種小説更新。

本サイトのSEED小説更新しました。

http://kayako.okoshi-yasu.com/gseedevoindex.htm


しま松メンテ中にどうにかUPしてしまえ!と思ってエイヤとUPして、ほっとしてしま松覗いたらまだメンテ中だったでござる。
クルーザーが行ってしまうよ……汗


そんなこんなで色々とやっている間に、なんのかんので進めております。種小説。
1日百文字でもいいから書こう!さっさと書こう!と一念発起して進めてます。原稿チョロ松&一松botに怒られつつ。
何だかんだで、全体の80%は終わったということになるのか?コレ。
残り20%で終わることが出来るのか甚だ疑問ですが。
今回、一気に新機体が出てきたのでえらいこっちゃでした……
いつも思うけど、何故、サイがメインなのにMS戦闘シーンのある話をやろうとした……私は……
とりあえず、ストフリの亜種とレジェンドの亜種とカオスの亜種が出てます。


この間、ガンダムの歴史が変わる重大発表があるとかいうから、まさか種劇場版再始動か!?とビクビクしながら身構えていたら、お台場のユニコーンの話だった。あーびっくりした。
未だに劇場版とか続編とかの話が出ると、背筋に寒気が走ります。種に関しては。


そろそろ年中ミンサガと松トネリコも書きたい。特に年中ミンサガ。
白ワンピチョロ出すかも?みたいな書き方してたのに、もうとっくに夏終わっちゃったしorz
スポンサーサイト

けもフレ監督騒動に思う。

当方、けもフレについてはニコ動で第1話しか見ていないですが……
旦那が大好きだもので、結構今回の件は気になっていました。



要は、何だろう? 
監督がその権利もないのに、作品を私物化したから降ろされた?ということなのか。
もしくは、監督のワンマン作品になることをカドカワ側が恐れたのか。
もしくは、カドカワ側の要求を監督が受け入れられず(例えば、2期制作に1年以上はかかるところを半年でやれと言われたとか)、
その結果こうなったのか。
真相が明らかにならない今、推測でしかありませんが。
これだけ騒ぎが大きくなると、公式でのきっちりした説明がほしいものです。



てか、監督が作品を私物化?監督のワンマン作品化?
そんなの、今までだっていくらでも例があるじゃないか……と思うのですが。

・プロデューサーが特定のキャラに入れ込むあまり、ストーリーどころかゲームシステムまで台無しにした某RPGとか
・監督夫妻が特定のキャラに入れ込むあまり、本来描くべきキャラを完全にないがしろにした挙句、大々的に発表した劇場版が頓挫した某ガンダムとか
・後半からヤクザをぶちこんで、原作を色々ぶちこわした某ロボットアニメとか
・20ウン年経っても監督がケリをつけられない某エヴァとか

こういうのと比べたら、非常に稀有な成功例だと思うんだけどなぁ……
もしかして、こういう例のようになるのを恐れたんだろうか。カドカワ側は(すごく好意的な見解)
確かに上記の例は、途中まではすごくうまく行ってる感があったものもあるしなぁ。
商業的には、完全に成功と言えるのもあるしなぁ……(あくまで商業的には)


って、どう考えても、けもフレの場合は監督変更のほうがよっぽどリスキーだと思うんですけど!!!
作品的にも商業的にも!!!



ただでさえ、好きな作品の続編の制作者が変更になるというのは、不安です。
もうすぐ始まる血界もそうだし。
PV見る限りそこまで不安になることもなさそうですが、それでも、最終回あたりになるとどうなるやら、心配です。
(恐らく最終回には妖眼幻視行が来そうだから余計に)
1期の松本理恵監督は、オリキャラを混ぜたりそのオリキャラだけで話を引っ張ったり、果ては最終回を延期なんてことをやらかしてしまっておりますが、それでもあのこだわり抜いた作品づくりは好きでした。
出来れば2期も松本監督でやってほしかったですが、1期での批判は凄かったし、何よりご本人が辞退されたらしい(ツイッター情報)ということであれば、仕方ないのかなぁ……と思います。
でも、不安。これは確か。
脚本が代わるということも含めて不安。


降ろされても文句言えないだろうなぁという監督が降ろされても不安になるのに、
ファンが全面的に信頼している監督が降ろされたら、騒動になるのは当たり前。
種当時、仮に夫妻が降ろされたら私は諸手を挙げて拍手したであろう件は別として。


その点、おそ松さんはそこそこ安心して2期に挑めるな……
ネタ切れとか、シコ松弄りの激化とか、そのネタ支部でも見たよ?的な心配はありますが。
一番やってほしくないのは、
・6つ子の誰か一人or二人を過剰に贔屓して、他はいないも同然の扱い
・全然知らないオリキャラを投入、そのオリキャラだけで延々数話以上話を引っ張り、6つ子はいないも同然の(ry
このパターンなんですが、1期を見る限りその心配はないと思える。


監督以下のスタッフ変更というのは、こういう安心感がまずなくなってしまうわけだから、それだけでもリスクが大きい。
作品づくりにおける監督の存在が、通常の作品よりも非常に大きかったであろうけもフレで、それが起こってしまったのは何故なのか。
やっぱり、もう少し詳しい公式説明が欲しいところです。ウチの旦那のメンタル的にも。
……というか、市場規模が大きくなればなるほど、何故かこういう理不尽なスタッフ交代が起きやすい気がする。
規模小さければ話題にならないだけで、実はよくある話なのかも知れないけど。
反面、頼むからこいつだけは替えてくれ!とファンが言いたくなるようなスタッフほど、不自然に居座りつづけている気も。






ミンサガ・初期クラス縛り!!

某新たなる王国の件を書いたら武井咲がCMから降ろされ、
ピンクファイブの件を書いたら中の人がワイドショーな騒動に巻き込まれ、
MSエルマンの件をしょっちゅう書いてるのに一向にインサガ実装されないという。
何かの呪いでもかかってるのかこのブログ。



インサガばかりではなく、勿論ミンサガもまだまだ続けております。現在33周だったか34周だったか。
ツイッターでも何回か書きましたが、今回は初期クラス縛り。
久々にエルマンをパワー系じゃなく普通に使ってみたい!という願望から始めました。
(あと、エルマンはクラス変更なしでも十分使えるということを証明したい)



グレイ主人公。理由は剣士だから。
(それから、未だに自分の周で古刀イベを最後までやってなかったからってのもある)
エルマンは勿論レギュラー。当然、旅商のままです。
そしてガラハゲもレギュラー。理由はロザ重だから。
あとは状況によって、ディアナ(ロザ軽)やホーク(海賊)やダーク(アサシン)をとっかえひっかえ。
親分(竜人)が仲間に出来るようになったら、恐らくレギュラーになると思われる。



ロザ術・帝術不在につき、必然的に合成術縛りにもなるこの初期クラス縛り。
柱戦とかジュエビ戦とか真サル戦とか、どうしても無理そうなら諦めるか、ちょっと縛りを緩めるのもアリかと思ってましたが……
(初期に無職のキャラは、仲間にした街で認定可能なクラスを一つだけ選べるとか。但し一つ決めたら、そこからの変更は不可。
例えば、最初無職のミリアムだったら北エスタミルで仲間に出来るから、ロザ術になれる!というように)


今のところ、そこまで難しさは感じてないです。
縛るのはクラスだけで、ジュエル投入には制限かけてないからってのもあるかな?
勿論、普段より難しいのは確かですが。
エルマンが無双出来ないのが、若干の不満ではあるのですが。


この初期クラス縛りですが、
大きな壁になりそうだったのが、ジュエルビースト柱戦。やる前から不安でした。
しかし、既に突破してしまいました。



当然、いつもの倍以上の試行回数重ねるハメにはなったのですが、それでもさすがミンサガ。
出来ないことはなかった。
PTはグレイ・ハゲ・エルマン・ディアナ・ダーク。
しもべ狩りまではホークがいたけど、思ったより知力が伸びなかったのでダークに交替した。
HPは全員、250~300ぐらい。ハゲさんは350ぐらいか。
やり方としては

・グレイ⇒炎のロッド経由火の鳥
・ハゲ⇒最前列でPTを守る。ディフェンダーやろば骨は当然Dモード
・エルマン⇒愛が高いので最後列で聖杯役
・ディアナ⇒素早さの高さを生かして最後列からクイックチェッカー
・ダーク⇒知力の高さを生かして最後列から火の鳥

基本はこんな感じ。
ハゲは店売り最強の防具を出来るだけ揃え、
エルマンはアムトのシンボルなどで愛をブースト、
ディアナは翼のお守りなどで素早さブースト、
ダークはオウルの杖などなどで知力ブースト。


ただ、1周目2周目ならこれでうまくいけば腐竜を全滅させられますが、今は34周目。
火の鳥2発+聖杯では、腐竜は余裕で全員残ってしまっています。つまり、継続して火の鳥を撃てるBPが必要になる……
誰かがオーヴァドライヴ出来ればそんな心配は無用なのですが、これは初期クラス縛り。
誰もロザ術にはなれません。縛りを緩めてミリアムを使うのは最後の最後だ!!
ということで!!


1ターン目は、エルマンが奇跡の水で全員のBP回復。
2ターン目以降に本格的な攻撃を開始する。


この方針で行きました。



それでもまぁ、さすがは初期クラス縛り。
今まで、どれだけクラスに頼っていたかを思い知らされる戦いでした。
とにかくとにかく、ハゲ以外の全員が吹っ飛ばされまくる。
特に、ロッド経由火の鳥をする為に最前列に置いていたグレイの被弾率がハンパなかった。
剣士だから、前に置いておけばロッド経由火の鳥は凄まじい威力になる!と思ってたんですけどね~……
確かに威力は凄いんですが、それ以上に被弾率も凄かった。今思えば、ラバーソウルゲットしてグレイに履かせれば良かったかも。
一発撃てばいいわけじゃなく、継続して撃たなきゃいけないので、そこもつらいところでした。


他全員が倒れているのに、ハゲだけが残ったなんてことが何回あったか。
土竜撃や十字斬りだけじゃどうしようもないんだよ……と思いながらやってたら、意外と無駄に粘ってくれて無駄に感動した。
まさかの、驚異の8連続ディフレクトとかもあったな。
共震剣覚えてたら、ハゲさんだけでもどうにかなった気も……いや無理か。


とにかくとにかく、

・出来ればダークのアサシン能力で先手を取れることを祈り
(そうすれば火の鳥が1ターン目から可能になるので。
そう、今回のダークは1ターン目からの火の鳥が原則、不可能ときた!!orz)

・ショックウェイブが来ないことを祈り
・ナイトメアだったら、誰も眠らないことを祈り
・ディアナのクイックチェッカーが3匹以上に入ることを祈り
・グレイに攻撃が来ないことを祈り
・ハゲさんに攻撃が集中し、かつ、ディフレクトしまくってくれることを祈り
・エルマンの奇蹟の水が全員に入ることを祈り

こんな感じのひたすらお祈りゲー。
これらの祈りが全て天に通じて、1ターン目でどうにか全員が生き延び、BP満タンになってくれて初めて、
この戦いは五分に持ち込めるといった状況。
何とか奇跡的にそこまでたどりついても、かちあげや蹂躙連発で壊滅も普通にありうるからな……



というわけで、特に1戦目が苦難の連続でした。
腐竜1匹倒すだけでも奇跡かと思うレベル。
やっぱり無理か、無理なのか……と思いながら、ひたすら同じコマンド入れ直してはリセットの繰り返し。
それでも、初めて何とか腐竜2匹を葬ることが出来た時は嬉しかった(負けたけど)
ここまで行ければ、乱数次第で行ける!と思えたから。



奇跡の水を使ったおかげで、1戦目で聖杯がスッカラカンになってたので、汲み直しに砂漠を往復したら、それだけで進行度が65%を超えた。
やれやれと思いながら2戦目。
グレイの被弾率があまりにも高いので、思い切って最後列に下げて、ハゲに攻撃が集中するようにした。
そしたら運よく、すんなり突破。
1戦目は多分30戦近くしたと思うけど、2戦目はそこまで回数重ねず突破出来た。
剣士とロッドの力を過信しすぎてたかな……



そして3戦目。
ハゲ様、まさかのグランドスラムを閃く。



まさに、これぞロマンシング。
ハゲ様の閃きと同時に、エルマンも思わず開眼してたんじゃなかろうか。
絶対にやられちゃなんねぇと思い、気合で一発突破した。


4戦目。またしても聖杯がカラカラになったけど、今度は汲み直しはせず、EP1のまま、
エルマンに気合で奇跡の水をやってもらった。
その後はエルマンも火の鳥部隊に加わることに。知力も愛も伸びてるから火の鳥でも十分だ!!
3戦目の運が良すぎたのか、多少時間はかかったけど何とか突破。
グラスラって、やったキャラがスタンさせられると追撃が発生しないんですね。
キャラが倒れると(リヴァイヴァで生き返っても)発生しないってのは知ってたんですが。




最後の石化獣戦も、全員恐怖状態からの超強引な火の鳥連発で、どうにか1発クリア。
これに関しては、ダークのアサシン能力(先制)が発動して、1ターン目でそこそこダメージ与えてたのが大きかったか。
何気にこのアサシンの先制能力、あるとないとじゃBP的に全然違うからなぁ。
出来ればアサシンのレベルを上げて先制確率を上げたかったけど、それには闇術のスキル上げが必要だったという罠。
(巨人の里じゃないと上げられない)
だから、アサシンレベルは2のままで我慢するしかなかった。
ホークじゃなくてダークをしもべ狩りに参加させてれば、もしかしたらアサシンレベルを上げることも可能だったかも知れませんが後の祭り。



今回で改めて思い知りましたが、やはり柱戦は運との戦い。
これしかないと判断したコマンド入れた後は、1ターン無事に生き延びられるまでリセット繰り返す作業でしかないな……
本当の戦いは2ターン目以降。
そして、本番(ジュエビ戦)もこれからなんですけどね!!!
進行度は70%超えたあたり。さて、どうなるか。



それにしても、エルマンの旅商は便利です。
アイテム交渉可能にしておきさえすれば、いつも以上に敵避けが楽。
素早さもそこそこ上がってきたし、何だかんだでやっぱり色々なところでお役立ちなキャラだよ! 
愛も深くて、生命力が凄くて、知識も豊富と来れば、あとは遅ささえ何とかなれば男として最高の(以下禁則事項)









特撮戦隊の思い出。

昨日は思いつきで、昔見ていた戦隊モノについて検索し、色々と思い出してました。


幼少の頃(どの程度の幼少かは敢えて言わない)、一緒に遊んでた友達が大のゴーグルピンク好きだった。
彼女に引きずられるようにして戦隊モノを見始め、ダイナマンとバイオマンに大ハマりしてしまった。
当時はやっぱり男よりも、同性たる女戦士に興味があった時代。
当然夢中になったのは、ダイナピンク(立花レイ)とピンクファイブ(桂木ひかる)でした。


ただ、レイと違ってひかるは若干出番的に、イエロー(ミカ&ジュン)に喰われまくっていた覚えがあったなぁ……
レイはダイナマンの紅一点として、十分な活躍をしていた気がするんですが。
バイオマンは初のWヒロインだったこともあって、最初からイエローをやたら目立たせていたような気がする。それでピンクたるひかるが割りを食ってたような。
前作レイの、男勝りの女戦士的役回りをそのままイエロー(ミカ&ジュン)が受け継ぎ、ひかるはどちらかと言えばお嬢様&癒し系タイプという感じに描かれていたことを考えると、私が惹かれるべきなのはどちらかといえばイエローだったんじゃないの?と、今だと思うけど



ガキんちょにゃそんなこと関係ねぇ!!!
ピンク=女児の憧れ、この原則は不変なんだ!!!




とはいえこの大原則、次のチェンジマンで(私の中で)あっけなく覆されるわけですがw




イエローとかカレー役じゃん! デブ役じゃん!(酷い)
なんでイエローが女なの!? しかも毎回目立ってんの!? 
それよりピンク出してよ! ひかる出してよ~!! ひかるのメイン回全然回ってこないじゃん!!


↑当時の女児(=私)の偽らざる心の叫び。
メイン回という言葉は当時の私の頭には当然ありませんでしたが、それでもひかるの出番が少なすぎて非常にやきもきしてたのは事実。


バイオマンと言えば、例の伝説回「さよならイエロー」ですが……
実は、リアルタイムで見ておりました。分からないかたは「バイオマン さよならイエロー」で検索を。


「え? は? え? えぇ……
死ぬんだ……正義の戦士でも、死ぬことってあるんだぁ……」


↑当時の偽らざる感想。
勿論裏事情など全く知らず、TVの前で眼が点になってた覚えが。
ひかるのメイン回もやってないのに、何でイエロー死ぬの? 何なのコレ?
と、悲しさより理不尽さを感じたのは覚えてる。



しかもイエローがミカからジュンに替わっても、相変わらずのイエロー贔屓が続いた。
どうもイエロー交代劇のいざこざで、ひかるメインがかなり後ろに回されてしまった?という話らしいですが。
ひかるのメイン回がやっと来たのは第14話。放送開始からなんと3か月以上!!
予告見た時、心底ほっとしたもんだ。


その後、ひかるの扱いは少し良くなったものの、ジュンとセットで扱われることが多く……
今にして思えば、淑やかなひかると活動的なジュンとの対比が出来て、結構良かったんじゃないか?とは思うけども、
それでも、子供心に「ジュン邪魔だなぁ……」と感じることが多かったのは事実。


思えば私の不憫キャラ・不遇キャラ贔屓は、この時から始まったのかも知れない。
それを考えると、さよならイエローの罪は重い……



子供向け番組の構成や脚本が、いかに大事かが分かります。後々子供に与える影響を考えると。




ピンクファイブは、必殺技的にも不遇だった覚えがあるなぁ……
赤(超電子レーダー)⇒10キロ以内の物体の動きをキャッチ
緑(超電子スコープ)⇒透視能力
青(超電子イヤー)⇒1キロ先の物音を聞き分ける
黄(超電子ホログラフィ)⇒幻で敵を攪乱
ときて、
ピンク(超電子ビームライト)⇒暗闇を照らす


……懐中電灯で代用可能じゃね?と子供心にも思ったけど、絶対に口には出さなかったな。
き、き、きっと、凄い殺傷能力とか、凄い浄化作用とかあるんだよ! きっとそうだよ! と、自分で自分を納得させてた。





バイオマンの次の戦隊はチェンジマン。
今度もWヒロインで、イエローが消えてホワイトになった。
そのホワイト&ピンクの容姿を一目見て、「あ、コレ、今までのピンクがホワイトになったやつだ」と子供ながらに、瞬間的に理解。
ホワイトがいかにもな従来のピンクっぽかったというのもあるけど、ピンクがピンクというよりレッドっぽかったってのもあるなw


実際その通りで、チェンジマーメイド(ホワイト)は頭脳戦タイプ、チェンジフェニックス(ピンク)は肉弾戦というイメージだった。
私が好きだったのも断然マーメイドの方だったんだけど、何故かレイやひかるほどの魅力は感じなかった……
その頃家庭内で色々ゴタゴタが始まったりなんだりで、それどころじゃなくなったというのもあるのだけど、途中で見るのをやめた。
それ以降、戦隊モノを継続的に見るということはなくなりました。


後から思えば、チェンジマンではマーメイドやフェニックス以外に、真ヒロインと言える存在が複数登場してしまい、それもあって
「何だこりゃ……マーメイド空気じゃん」的な気分もあって、視聴中止となってしまったんじゃないかと。



それにしても、改めて歴代ピンクの画像見たんですが、やっぱり桂木ひかるは可愛いなぁ。
現在のピンクと比べても全く遜色ないんじゃないだろうか。とはいえ、現在のピンク枠がどうなってるか、全然知らないんですが。
やっぱり萌え方面に特化されてしまってるのか、どうなのか。



今の子供って、どういう目線で戦隊モノ見てるんでしょう。
戦隊よりライダー!ってなってるのか、女児ファンはみんなプリキュアに行っちゃってるのか。
かくいう自分も、当時プリキュアやセーラームーン的なものがあったらそっちに行ってた可能性も否定できない。
いや、でも、「アニメより実物のほうがいい!」って感じで、頑固に特撮の方に拘るピンク好きの女児もいるかも知れない。
むしろ昔より早熟で、「グリーンカッコイイ~♪ ケッコンするー!!」とか言ってる女児が多いのか。
私なんかはピンク以外、「赤」「男」「男」「男」ってなイメージだったけど。







インサガ・光の試練終了。

タイトル通りです。皆さまお疲れ様でした。

とりあえず、前回のトパーズに引き続き、ダイアモンドゲット成功しました!

imsaga_diamond.jpg



そして、ダイアモンドの使い道が本気でこんな感じ↓ぐらいしかないことに絶望し
(他の候補は王レイモンと王エルマンぐらいか……)

imsaga_diamond2.jpg




むぼうにも ザラたん×4にいどみ

imsaga_diamond3.jpg



結局、前回と同じところで終了(試練52ラスト)
今回のメンバーはだいたいこんな感じでした。

imsaga_diamond4.jpg


ライザさんに外れていただき、ヴァーサン+106を引っさげたジャミルが遂にレギュラーin。
チョコエレンさんの魔改造練気掌に、MSクロ様+ハゲさんのW爬虫類特攻奥義、ジャミルとゆきだるまのWヴァーサン(+100以上)が無双状態。
おかげさまで、試練47までは全くのノープランで突破できました。
(前回までは、43あたりから色々作戦を練り、慎重にSP回復とか行動順とか組み立てないと無理だった)
運命石への最後の関門50も、1~2人ぐらい倒れていたもののすんなり突破。


前回あれだけ苦戦し、ジャミルに変態な恰好させて突破した試練51も、ごり押しにごり押しを重ね、何と一発突破。
終了した場所は同じではあるものの、前回全く持って歯が立たなかった試練52ラストも、何とか1匹まで減らすことには成功しました。



もうちょっと頑張れば突破も可能だったかも知れないけど、さすがにモチベがなぁ……
52突破すれば素材3種を5000個くれるってんなら、必死でやったかも知れないけど。





そして、アンサガの新イベント。
ウィンディが出るときいて、ウチの帝ウィンディがボーナス家臣!強化チャンスだ!!と思ったのですが……
帝ウィンディ、見事にボーナス家臣から外れる。


MSアルベルト&MSアイシャ実装時の剣アルベルト。
朱雀イベの時のアルカイザー(天帝、帝、戦士といたのに全部ハズレ)
浴衣イベのMSクロ様。
彼らに続き、これで4例目。
他にも細かく見ると色々あるかも知れないけど、非常に残念な気分になったのはこの4例。
2周年レンエミイベの最中に帝レンが当たり、ヤッターと思ったらボーナス家臣対象外だったなんてこともあったな……



せっかく持ってる帝や王にボーナスつかないと、それだけで損した気分になる。
戦士がボーナス家臣になるかも!?って時ならなおさら。
ボーナス家臣になるかならないか、その基準はどこなのか?


何故か復刻イベだと、結構恩恵受けてるんですけどね……
今回の復刻イベなら帝レン&王ヒューズ。
アウナス復刻イベだと戦士トム君&王ようせい&帝ゆきだるまというように。
新規イベだと、ホントにボーナス家臣の恩恵がない。
今回のイベだったら、帝ウィンディをボーナス家臣にして、同時に彼女のピックアップガチャをやれば、そこそこ回ったんじゃないかと思うのだけど。

(朱雀イベだと、帝アルカイザーピックアップがあったのに何故か帝アルカイザーはボーナス家臣から外れるという、ワケの分からないことがあったな……)



新規イベの場合、既存家臣のボーナスには期待するなということか。

インサガ・月光ルート(バレあり)

実装直後にちょっとやってみたものの、山手線どものところで挫折し、そのままになっていた月光ルート。
本日、久しぶりに挑戦してみました。
天帝こそ3人から増えてないけど、強化P最大のキャラも相当増えてきたし、エレンさんの魔改造練気掌もあるし、ハゲもザリガニも相当ロール育ってきたし、これは行けるだろ!
と思い、やってみた。




結果。
ラスボスで完全に挫折。







※ここより色々、月光ルートのネタバレあります※













その前のネメアーまで、道中メンバーも揃えて弱点の突けるキャラを育ててれば、結構適当にやっても何とかなった。
勿論、七英雄も思ったより楽勝だった。
膨大なHPを削る作業が面倒でしょうがなかったけど。
なので油断した。



数々の難所を乗り越え、ラスボスのクズザルガ姉妹との決戦に挑んだ我が軍。
その惨状は以下の通り。





突熱が弱点らしいので、黄金さんの奥義で攻撃する⇒フェイズ何たらで突熱が耐性になる⇒せっかくの奥義が3ケタ

じゃあ、今度は打冷属性が弱点だしチョコエレン奥義とハゲ奥義で攻撃だ!⇒フェイズ何たらで打冷が耐性になる⇒どの攻撃も3ケタ

もうしょうがないから、アルカイザーの奥義と雪だるまのヴァーサンで攻撃しよう……⇒フェイズ何たらで寝てる





これの繰り返し。





何がウザいって、


こっちが弱点属性を衝く攻撃をしようとした時に限って
弱点と耐性を切り替えるフェイズ何たらをしてくる


これがもう、ウザくてウザくて仕方がない。
真サルもジュエビも、ここまで正確にこっちの手のうち読んでこないよってくらいウザい。
フェイズ何たらが来るだろうと思って、先を読んで敢えて耐性衝いてみたら、今度は2回繰り返しフェイズ何たらをやってきて意味なしという。
しかもこのフェイズ何たら、睡眠or混乱つき全体攻撃ってのがまた非常にアレでナニだ。



入力済みのコマンド読まれてるが如きの攻撃されたら、勝てるもんも勝てないよ!!!



というわけで、最終的にザルガ双神突貫隊メンバーはこんなんにならざるをえず。

・アルカイザー(天帝):無属性奥義+セルバ役
・ハゲ(帝):青の剣+精霊銀の鎧+天龍の護符で完全耐性を狙い、もっぱら元気の水での回復役
・RS1ジャミル(帝):ヴァーサン+水舞+元気の水で回復(+素早さで先手を取りたい)
・ゆきだるま(帝):ヴァーサン+水舞+元気の水orダンシングリーフで回復
・ボストン(帝):突奥義とサブミを使い分け+回復
・アルカイザー(帝。コマンダー)


このうち、強化P最大まで振れているのは天帝アルカイザーとボストンのみ。
ジャミルとゆきだるまは知力こそ最大まで振れてるけど、他のステが壊滅的。術士は知力と愛だけ振ってればいいというわけではありませんね。
青の剣と精霊銀も、まだ+4とか+5とか。最大強化にはほど遠い。
ほぼ全員、ロールは虎視眈々(ボストンは運否天賦だったかな)だけど、10まで到達していないのが殆ど。



これで行けたのかというと、行けるわけがなかった。
ハゲの防御がそこまで完璧じゃなく、ここまで耐性整えても時々混乱だの睡眠だのでやられる。
ジャミルが紙すぎる。
ゆきだるまが何故か狙われすぎる。
帝の方のアルカイザーが、強化P全然振れてないせいか、コマンダー以外でほぼ戦力にならない。
ジャミル奥義が意外に有効じゃないかと思ったのですが、それでも半分削るのがやっと。発狂モードにすら行けませんでした。
ってか、この鬼畜攻撃でHP30万とか冗談ですよね?




さすがに今度は、ギブアップせずに最後まで行きたいんですけどね~……
ギブアップしたら、同じところまで行くのが面倒すぎる(特にヴァダガラのあたり)




ザルガのクズ姉妹どもを撃破するには、

・上記メンバーの無属性の技と術改造
・上記メンバーのロール・強化P最大
・青の剣、精霊銀などの最大強化
・誰かが天帝化するのを待つ

これぐらいしかないのかなぁ……
ロールと強化Pはともかく、天帝化も武具強化も技術強化もいつになるやら。


もう少し現実的なプランとしては、
ウィンディ(素早さ88、術適性ダウン奥義あり)を入れてラピストで確実に先手を取り、フェイズ何たらをされる前に弱点をつき、天帝チョコエレンの攻撃がまともに入るようにすることだけど……
ウィンディ、ろくに強化Pもロールも振れてないんだよなぁorz


とにかく早いところ、月光ルートのEDが見たいです!




ところで、今回の試練のトップランカーを見てたのですが、
やっぱり、自分の要求を運営に、強引にでも見てもらうには、これぐらいしないとダメなのかとか思った。
「MSエルマン実装してくれない限り無課金」じゃなくて、「MSエルマン実装してほしいから課金する」という姿勢にならないと駄目なのかなぁ……
月光ルートのストーリーは良いものだし(上記クズ姉妹のせいで、最後のオチがまだ分からないけど)
廃まではいかなくとも微課金なら……という気持ちになってきているのは事実。






インサガ・久々のフル開花祭。

今日も今日とてインサガ話。



また育成したい帝も揃ってきたので、久々にフル開花祭をやってみました。
メンバーはレン、プルミエール、ウィンディ、パウルス。
特にレンは使いたくてしょうがなかったけど、ずっと育成出来ないまま兵舎で眠っていたので、どのくらい成長してくれるか楽しみ!!(フラグ)
ついでに王パトリック(サガフロ2)も入れてみた。
レイモンとの会話を見たかっただけですゴメンナサイ。


クエストレベルは基本的に66789と上げて行ったけど、若干ヘタってきたかな?と思ったら早めに上げるようにした。
先導役は、久々の出番のレイモン……だったけど、クエストレベルを上げるとどうしても力不足が目立つので、途中からディアナさんに交替。
それでも最終的には、何故か天帝チョコエレンお姐様になった。
結果。





imsagagrow20170825result.jpg


imsagagrow20170825last.jpg





レン君、フル開花祭史上最低値を叩きだす。





他の育成組が順調に3値80台に乗り、当たり前のようにカンスト値まで出す中、レンはまさかの3値60台。
67って……フル開花で67てお前。
アルカイザーの時のようにどれかの値だけ異様に伸びないということがなく、どの値もそこそこ伸びてるような気がしてたから、育成中止のタイミングを見失いそのまま完了してしまった。私も開花廃人には遠いな……
きっとプルミさんやウィンディがレン君の運を吸い取りまくったんだ……彼のおかげで彼女たちがこんなに成長してくれたんだ、この犠牲は尊ぶべきものなんだorz
あ、パトリックは王だしこんな感じでいいと思います(適当)



このレン君ですが、ちゃんと今回の復刻イベには王ヒューズと一緒に出撃させています。
だって使いたいんだからしょうがない。王が二人いると思えばいいだけだ!!!(泣)
おかげで、絶望Sを回るだけで煉獄並みのボーナスPがもらえております。


プルミエールはハゲさんやブラックやウルピナと同様全体奥義帝なので、同じくらいの優先順位で強化Pを振り始めた。
足りない足りないと思っていた全体奥義帝、もうこれで何人目だろう……
MSクロ様にハゲ、ブラックにウルピナ嬢に黄金さんにライザ姐さん。
天帝チョコエレンも、この前遂に魔改造練気掌を入手。
そして術ガチャのおかげで、RSジャミルとゆきだるまも+100ヴァーサンを入手。
燻りまくってたRSジャミルが、ようやく一軍へ昇格いたしました。良かった良かった。
おかげでランキングイベも無事20%以内に入れたし、夢でしかなかった煉獄Sも行けるようになった。
安定周回するのはまだキツイですが。



もしかして、ギブアップした月光ルートも……
このメンバーなら、ひょっとしてひょっとするんじゃなかろうか。
ボストンも本日ようやく、強化P最大まで振れたし。
LP回復薬は量産できるようになったし。
ウィンディにもうちょい強化Pを振って、彼女が安定して先制ダンシングリーフ出来るようになれば……
しかも彼女、あのサイコバインドの見切り持ち。月光ルート七英雄撃破の為にいるようなキャラじゃないか!!?


ウィンディさんの素早さは何気にカンスト。88は当然、我が軍トップです。
それまで素早さ(だけは)トップだったジャンヌさんを、軽々と追い抜いていきました。10近くも。
彼女の奥義は素早さ依存でもあるので、これも非常に嬉しい。
もしかしたら、コンバットでもそれなりに役に立ったりするんだろうか。
先制ダンシングリーフをやってきたチームにはボロ負けしまくった気がするしなぁ。


地味にパウルスも驚異の防御力に育った。
耐性装備して鳳天舞の真ん中に置いてみるってのもアリか。これはハゲさんでやろうかと思っていた戦術だけど。
プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放され、たま~に働きつつ専業主婦中……
ツイッター始めました⇒@sharanra11





現在、インペリアル・サガにハマリ中。ミンサガエルマン実装までは無課金を貫く所存。








2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR