押しボタン係の悩み。

会社にいる間に書いておけばよかったかなと思ったけど、とりあえずまだ在職中ではあるので一応書いておこう。


私の会社のエレベータは、両サイドに押しボタンがある方式。
会社のあるフロアは15階から上なので、当然みんなエレベーターを使うことになるわけだが
乗ってみるとこれが、色々な人がいて面白・・・・・・くはなかったな。
面倒だった。目茶目茶面倒だった!!


私の勤務していたフロアより上の人たちはやっぱりお偉い方が多いせいか、
朝っぱらから押しボタン係なんぞとんでもねぇ!とばかりにさっさとエレベーターの奥へ行ってしまうことが多い。
私と同じ階かその下の人たちは逆で、積極的に押してくださる方が多かった。
但し例外もあり、とあるフロアの人たちは上層部でも上層階でもないのにあんまり押しボタン係をやってくれなかった・・・・・・
それはIT・システム部門の方々。
私の中では、ITな方々だし仕方ないのかなという謎理論で片付けてはいたのだけど、
さすがに
・誰も押しボタン係がいない、やろうとしない
・両側のボタンの前にはぽっかりとスペースが空いている
という状態で、
「奥に行かせてくださぁ~い」と言いながら呑気に当然の如く奥へ行ったデb・・・・・・もとい、ぽっちゃりな男性に出くわした時にゃちょっとキレそうになった。
(勿論両手が塞がってるわけでもなく、手ぶら。仕方なく私が進み出てボタン押し係になったとさ・・・)


いやそんなことよりも、このタイプのエレベータでボタン押し係をやる場合、困ることが一つ。
それは、両側にボタン押し係がついてしまうことだ。
私がボタン押し係になった場合、かなりの確率で反対側にも押しボタン係の方がいることが多く
だいたい、人が降りる階では二人揃って「開」のボタンを押す・・・・・・
そして私の場合に限って言うと、大概の場合、反対側のボタン係のかたの反応速度の方が私よりも早く、的確。
そんな時私は困ってしまうわけだ。私も押した方がいいのか、それとも押してしまってるとかえって迷惑になるのか・・・・・・

向こうが押してくれているのだから、こっちも押したらかえって・・・・・・と思いつつ、
それでも何となく、「何でボタン前にいるくせに押さないの?」っていう無言のプレッシャーを感じ、遅れつつも押しているパターンが多かった。
そして目的階がお互い一致しているとさらに面倒で、到着すると「お先にどうぞ」と互いに譲り合いながら降りていくことになる・・・・・・なんかここでも時間の無駄が生じてかえって迷惑みたいで、腑に落ちないことが多かった。
相手が後輩とかだったら何にもせずに任せっきりにしちゃうのだけど、殆どの場合相手は目上(か、年上)の人だったからなー・・・・・・
一度なんか、「お先にどうぞ」ってやったら「プッ」って笑われたよ。なんだよ畜生。だからこの会社は(ry


というわけで・・・・・・
エレベーター会社の皆様、ボタン操作のパネルは片側だけのエレベーターを出来るだけ多く作っていただけるとありがたいです・・・・・・もう仕事以外での面倒はイヤ。
つーかなんでわざわざ両側に作るのか。車いす用のパネルならまだ分かるけど。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放されましたが、現在専業主婦中……


2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR