか最後、3分の1ぐらいになってたんじゃないか。
ジャミルもダウドもエルマンもアルベルトも、これが名無し傭兵だったらとっくに死んでるよってくらいにLP削られました。
5人いるからって、色々と油断しすぎたかな……




そして最終試練後、新品ブラザーズのやった所業が以下の通り。

・アルベルトをぶっ殺して無理矢理パーティから外す。
・アルドラの存在を完璧に無視してダークの記憶をよみがえらせる。
・ダークから剣を奪ってそのままぶっ殺してパーティから外す。
・しれっと名無し騎士さんの故郷騎士団領へ直行。竜の谷で竜騎士の助太刀をし、まんまと武神の鎧を奪う。
・竜の谷で「金のボール砕き・神罰」なる罰当たりな三柱陣を出しまくった挙句、
・竜騎士をショックウェイヴで自害させる。
・何くわぬツラでクリスタルシティに戻り、アルベルトをパーティに戻す。


……うん、何ていうか……
何でミンサガじゃ、仲間の入れ替えを詩人ごときがやってんだろうね?とか言いたくなります。普通バーのマスターの仕事だろそこは。ルイーダの酒場からの伝統だろそこは。
そのせいで、最終試練突破後の弊害が意外と大きくなってる気が。
(恩寵値の問題とか)
いや、まぁ、ゴミしかないなら最終試練なんぞ別に行かなくても古城でいいじゃんという意見もありますが、それでもやっぱり行って力試ししてみたいというのが人のサガだし。
(一人旅や二人旅で真サル挑戦!ともなると、ゴールドドラゴンからの竜燐の剣がかなり重要だし)
おかげさまで、新品ブラザーズが見事なクズどもに成り果てました。
名前の由来が由来だからねしょうがないね!!!



そしてもう一つ。
クジャラート男子3人旅ですが、本日久しぶりに真サルに再挑戦してみました!!
HP及び最大BPは以下の通り。

ジャミル:HP685、BP63
ダウド:HP684、BP63
エルマン:HP692、BP63

ステはおよそ63~65程度。
装備とクラスは前回挑戦時と変わらず。
作戦も前回とほぼ変わらず。


結果。
見事、1発で、3人全員生存での真サル突破成功です!!!






このステでOD役二人+ロザ重一人の編成なら、そりゃそうもなるわなという感じではありますが……
それでもジャミルとダウドのLPはギリギリでした。最終ターン突入時でジャミルが残り2、ダウドが残り3というありさま。
(その分エルマンのLPがほぼ無事だったのが凄かったけど)
でも、何とか3人全員、死亡させずに勝利出来ました!!
当たりデータに当たったこともあってか、結構運も味方したと思います。
ジャミルが炎のロッドでちまちまダメージ与え続けていたのも結構効果があったし、勝利直前でODして、流星刀による逆風+かすみ二段の一人5連携叩きこめたのも良かった。
ダウドも最後の追い込みでODして、ねんがんのモーグレイ一人連携をぶちかますことが出来ました。
最後のとどめをさしたのはエルマンの変幻自在。今回、誰かがODやるターンはエルマンに必ず(グラスラでなく)変幻自在をやらせるようにしていたのも良かったかな?



そして当然の如く、エロールは来やがりませんでした。
LP2と3のキャラがいるって状態でも、ホントに当たり前のように来なかったエロール。そこまでジャミルが嫌いかてめぇ。
今回も直前に限界まで光術買い込んだんですけどね……
(ついでにウコムとミルザの神殿でも術買いまくった。合計9万金ぐらい使ったかな? でも奴らは来なかった……)


次はOD役一人か、もしくはナシでの3人旅真サル挑戦か((((;>Д<)))))))
いやその前に旅芸人二人旅で真サル突破……アレも実はまだ7サルまでしかやってないんですよねorz


おそ松さんでホラーゲーム!!

最近、ニコニコ動画で某松野家6つ子実況というものが流行って?いるので時々覗いてみるのですが、
どういうわけかホラゲ実況率がべらぼうに高い。
おそ松さんとホラーゲームって妙な親和性があるんだろうか。
PCで出来るフリーゲームなら、比較的動画を作りやすいからってのもあるのかな?
出来れば、6つ子で真サル挑戦とかジュエビ封印挑戦とか凄く見てみたいんですが!!



魔女の家とかIbとか、おそ松実況で見て続きが気になるあまり、ラストまでやってる実況プレイを見てしまった……
Ibはともかく、魔女の家を完走できる6つ子はいるんだろうか。あまりにもあんまりな世界観に惚れてしまった>魔女の家



で、そうして見ているうちに
おそ松さん自体がホラーゲームになっちゃった!!ってのを発見してしまった。

おそ松さんホラーゲーム-MIRROR-


例によって実況見てたら、
キャラが可愛すぎて続きが気になるあまり、
とうとう自分で手を出してしまった。




逃げゲーとか絶対自分には無理だなと思ってたのに……
雨の中、血まみれで精神ぶっ壊れたまま廃墟をさまよう三男なんてもんを見せられたら、
落とすしかないと思った。



トゥルーエンドにたどりつくまでは、1日もかかりませんでした。
最新バージョンだったので、ヒントが多めだったのも良かったのかも。
1か所だけどうしても、分からなーい!分かる気がしなーい!!ってところがあって、そこはやむなく攻略見てしまいましたが……(^^;)
2日ほどで、ほぼ全てのエンド回収完了。
ネタバレなしの感想としては、

非常によく作りこまれていて、キャラ愛に溢れた良ゲー!!
目茶目茶楽しかったです!!

ってところでしょうか。
これがフリーで落とせるというのが素晴らしいな。


基本的に、どの松ガールズにも優しい仕様。
誰かが目立ちすぎとか、逆に誰かが出なさすぎ下げられすぎとか感じることは(個人的には)なかった。
但し勿論、死にネタ流血ネタはどの松にもある。ホラゲだからねしょうがないね!!
あと全体的に、キャラクターがアニメのシリアスVer(9話Bとか24話Bとか)寄りです。
兄松は全員カッコイイシーンあるし、
弟松も全員健気なシーンあり。
コンビ的な観点から見ると速度、色、末は基本として材木も相当おいしい。
他のコンビ好きにもそこそこ良いシーンがあるし、やっぱり全方位に優しい感じ。
アニメ見てからこのゲームやると、お前ら全員偽者だろと(ry



あと、6つ子以外のキャラは基本的にモブしかいない。
イヤミもチビ太もトト子ちゃんもいません。松代母がちょっと出るくらいか。


そしてここから、ネタバレ満載の各章感想につき改行&白文字。クリアした方だけ見てください♪
腐的視点(特にチョロ松腐的視点)からの感想もかなり入ってるので注意。














↓ここからドラッグして見てください



1章:チョロ松主役でワクテカして色々探索しまくっていたら、いきなりの精神汚染の罠に吹いた。
こりゃヒントなしじゃ分かりませんって!!
あと、ここで生まれて初めてホラゲにおける逃げイベントというものを体験した。
実際操作してみたらあんなに難しいもんだったんですね。最初の逃げイベントで一体何度死んだよチョロ松……
チョロ松が壊れちゃった直後のセーブデータはきちんと保存して、気が向いた時に雨降る中庭をうろうろさせておりますw
おそ松兄さん撲殺して、雨の中血まみれで夜の廃墟を彷徨うぶっ壊れチョロ松とか! これだけで個人的に神ゲーです。
で、この状態から開発室に行った時の落差よwww


2章:最初は当然、時間切れ一松死亡エンド直行でございましたw
場所さえ分かってしまえば、逆に時間が余り過ぎて困るくらいなんですけどね。初見じゃ分かりにくいよあれは……
そして、2章に限らずだけどマップが広すぎて結構迷いまくる。いかにもイベントありそうなところが何もないのは若干ロマサガっぽいなと思ったw
ただ、一松死亡後のカラ松の表情は怖すぎて一見の価値あり。
アイテムを調べても黙りこくっているカラ松とか、背筋震えた……
そしてこのゲームには、どこまでもカッコイイカラ松しかいない。


3章:とにかく死にまくるトッティに笑った。特に理科室で死にまくり。
ここで死ぬだろうなというポイントを外さず、確実に期待に応えてくれる末っ子でありました……バッドエンドはトッティ関連がダントツで多いんじゃなかろうか。
このゲームのトッティは多分水難の相が出てますね。プールといいトイレといい6章冒頭といい地下水路といい……
つっかかりまくって遂に攻略見てしまったのが校長室。あんなの言われないと分かりません!!!
ホラゲには結構よくあるイベントだったりするんだろうか。

そしてこのゲームにドライモンスターな末弟はいない。一体どっから連れてきたあの健気な末っ子。


4章:3章までとはうって変わって、BGMからして死ぬ気がしなーい!カリスマレジェンドおそ松兄さんのターン。
ここで初めてFF的戦闘画面が登場。レベルが上がらないのが残念ですが、カリスマレジェンドだしねしょうがないね!!
ただ、死ぬ時はしっかり死ぬ。勇猛果敢なBGMが流れたまま死ぬ。要注意。

速度好きにはやっぱり、あの電車シーンですね。
私的に、あそこでチョロ松を助けないなんて選択肢はありえないんですが、兄さんがその心情をまんま代弁してくれました。
ただ、エンド全部回収するには当然、その禁忌の選択肢を選ぶ必要がありました。でもどうしても選べなくて迷った。迷いまくった。
そしたら……迷ってるうちに時間切れ。めでたくエンド回収が出来ましたw チョロ松ガールズ救済措置だろうか。

しかしよくよく考えると、おそ松とチョロ松の二人がちゃんと一緒にいたのって、最初とトゥルーのラストぐらいだったんだな……
それでもちゃんとお互いの愛が感じられるところがさすがだ。


5章:2周目以降でトゥルーエンドに行こうとする時、3章のショートカットから直接6章に行かないように注意です。
貴重な年中松イベントが見られなくなります!!
かくいう私も最初にトゥルーに行く時にやってしまい、「あれ? これ絶対年中イベント見逃したヤツだ……」ってなりましたw
チョロ松が初めて男を見せるのも勿論ですが、一松の健気さも光るイベントなので回収不可避。絶対。


6章:最初の材木イベントは実によい。よいんですが……
流石に10回以上も見ると飽きるよなぁ(泣)
いや勿論、ノロマでぶきっちょな私が一番悪いんですが。
せめて、カラ松とトド松の会話イベント直後(一松が出てくる直前)にセーブ出来れば、と何回思ったか分かりません!!

そして、1章とはうって変わってチョロ松がカッコイイ!!
精神崩壊から妙な立ち直りを見せるあたりはアニメを彷彿とさせてくれる。
トゥルーエンドでは驚愕の脚力と素晴らしい水陸松っぷりを披露。出来ればその、カラ松背負って全力疾走のところをイベントで……
と言いたいけど、絶対詰みそうな鬼畜イベントになりそうなのでやめておこうw 

ラストダンジョンですが、せっかく二人PTになったんだから、もうちょい死にポイント……もとい、盛り上がりポイントが欲しい気もしました。
作成ソフト的に限界だったのかな……


十四松はあの設定上、どうしても他松との絡みが少なくなってしまうのは仕方ないですね。
ミラー十四松のおかげで、怪しい十四松の表情や行動が色々見られたのは楽しかったですがw
数字好きには若干もやもやが残る感じかもしれませんが、最後の最後でほのぼの一松&十四松が見られたのは良かった。






そして……一つだけ残った疑問点が。




開発室で、「2章で、制限時間内にカラ松のMPを0にした後にだけ行けるマップが一番凝っている」旨を聞いて実際にやってみたんですが、それらしきマップはどんだけ探しても見当たりませんでした……1階に行ったらイベント始まっちゃうし。
別エンドで、カラ松が電話を取らずに病院を出てしまうエンドがありますが、その時のマップがやたら豪勢で凝ってるなぁと思った。
もしかしてそっちのマップの話だったのかな? 











プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放されましたが、現在専業主婦中……


2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR