ガンダムSEED中心にアニメ・漫画・小説・映画、その他仕事の愚痴など中心に何でも色々語っていこうというブログです。本サイトにて、ガンダムSEED小説連載中。

ミンサガ・動物+αPTスタート!!

クジャ男子3人旅を終え、
旅芸人2人旅を(7サルで一応)終え、
名無し騎士さんを入れての真サル撃破も達成。
さて次はと考えたのは



動物+エルマン+αのパーティ。




つまり、クローディア主人公でしか連れていけない(しかも普通にやると中途離脱する)シルベンとブラウをラストまで連れ回す、そんな初の試みです。
縛りとしては

・クローディアは基本的に何もしない(戦闘時は防御orカモフラージュのみ)
・動物2匹は外さない
・できる限り詩人を連れ回す。最低でも進行度100%までは

この3点のみ。あ、勿論エルマンは可能な限り入れておきますけどね!!


というわけで、イベントは出来るだけこなしていくつもりです。
勿論ジュエビも倒します(洞窟でとは言ってない)
それから、進行度100%超で詩人が外れたらフリーレさんを入れる予定。シルベン・ブラウ同様、今まで最後まで使ったことがなかったキャラなので。
彼女が仲間になるのは、予定だと進行度110%超のあたりになるので、ジュエルをあまり注ぎ込めそうにないのが難点になりそうですが。



しかし……
・事実上いないも同然の主人公
・術以外使えないも同然の動物2匹(しかも術具も聖杯も持てない)
・油断してるとふらっと抜けやがり、戻ってきてもらうのが微妙に面倒なエロ神もとい詩人


今まで以上にエルマンの負担がヤバイことになりそうなんだけど、今回果たしてこのPTでジュエビ封印は可能なんだろうか。
そもそも、ジュエビ自体倒せるんだろうか。



騎士団の誇りイベでは仕方なくエルマンと詩人外したけど、それ以外はほぼ上記の3人+2匹で行動。
時々詩人が抜けて誰かが出たり入ったりもしますが。
騎士団イベントでは途中で騎士2人無理くり外してエルマンと詩人迎えに行こうか……とも考えたのですが、やっぱりお金は大事だよ~報酬満額欲しいよ~ということで、メンツを完璧に保ちつつクリア。
(アレは途中でテオとラファエルをLP0にしたり、港から外へ出て外すと報酬がどうなるのか、未だによく分からない。途中で外しても満額もらえるなら、さっさとエルマン迎えに行けば良かったかな……)


その後、エルマンがなかなかウエストエンドに出てこなくて困った。何故かこのタイミングでウエストエンドのエルマンの定位置に姐さんが出現……その後試行錯誤を繰り返したけど、20分ぐらい出てこなかったなエルマンorz


やっぱり、エルマン仲間にしているとバーバラ姐さん出てこなくなるんじゃないかという気がしてるんですが、私の気のせいかな。
そのせいか今まで一度も、姐さんを仲間にした状態で(主人公ではなく)サルーイン倒したことってないんだよなぁ。


現在は、進行度35%にそろそろ到達しようかというところ。遂に、オウルがクロ様を呼び始めました。
今のところ、仲間の入れ替えがいつもより面倒な以外は特に支障は感じてないんですが、正念場はこれからか……
柱戦は果たして突破可能なのか。実質4人で挑む上に、うち2人は2人ではなく2匹だ!!
動物はロッド持てないから、ODからの火の鳥5連発も出来ないしなぁ。エルマンはロザ重予定だし、詩人さんに期待するしかないか。





スポンサーサイト

埼京線について思い出す。

先日また、pixivでおそ松さんSSを投稿しました。
内容は満員電車あるある的なもの。特に前篇は埼京線あるある(但し後篇は、埼京線無関係の完全に腐向け凌辱痴漢モノとなっております……)
散々満員電車で痛めつけられた経験をもとに書いてみましたが、改めて認識させられたのが



やっぱり埼京線は最狂線だな、ということ。




あのSS(前篇)に書いたことはほんの一部にすぎず、ネタならまだまだ大量に出るわ出るわなとこが恐ろしい。
スタート地点を大宮とか浦和とかのメインターミナルにせず、わざわざ南浦和という比較的ローカルな、浦和より若干南の駅にしたのは、あの二人に私と同じ地獄を是非味わっていただきたいが為でしたw 大宮とか浦和にしてしまうと、今だと湘南新宿ラインやら上野東京ラインやらの逃げ道がありますからね……(あのへんもかなりのレベルの満員電車ではあるし、駅間の長さ考えると埼京線とは別の苦痛もあるんですが。特に荒川上での長時間停止ネタも凄い)


いや、さらなる地獄にするなら東浦和出発で武蔵野線も味わってもらうという手があったかな?w
武蔵野線は武蔵野線で、埼京線とはまた違う意味で狂ってるし。混雑してなくとも、これは本当に21世紀の、東京駅を(一応)通る電車か?ってくらいに。
(※東浦和⇒南浦和間はこれによると平成27年度関東圏内混雑度ランキング15位。
ちなみに埼京線は8位。混雑度183%ってことは、私が利用していた時よりは若干緩和されたんだろうか?
2005年前後だと、データ上は混雑度200%超だったらしいです。体感だと常時300%じゃないのかってくらいの混雑だったんですけどね……今はどんな感じなんだろう。
え、確かめたいならもう一度乗ってみろ?いやです。


他にも、女性専用車内での女性同士の暴力沙汰とか、渋谷駅での乗り降りの酷さとか、湘南新宿を交えての通過禁止駅&湘南新宿が何故か凄まじき大回りネタとか、色々書きたかったんですが、まぁ次の機会があれば、ってことで。



実はこういう↓ルートもチラリと考えてはみたのだけど、

武蔵野線(東浦和→南浦和)

京浜東北線(南浦和→赤羽)

埼京線(赤羽→新宿)

中央線(新宿→神田)

銀座線(神田→上野)

山手線(上野→御徒町)



ローカルネタが過ぎる上に、上野付近で不自然な回り方が多く、年中どころか6つ子全員一撃死確実なのでやめた。
あ、新宿からはずっと御徒町まで山手線に詰めるってルートも(ry




痴漢については、当然ですが上記SSのチョロ松ほど酷い目に遭遇したことはありません。聞いたこともないし。
ただ、埼京線が痴漢電車で超有名なのはホント。
手で払おうとして手首掴まれたこともあれば、一人の変態オッサンに延々追っかけられたこともある。アレは怖かった……
車両変えても多少時間帯をずらしても無駄だった。
乗った直後にそいつに気づいて、発車寸前でダッシュで飛び出して車両変えても、それでも追っかけてきて背後に乗り込まれたのは完全にホラーだったな。
声に出して「やめてください」と言ったら、それ以降影も形も見えなくなったけど。







相模原の件について。

自分には何も言う権限はないし、否定も肯定も出来ない立場だとは思っているけど、はっきりしていることがただ一つ。


お前がやることじゃない。

火星物語!!

ふと思い立って、かなり前にクリアした「火星物語」を振り返ってみたくなり、実況プレイを見てみました。
作品自体はプレステ初期の時代のもの。私がクリアしたのは……5年ぐらい前だったかな?
(ブログで「詳細はまた今度書きます~♪」とか書いておきながら放置しまくりだった……)


★彡 「火星物語」実況プレイ -1- ★彡



アンサーを強くしようと思って専用装備買い込んだら、その次の話以降出てこなかった。最早いい思い出だ……(遠い眼)



久しぶりに画面を見ましたが、やっぱり戦闘が面白いなー。
さすがにこの時代のゲームだからロード時間が長めだけど、戦闘回数が限られているからかそれほど気にならない。
通常戦闘BGMが個人的にかなり好みなんですが、戦闘中のステータス画面の顔グラ変化が楽しすぎるw
倒れた時やダメージ喰らった瞬間も凄いんだけど、特に、状態変化喰らった時のヤツが……w
投げるとかオブジェとか、キャラの動きが状況によって多彩なのもいいですね。上の実況プレイではあまり見られないけど、箱投げたり、敵を火に投げ込んだり、木に登って飛び降り攻撃したり、雪だるま作ったり、果ては仲間投げたりも出来たなぁw
こんな感じで動くエルマンとかも見てみたい。いや、ミンサガの時点で十分多彩なのは分かってるんですが。
そしてこんな感じで6つ子動かしてみたい……
ぶっ倒れてステ画面で白旗振りまくる長男とか、カラ松ぶん投げる一松とか、毒喰らってトッティ顔になるトッティとか、瀕死になってステ画面で泣きじゃくる次男とか、オブジェで色々やりまくる十四松とか。ステ画面でピコピコ笑顔で動いてる通常状態のチョロ松とか、見ているだけでも幸せかも知れない!!
MMD動画見ると、簡単なものなら出来そうな気がするけど。


シナリオがFF以上に一方通行なのがアレだけど、実況見てる分にはストレスたまらないからイイかも(^^;)
(RPG実況見てると、あぁあぁあそこの会話逃してる! あそこでサブイベントやってないからフラグ立ってない!! あのイベントフラグがぁあああぁ!! とか言いたくなる瞬間が結構あるもので。特にミンサガ実況だとゲームの特性上、そーいう事態の頻発が避けられない!!
……でもコメントはせず、黙って見守る。貴方このままじゃ8周目になっても真サルどころか運命石コンプも出来ませんよ~とか言いたくなっても黙ってる。それが私の動画視聴スタイル)


それにしてもこの作品、本当にキャストが伝説級の凄さだな……ちなみに豊口めぐみの出世作でもあったりする。
鬼籍に入られた方も多いのが悲しいけども。
内容も、キャラの可愛さに反してグロくてエグくて鬱な展開が多い。
人がバタバタ死んでいくさまはFF2並み。
でも、ちゃんと話は希望に向かって突き進むのがイイ。


ラスボス倒した以降の話をもう少しやって欲しかったのと、
あと、願わくば、サントラが欲しいなぁ……(アマゾン見たけど入荷予定なしだった)





「変わらなきゃ」って、本当に?

「変わらなきゃ」というイチローのCMが話題になったのも今は昔。
2016年の現実では、EU離脱やら憲法改正論議やら、世界中が「変わるか、変わらないか」の選択を迫られている。
しかし、現状を改善する為に、進化する為に、変わらなければ!とイチローが呼びかけたあの頃とは、若干状況が違う気がする今日このごろ。


何故なら、あの頃よりも「本当に変わってしまっていいの?」「本当に変わるべきなの?」という疑問を、よく聞くから。
そもそもEU離脱にしても憲法(もっと言うなら9条)改正にしても、それは果たして「進化」する為の変化なのか?むしろ退行じゃないのか??
EU離脱ってのはイギリスがEUに参加する前の状態に戻ることを意味しているし、9条改正も……ものすごく乱暴な言い方をすると、日本が軍隊を持つ時代に戻りかねないわけですよね……


(ちなみに私は、9条改正には反対です。
というか、本能的に賛成が出来ないです。
冷静に頭で考えると、じゃあどうやって国を守るの?国際社会の中での日本の立場はどうなるの?ずっとアメリカにおんぶにだっこのまんまなの?という疑問がどんどん沸いてくるんですが、でも、やっぱり、どうしても改憲に賛成は出来ない。
そこには、理屈で説明できない恐怖がある。
単純に、戦争が怖い。
ただもう単純に、戦争が嫌だ。
散々そういう教育を受けてきてしまった世代で、遺伝子レベルで恐怖を刻み込まれているというのが一番の理由でしょうね……
国を自ら守る力がなければ、同様の悲劇が起こる可能性があるというのは頭では分かるんですが。


さらに言うと、9条を変えるべきなんて小学校で言おうものなら、教師に間違いなく袋叩きにされた時代&地域だったなぁ……今はどうなんだろうか)




話を戻すと。
このブログでもたびたび触れてきましたが、最近、「本当に変わらなきゃいけないの?」と疑問を呈するアニメが増えてきたなぁと思います。
ちょっと前まで、「変わらなきゃ変わらなきゃ変わらなきゃ」とお題目のように唱えていた作品が殆どだと思ってたのに、これはどうしたわけだ。おそ松さんしかりくまみこしかり、溢れる日常モノしかり。
そして「変わらなきゃいけないの?」と疑問を投げかけるアニメは、日常モノに留まらなかった。
先日終了したコンクリート・レボルティオもその一つ。



コンレボというアニメの終盤は、簡単に言えば、昭和時代に溢れたロボットやら妖怪やら超人たちを全て幻想に帰そうと企て、てめぇらいい加減超人とかに夢を見るのやめて現実に戻って大人になれ!!と主張するラスボスとの対決でした。
ひと昔前の時代の作品であれば、ここでは「現実に戻って成長していけ」とのラスボスの主張が勝利したはず。
(勝利はしなくとも、現実へ戻れ!大人になりやがれ!!との制作者からのメッセージは否応なくファンに叩きつけられたはず。敵味方ほぼ全滅とか人類補完計画とかその他色々、時にはかなりヒステリックな形で)
でも、コンレボは若干違った。
ラスボスに完全勝利こそしなかったものの、超人たち、即ち夢が消え去ることはなかった。
「夢を持ったままでも、いいじゃないか」という結論で、見事に物語は終結しました。
超人たちの力も記憶も記録も存在すらも全部なかったことにされ、完全に物語は現実の昭和・平成時代に戻ってしまうオチも十分考えられたところですが、そうじゃなかった。
日常アニメではないアニメでこういう結論が導き出されたのは、実はかなり重大なことなんじゃないかと思います。


(ラストで、成長しないはずの風朗太がほんの少しだけ大人になっていたのは、「マイペースであっても少しずつでも大人になっていければいい」というメッセージなのかな?とも思ったり)




「人間にとっての「現状維持」は、一定の成長を絶え間なく続けることであって、のんべんだらりと無為に日々を過ごすことではない。変化し続けるのが人間であって、変化を拒絶するのは死んでいるのと同じだ」
……という主張をするキャラが、昔結構夢中で読んでいたネット小説に存在しました。
一時代前であれば、うんうんと受け入れられた主張かも知れません。でも今はどうでしょうか……



今私は、はっきりいって、のんべんだらりとマッタリな日々を過ごしています。
自分では無為ではないつもりですが、人によっては無為にも見える日々です。収入に直結しない行動は全て無為と考える人にとっては、私は完全に、「無為に日々を過ごす専業主婦という名のニート、駄目人間」なのでしょう。
それでも、死んでいるのと同じなどと考えたことは全くありません。
むしろ、あの腐れ会社に勤めていた時より生気を取り戻している感じですw
少しでも一定の収入があればもっと気楽になるかな?と思いつつ、リクナビやら見たり履歴書書いたりしてますが。



変わることが必ずしも良いとは限らない時代に、それでも人は変わらなければいけないのか。
何かのキャッチコピーみたいなことを、最近よく考えてしまう日々です。

100の質問。

久しぶりに100の質問に答えてみたくなってやってみた。


小説書きに100の質問
(pixivに飛びます。元の質問サイトはリンク先参照)


他の人たちの回答を見たり、自分の姿勢を改めて振り返ってみるには良い試み……かも知れない。
今までミンサガやガンダムSEEDとかもやってますが、今回は結構深く考えたかも。
息抜きのつもりが、全て回答するまで2日かかってしまった(^^;)


二次創作作家さんへの100の質問というのも見つけたけど、それはまた今度……



このトシになって思う。

アニメや漫画やゲームが趣味なのと、
囲碁や将棋や野球観戦が趣味なのって、どちらがどう違うんだろう。
このトシになって、よくそう思うようになった。



そう思ってしまうのは、昔の父は休日の暇な時となると、まず間違いなく囲碁か将棋をテレビで見ていたから。
誰かとやるわけではなく、テレビでずっと対戦を見ていた。
何十年も、ずっと変わることなく。



ぶっちゃけて言うと、
ずっと囲碁・将棋の対戦をテレビで見ているのと、
ずっとミンサガで真サルやらジュエビを相手に色々作戦立てつつ、ニコ動やらで他の人のプレイ眺めて頭悩ましているのと、
どう違うんだろう?……と。



見た目は全然違っていても、やってることの本質はそうそう変わらないんじゃないか。
親子2代にわたって、私らは同じことを続けてるだけなんじゃないか。
つーか、自分で操作している分だけ、ミンサガの方が頭使ってんじゃないだろうか。



野球観戦にしてもそう。
選手の一挙手一投足にドキドキワクワクして燃えまくるのと、
6つ子の一挙手一投足にドキドキワクワクして萌えまくるのと、一体どう違うのか。


野球観戦の場合、人によって全然違うから何とも言い難い部分もあるけど、
チーム全体を応援するのと、選手個人を応援するのと、全体を俯瞰しつつ大局的な視点で楽しむのと、十把ひとからげにして「趣味は野球観戦です」と言えてしまうあたりがズルいなと思う。
特に、特定の選手一人だけを応援している場合は……
「チョロ松可愛いよチョロ松ー♪♪」って言ってんのと何がどう違うのかと言いたくなる。
昔の自分が、そんな感じで野球に夢中だったから特に。




でも、30代以上のオトナの趣味として尊重されるのは、
ミンサガではなくて囲碁・将棋。
アニメや漫画ではなくて野球観戦。


今ではそういう風潮もだいぶ変わってきたのかなと思うけど、
やっぱり同年代のかたのブログ色々見てると、まだまだアニメや漫画やゲームは……って気分になってしまいます。


一つ言うと、
特定のスポーツ選手を応援しているのと、アニメキャラを応援しているのとでは
一昔前だったら、「アニメキャラなら何だかんだで見せ場とかそれなりの結末とか約束されてるけど、現実のスポーツ選手はそうはいかない」で相違がつけられたけど、
今はアニメキャラも一寸先は闇状態だからな……
ホント、どう違うの?とか思ってしまいます。ビスケット応援するより羽生君応援している方がよっぽど幸せだったじゃないか畜生(つД;)
(これも、どっちも好きだからこそ余計そう思ってしまう)



それでも、野球やサッカー観戦とかだと、試合を直接見に行ったりで結構アウトドアな趣味と思われたりすることもあるけど……
野球だって、テレビ観戦オンリー派だとほぼ動かないし。地上波の中継こそ減ったけど、お金さえ払えば結構どこの試合でもテレビ(もしくはPC)観戦できるようになったし。
そこへいくと、今じゃアニメファンだって、結構外で色々動くことも多いしなぁ。素早く行動しないとチケットとかグッズとかイベントとか(ry





だからこそ、趣味が旅行!!フィッシング!!スキューバダイビング!!ランニング!!サイクリング!!登山!!!正真正銘アウトドア!!!ってかたはホント尊敬してしまいます。
思えば会社勤めのころは、周りはそういう趣味の人たちばっかりだったなぁ……



何が言いたいかというと、
家で何もやることがない……
仕事ばっかりの人生……休日は暇すぎて鬱になる……
仕事もないし、毎日が日曜日でやることなくて鬱……外にも出たくないし動きたくない……
と言いまくっているくらいなら、アニメ見たり漫画読んだりゲームやったりしてた方がよほど健康的じゃないか?ということです。



プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放されましたが、現在専業主婦中……


2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR