FC2ブログ

DQビルダーズ・メルキド編2周目その2 欲望まみれの竜王軍バトル

前回のあらすじ・生足最高。




そんなこんなで前回に引き続き、DQビルダーズメルキド編2周目のお話です。
順調にイベントをこなし、ケッパー君もボロ服から衛兵服にかわり。
主人公も、無事ケッパー君から回転斬りを覚えることが出来ました。
作中で唯一、ケッパー君が回転斬りを披露する貴重なシーン。
ボロ服バージョンと衛兵服バージョン、2種類で回転斬りイベントを見ましたが、どちらも撮った画像がアングル的にイマイチだったので載せてません(泣) やっぱりちゃんとした一人称視点欲しかった……




1周目にそこまで気にしなかったケッパー君の台詞も、ちゃんと網羅しております。


ドラゴンクエストビルダーズ_2018112601










ドラゴンクエストビルダーズ_2018112602

主「いやー序盤からそんな嬉しいこと言ってくれるの、全章通してもケッパーだけだよ!!
私をサゲないばかりじゃなく、こんなに褒めてもらえてたなんて! 
見て、このお尻のラインサイコー過ぎじゃん!?」


ケ「いや、だから、ちょっと、何コレ!?」


ドラゴンクエストビルダーズ_2018112603

主「嬉しいからここからダイブもしちゃうよ!!!」(※高さ限界ギリギリ)
ケ「え、ちょ、待っ……うわああぁああぁああぁ!!!??」



この後ホントにダイブし、さらにその後バトル放り出してケッパー君かついだまま拠点周辺をぐるぐる駆け回った主人公でありました。




ロッシがケッパー君のことを色々言う場面はあっても、逆は一切ないと思ってましたが実はあった。
中盤あたりで、幽霊や妖精は鏡に映らないという話をロッシから聞いた、と語りだしたケッパー君。
なんやかんや言いつつも、ちゃんと会話してたんですね君たち。


ドラゴンクエストビルダーズ_2018112604

主人公も妖精みたいに不思議な存在だから……と言ってからのこの台詞。
終盤のゴーレム絡みの台詞でも思いましたが、ケッパー君はなかなかカンが鋭いようです。
というか、こんな笑い方もするんだなぁ。



ドラゴンクエストビルダーズ_2018112605

主「いやー私を妖精にたとえてくれるなんて、やっぱりさっすがケッパーだね!! 嬉しいなぁ~!!
嬉しいからさっきよりきわどい角度をお見せしちゃうよ~!!!」


ケ「だからごめんって! 冗談だって、気にしないでって言ったじゃないか!!」

主「お尻がもっとアップになった画像あるけど、そっちも載せちゃおっかな~♪」

ケ「や、やめて! ホントに謝るから、二度と言わないから!!」

主「ついでに一応聞くけど」


サガ スカーレット グレイス 緋色の野望_2018112601
※サガスカーレットグレイス 緋色の野望 より


主「ケッパーが想定した妖精って、まさかコレ↑じゃないよね?」

ケ「え、何コレ!? コレ、妖精なの!?!」

主「良かったぁ~。もしコレだったらケッパーを火責めにしてたトコだよ~」

ケ「今すでにしてるよね!? ホントにやめて、もし僕が他にもキミに悪いことしてたら謝るから!!」


ドラゴンクエストビルダーズ_2018112606


ケッパー君は(気絶していたので)与り知らぬことですが、主人公は前回ラストの件を未だに根に持っているようです。





竜王軍バトルでケッパー君を落下or爆破してはかつぎまくる主人公。
そんなことをやっているうち、色々な発見もありました。




ドラゴンクエストビルダーズ_2018112609

まずは、
竜王軍バトル中なら、倒れたキャラを水中で寝かせられる
という点。

通常時だと、住人たちは水に浸かったベッドでは寝てくれません。
住人たちが寝ているところに水を流し込んでも、起きて出て行ってしまいます。
これは、普段眠らないケッパー君を爆弾で瀕死にして無理矢理寝かせた場合でも同じでした。
主人公は水中でも眠れるのに、理不尽な……とは思いますが、よく考えたら当たり前だ。


ところが、竜王軍バトル中なら、戦闘中に倒れたキャラをかついで寝かせることで、水中にも寝かせることが可能です。
「水の大精霊の呪いで湖の底に封じ込められた古城
その一角、鬱蒼と繁る森と化した衛兵待機所
そこで主人公が見たものは、水の女王の恐ろしい呪いを受け、水中でこんこんと眠り続ける衛兵の姿だった」

なる厨二全開なビルドをやろうとしても出来なかったものが、竜王軍バトル中ならば可能になります!!



というわけで、早速そんな厨二部屋を作って激写してみた。

ドラゴンクエストビルダーズ_2018112607
ドラゴンクエストビルダーズ_2018112608
ドラゴンクエストビルダーズ_2018112613
ドラゴンクエストビルダーズ_2018112614
ドラゴンクエストビルダーズ_2018112610
下の黄色いの何の花だ?と思ったら逃げ込んできたチェリコさんだったでござる






正確には寝ているシチュではないけど、かなり気に入っているのがコレ。

ドラゴンクエストビルダーズ_2018112611

台詞といい、水に沈んでいく背筋といい、適度な仄暗さといい、そこはかとなくやたらエロい。
ケッパー君に限らないけど、ビルダーズの住人が倒れる瞬間って何故かやけにエロいと思うのは私だけだろうか。
敵にやられた瞬間だけでなく、かついだ後に寝かさず放り出せばいつでもこんな風に倒れてくれるので、
ケッパー君をかついでは放り出しかついでは放り出しを延々繰り返す主人公でありました。



ドラゴンクエストビルダーズ_2018112615

一番深いところに寝かせてみたの図。
さすがにこれだとよく見えないか。





そして、竜王軍バトルで気づいたことがもう一つ。

ドラゴンクエストビルダーズ_2018112616


わらベッドとキングベッド。
この二つの違いは単に見た目だけだと思っていましたが、実は大きく違う点がもう一つありました。
それは、寝かせたキャラの回復速度です。
竜王軍バトルで倒れたケッパー君をわらベッドで寝かせるたび、
起きていた方が回復早いんじゃないかと思うほどその回復の遅さに多少イラっと来ていましたが、キングベッドで寝かせると、なんとびっくり。
体感ですが、わらベッドの3倍ほどの早さで回復してくれます。


キングベッドの、驚くべきこの真の効果が最大限に発揮される竜王軍バトル。
当然ですが、竜王軍バトル中に主人公がベッドを使って回復することはないので、キングベッドをフル活用できるのは住人たちのみということになります。
メルキド編において、倒されたらいの一番に回復するべき住人はケッパー君。
若干攻撃力の高いゆきのへという意見もあるでしょうが、個人的には断然、防御とHPと見た目が優秀なケッパー君です。
ロロンドは違います。断じて違います。
そして、メルキド編で入手できるキングベッドはたった1つ。


つまり、メルキドのキングベッドはケッパー君専用アイテムだった
=ケッパー君はまさかのメルキドの王だった?









そんなしょうもない冗談はさておき、これで新たなる挑戦が可能となります。
それは、


仲間による援護も、トゲわなや火吹き像もなしで。
ケッパー君一人で、竜王軍バトル最終2戦を切り抜けられるか。



毒沼で、ゴースト相手にあれだけの無双をしてくれたケッパー君です。
きっと竜王軍バトルでも、相当の無双を見せてくれるはず。
ミンサガで散々、エルマン使って二人旅だの三人旅だのジュエビ封印だの、オヴァドラ使わず真サル戦だのやりまくってきましたが、まさかビルダーズでも同じようなことをするとは思いませんでした。

※最終3連戦のはずが最終2戦になったのは、1戦目の後に間違ってセーブしちゃったせいです


縛りの詳細ですが
・主人公から敵に攻撃してはいけない(攪乱などで逃げ回るのはOK)
・トゲわな・火吹き像は厳禁
・ロロンド・ゆきのへは最初から行動不能にしておく(戦闘不能にせずとも、初期位置から動けないようにするだけでもOK)
・HPアップ施設は最大まで使用してOK
・ケッパー君が倒されてもベッド使って回復してOK
・ただし、拠点の部屋がどれか一つでも壊されたらアウト
・落下ダメージが敵に入るのは致し方なしとするが、積極的に落下を狙うのはNG



とりあえず、こんな感じで縛ってみました。
キングベッドの効果を知る前から試していたのですが、わらベッドだと回復速度が遅すぎ、えらい長期戦になってしまうので……(特にスターキメラが出てきた時)



戦いのステージは勿論、ケッパー君が初めて竜王軍バトルに参加した、前回の天空のバトルステージ。
爆弾を使えるようになった今、こんな高さ必要ないんじゃないかとも思いますが、雰囲気は重要です。
バトルステージでピンチに陥った主人公。彼女を助けるため、夕闇をバックに颯爽と飛び込んでいくケッパー君!
という最高の画が撮れるのですから!!


ドラゴンクエストビルダーズ_2018112617
主「いや~んタスケテー(棒)」
ケ「大丈夫か!? 今行くぞ!!」




ケッパー君をバトルステージに誘導する為、必ず一度は主人公が敵に体当たりする必要があります。
うまく彼を罠にかけた誘導した後展開される、激しい死闘の様子がこちら。
一部、ケッパー君本人がほぼ見えなくなっているものもありますが、主人公以外で赤いダメ表示が出ているか、QマークのないHPバーがあれば、それがケッパー君です。
集団リンチ凌辱画像とか言っちゃダメ。


ドラゴンクエストビルダーズ_2018112618ドラゴンクエストビルダーズ_2018112619
ドラゴンクエストビルダーズ_2018112620ドラゴンクエストビルダーズ_2018112621
ドラゴンクエストビルダーズ_2018112624ドラゴンクエストビルダーズ_2018112626


ドラゴンクエストビルダーズ_2018112627
どう見ても貫かれてます


ドラゴンクエストビルダーズ_2018112630
服が破られているように錯覚した一瞬。
こんだけやられていれば破けてない方がおかしいと(ry



ドラゴンクエストビルダーズ_2018112623

「ウエヘヘ、ニーチャンカワイイやんけぇ~」
「脱がないならオレたちが脱がしてやろーか、アァン?」
暗い部屋の隅で行われる集団暴行。必死で抵抗する被害者。





ドラゴンクエストビルダーズ_2018112629
倒れても倒れても回復直後、すぐ飛び出していくこの健気な背中。
ちなみにこの部屋はごうもん部屋ではなく
バトルステージ隅に作った、ケッパー君回復専用の部屋です(拠点外なので壊れても縛りには抵触しない)
手前のキノコ畑はケッパー君回復待ち中に何となく作りましたw
 





ドラゴンクエストビルダーズ_2018112628

1章とはいえ、最終バトルともなると強敵だらけです。
中でも危険なのがこの「あくまのきし」。
以前、メルキドの竜王軍どもは貧弱と書きましたが、それは「あくまのきし」が出てこない段階での話。
こいつはメルキド編では、他のモンスターより飛び抜けて危険です。
最終2戦は他にもスターキメラなど、厄介な敵も多いですが、やはり一番強いのはコイツだと思います。
(その次に厄介なのがスターキメラの回復)
主人公なら余裕で死ねる落下ダメージを加えても死なないどころか、5分の1もHPが減っておらず。
最大HP138(HPアップ後推定)のケッパー君に一発25前後の大ダメージを食らわす攻撃をたびたび放ち。
何度も何度も攻撃してようやくHPが減ってきたと思ったら、絶対防御盾を張り。
その上、主人公を見れば大ジャンプをかまし、想定外の高さを飛んで拠点内まで入ってくる。
とどめに、最終2戦目第二フェーズではスターキメラがうじゃうじゃいるので、
時間をかけてもダメージを蓄積して少しずつ……などともたついているとどんどん回復され、超長期戦になってしまいます。


明らかに、トゲ罠と火吹き像+主人公のはがねの剣+複数の仲間による集中攻撃を見越して設定された敵であり、

NPC一人で対処することを想定した敵ではありえません。
いやぁ楽しいな縛りプレイって


1周目ではちょっとだけ他より厄介な敵っぽい?という認識でしたが、
ケッパー君一人で相手にしてみたら、こんなに強いヤツだとは思いませんでした。
ゴーストどもにあれだけ無双したケッパー君でも、他の敵ならともかく、あくまのきし相手では何度も倒れてしまいました。
それでも、何一つ文句を言わず、果敢に突っ込んでいくケッパー君はやっぱり健気です。



ドラゴンクエストビルダーズ_2018112631

サシでの勝負感が出ていて好きな画ではあるけど、この状態ではケッパー君、まともに敵の突進を喰らってしまいます。
(スクショのタイミングが悪くて与ダメ1とかに見えますが実際はちゃんと一撃11前後のダメージ与えてますので誤解なきよう)

なので、ヤツの突進を防ぐ手段が必須となるわけですが……
長くなるので、それはまた次の機会に。



一つだけ言えることは、
ケッパー君はやっぱり、健気だけどそこが面倒ということでしょうか。
2周目をやってみて思いましたが、ケッパー君の健気さはストーリー上でも、小さな面倒を引き起こしてます。
ロッシに煙たがられるだけでなく、ピリンやスラタンにあらぬ誤解をされたり、ロロンドには利用されまくる。
その、「健気だけど面倒」な部分は、あくまのきし対策においても色々な弊害となりますww
それについてもまた次回あたりに。




ドラゴンクエストビルダーズ_2018112632

とんでもないところで目覚めさせられたケッパー君。
こんな中でも大きく伸びをしてのける貴方が好きだ。
スポンサーサイト

DQビルダーズ・メルキド編2周目その1 楽しい楽しい二人旅

いろいろと理由つけつつやってませんでしたが、つい衝動にかられてやってしまいました。
メルキド編2周目でございます。

目的は当然、


ドラゴンクエストビルダーズ_2018111501



・ケッパー君を可能な限り連れ回す(必須)
・竜王軍バトル中にケッパー君をかつぐ(必須)
・ケッパー君の台詞網羅(必須)

・ケッパー君にまつわる他キャラの台詞網羅(できれば)



1周目終盤の終盤まで、私の中では「そこそこ好感度は高い兵士キャラ」という認識だったケッパー君。
あの行方不明事件が起こらなければ、今もずっとそのまんまだったでしょう。
それから起こったことの数々を考えると、
そのまんまだったほうが、彼にとっては幸せだったのかも知れませんが。



そして始めたメルキド編2周目。
回転斬りがないのが、素材集めにこんなにも不便だったということに改めて気づかされつつも、
大倉庫完備の上、作業台と料理用たき火を携帯し、記念すべき出会いの洞窟へ。


ドラゴンクエストビルダーズ_2018111502
放り出された足がやはりカワイイ




この状態で洞窟自体を色々ビルドしてみたい衝動にもかられましたが、この時点では素材もそこまでないのであまり大したことも出来ず。
城の廃墟が先にあるけど、そこはケッパー君と一緒に回りたい。


なのでさくっと仲間にしましたが、勿論そのまま帰るわけにはいきません。
青の扉先で回れる場所は全て回ります。
イベントも、てつのさそり関連以外は全てケッパー君と一緒です。
(てつのさそりをスルーしたのは台詞網羅のため)


ドラゴンクエストビルダーズ_2018111505ドラゴンクエストビルダーズ_2018111504

ケッパー君の御先祖さま(多分)の霊を一緒に弔ったり





ドラゴンクエストビルダーズ_2018111507ドラゴンクエストビルダーズ_2018111508

ロロニアと一緒に城の最上階から景色を楽しんだり




ドラゴンクエストビルダーズ_2018111509

意味もなく一緒に一日中水浴びしてみたり

ケ「あ、あの……キミ、キメラのつばさ持ってr」
主「ヒャーたーのしー!!!!!」



ドラゴンクエストビルダーズ_2018111205

勿論、お城の破壊作業も一緒です。
そのための大倉庫完備&作業台(+料理たき火)常備です。
彼のおかげで、前と比べて随分な量の素材を集めることができました。銅も石炭も木材も全く困らないぜ!!
夜のゴーストが怖くないってのが非常に大きい。
というか夜に限らず、ケッパー君を連れている間、戦闘が全体的にものすごいヌルゲーになりました。


ドラゴンクエストビルダーズ_2018111510




どうしても拠点に帰らないといけなくなった時は、城の最上階からデスルーラ一択。
こうすれば、ケッパー君は拠点に来ることなく、城で待っててくれます。
早く街へ行こうと何度も言っているのに、いつまでも自分を連れ回し、
果ては城の屋根から謎のダイブを敢行しては、しばらく自分を置き去りにする……
そんな主人公を見て、ケッパー君がいったい何を思ったのかは分かりませんが、それでも主人公が城へ行くと
「待ってくれ!」と叫びながらまっすぐ駆け寄ってきてくれます。カワイイ


ドラゴンクエストビルダーズ_2018111511

ついには城の近くにこんな部屋まで作っちゃったり。

ドラゴンクエストビルダーズ_2018111512

外側から見たらこんな簡素な感じですが……ってケッパー君あぶなーい!!



ドラゴンクエストビルダーズ_2018111513

朝目覚めた時の一幕。
そういえば、結構ケッパー君撮ってたけど半目の表情が全くなかったことに今更気づく。
やはり兵士らしく、瞬きの回数が他キャラより少な目に設定されていたりするんだろうか。


ドラゴンクエストビルダーズ_2018111514

朝食出したら拍手してくれました。食べてはくれませんが
拠点へ帰ったら最後、めったに見られなくなるであろう貴重なモーションです。


ドラゴンクエストビルダーズ_2018111515

おおきづちが守る墓所にて。眼を閉じながら、彼は何を思う。




ドラゴンクエストビルダーズ_2018111517

おおきづち庭園にて。スコップがないのでまだ庭園完成までは出来ません。残念。



ドラゴンクエストビルダーズ_2018111516

可愛いものが争い合うことなく平穏に一か所にいる、シアワセ感あふれる画像。



そして、やはりこれは外せないだろうということで

ドラゴンクエストビルダーズ_2018111518


青の扉先のドラゴンも倒してもらった。


先ほどの画像にだんろがあったのは、ここでゲットしたヤツです。
2回ほど失敗してデスルーラしましたが、要領さえつかめばこっちのもの。
適当な高さにケッパー君を連れてって、ドラゴンの真上に来たら落とすだけ。あとはそのまま放置。
何度倒れようがすぐに自動で回復してくれるので、とてもありがたい。
ひのきのぼうでも、3回に1度ぐらいの割合で1ダメージが入るので、運が良ければ1時間もかからず倒せると思います。
実はこの方法、他の攻略サイト様で既に見つけていたのですが、是非自分でもやってみたいということでやってみましたw


あまりに高さがありすぎると、ケッパー君の与えた貴重なダメージがドラゴンに反映されないのと、
デスルーラすると、せっかくちまちま与えたダメージが元に戻ってしまうので、それが若干メンドクサイ。
フリービルドなどでもそうですが、主人公とNPCの距離が開いてしまうと、NPCの与えたダメージが敵に反映されなくなるっぽいですね……


ついでに言うと、どんだけ攻撃喰らってもNPCの服は剥がれない模様。チッ
ボロ服であれだけ炎浴びて攻撃喰らって、半裸じゃない方がおかしいと思うんだけど(ry





そしていよいよ、楽しかった二人旅の終わりも近づいてきました……

ドラゴンクエストビルダーズ_2018111519

主「ううう、帰りたくない、帰りたくないよぉ」
ケ「そんなわがまま言わないで。ほら、スカーフ曲がってるよ」
主「だって帰ったら最後、もうイベント以外でめったにそのモーションしてくれなくなるじゃん!!!」




ドラゴンクエストビルダーズ_2018111520

主「拠点に帰ったらケッパーは、拍手も挨拶モーションも滅多にしてくれなくなっちゃう!
よっぽど頑張らないと、あくびだって見られないし!!
勿論、一緒に色んなところを回ることも……
拠点周辺以外では出来なくなっちゃう!!
それに、それに、
こんなに一緒に色々回ったのに、マイラではガロンに「オメー仲間と一緒に旅したことねぇのかよww」的なこと言われるんだよ?!」

ケ「それは……ホントにごめん。
でも、街に帰れば、もっと楽しいことがたくさんあるかも知れないじゃないか。
最初にそう言ってくれたのは、キミだろう?」

主「…… ……そうだね」

ケ「そうだよ!
だから、行こう。キミの街へ!」


ドラゴンクエストビルダーズ_2018111521


ケッパー君に説得され、メルキドへ帰る決心をした主人公。
初めての街、メルキドへ向かうケッパー君。
もう二度と、彼と一緒に来ることはないであろうあの小部屋は、完膚なきまでに叩き壊しました。
勿論、メルキドにケッパー君とのお部屋を作るためです。
その先に、さらなる楽しいことがあると信じて……





そして……










ドラゴンクエストビルダーズ_2018111522


主「いやーケッパーの言う通りだったわー!!
あったね、楽しいこと!! 見て、この生手首に生足首!!」

ケ「え、えっと、あの、ナニ、これは……」
主「うん、これから毎回竜王軍バトルでケッパー落とそう!!
いやーサイコーだなぁメルキドは!!!」



ドラゴンクエストビルダーズ_2018111523


メルキドに帰って最初の竜王軍バトルにて、
ついに長年の悲願であった、ケッパー君を「かつぐ」ことに成功!


最初ではいくら何でも、爆弾もないし難しいかなと思いましたが、
その為に、その為だけに、竜王軍バトル用のバトルステージを拠点西側の最上階付近に作っておきました。
初回のバトルではケッパー君の防御も攻撃力も低いせいか、ロロンドの動きさえ封じ込めればそのままでもケッパー君は倒れてくれそうでしたが……
最上階付近にやってきたケッパー君の足元を叩き壊すことで、確実に彼は倒れてくれます。ヘタすると自分も逝きますが
そんなこんなで、拠点もバトルも放り出して、見事に最上階から落とされたケッパー君をかついだまま、歓喜のあまり拠点周辺をぐるぐる回り続ける主人公。
拠点は周囲をきっちり城壁で覆ったので、この段階ではノーダメですw





そんな主人公に、とうとうルビス様も業を煮やしたのでしょうか。

ドラゴンクエストビルダーズ_2018111524


夜になってやっとケッパー君を寝かせた瞬間、ピリンちゃんに取られました。



そんな浮気者には罰だ!とばかりに、以降のケッパー君にはさらなる受難が待ち構えております……
あまりに長くなったので、それについてはまた次回。















プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放され、たま~に働きつつ専業主婦中……
ツイッター始めました⇒@sharanra11





現在、インペリアル・サガにハマリ中。ミンサガエルマン実装までは無課金を貫く所存
……でしたが、2018年12月、帝11連の誘惑に負け初課金。
現時点の課金額・5000円(戒め)








2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR