血界最終話感想その2&個人的血界評価変遷。

既に昨日から3回見ました。アニメ血界最終話。
がっつりバレありますのでちょっとだけ改行。








ニコ動でコメまで含めて見ると、1回目だけではイマイチ不明だった点が色々分かってくるのも良い感じ。ホワイトが3年前に○○してたシーンなんてほんのワンカットでしか出てこないしそりゃ1回じゃ分からないって。ポエムる前に説明しろよという気もするけど
何だかんだ言っても11話までは、なんとなーくオサレアニメの雰囲気を相当漂わせていてそのへんも賛否両論だったアニメ血界戦線だけど、最終話にきてその皮をかなぐり捨てた感がある。
アニメオリジナルであるにも関わらず、むしろ11話までより原作に近づいてないか?とまで思うのは横暴だろうか。
それまでは超高レベルの作画・美術・演出・CG技術などなどで巧妙に包み隠されてきた何かが、最終話にきて一気に噴出していた気がする。


それは恐らく、作り手の情熱というか、情念というか・・・・・・
怨念にすら近いものじゃないだろうか。
かつてTV版ガンダムZやVガンダム、エヴァTV版、ウテナ、リヴァイアスといった作品の終盤で感じたものと似たような空気。それが、この血界最終話にはあった気がする。




単にスタッフの焦燥感や限界っぷりがフィルムにそのまま現れた結果なのかも知れない。
だけど、3か月延期の末に当日納品という限界の限界まで追いつめられてもなお、ギリギリまで表現に拘り続けたスタッフ全員の執念が、確かにそこにあった。
全身ズタボロになり片方半壊した義眼で顔を歪めつつも、ホワイトに向けて笑顔を見せるレオナルドの表情がその象徴だと思う。
ひび割れ熱を帯びた義眼の奥底から漂う熱情。こんな凄いものは久しぶりに見た。






まー詰まるところ何が言いたいかっていうと、レオ君マジ燃え萌えってことです。
あの笑顔から迸る色気たるやもうハンパないよ。作画レベルとか何とかそーいうの超越しちゃったよ。





当然だけど、スケジュール落としてまでクオリティに拘るのがイイなんて言うつもりはない。
本来のスケジュールから3か月遅れたおかげで作り手が失ったものも多いだろうし、受け手のこちらも何回ため息ついたことか。
ギリギリセーフとはいえ原作10巻の台詞はやっぱり安易に使ってほしくはなかったし、構成も粗は多いし、投げっぱなしの伏線もあるし、作画も高レベルではあったにしろ明らかな息切れは感じたし、手放しでこの最終話を褒めるつもりもない。
そもそも、通常のクオリティを維持しつつ、制限時間24分の最終話を本来のスケジュール通りに放映する──そんな当たり前のことが出来なかった時点で、この最終話の評価は大幅に落ちている。
でも、そんなあらゆる欠点を超えたものが、この46分間には凝縮されていた。
ここまで表現に拘り、こちらの見たいものを見せてくれたスタッフ・キャスト陣には本当に感謝です。
さすがはスティーブンの溜息一発で全国の腐女子を引きずり込んだだけのことはある・・・・・・



ブルーレイではおそらく相当の作画手直しが入るんだろうけど、このリアルタイム放送版を保存しておきたい気もする。
エヴァTV版の絵がその後の映画・DVDでガンガン修正されていく過程でも思ったのだけど、修正のたびに最初にあった描き手の熱というかそういうものがどんどん失われていくような気がしてしょうがなかった。絵がキレイになっていくのはいいんだけど。
特に思ったのが22話のアスカ(とレイ)のエレベーターのシーン。最初のTV放送版のアスカの表情の歪みっぷりを覚えている人はどのくらいいるんだろうか・・・・・・修正されるたびに、可愛くはなったんだけどアスカのあの屈折ぶりが薄められていった気がする。
(しまいには破で行動と結果まで直されたし)

ヤシガニ作画とかは論外だし当然修正されてしかるべきものだけど、血界最終話の作画息切れはそれとは若干違うものだし。
特にレオの表情は直してほしくはないな・・・・・・何故か割れてない方の眼を瞑って割れてる眼を開いてたカットとかあったけどそれも含めて!!



それにしても、ここまで自分がレオ萌えになるとは思わなかった。
順を追って振り返っていくとこんな感じか。

1話→阪口さん声の糸目主人公かー、エルマンと新八の合成キャラみたいなもん?
2~3話→立ち位置も声もほぼ新八だけど、若干地味さは否めないかなーでもEDはちょっと可愛いかも?
4話(ギリカ回)→あれ? 義眼壊れたレオナルドってかなり可愛くないか?
5話(アリギュラ回)→んん!? アリギュラに絡まれるレオってなんか可愛い!?
6話(バーガー回)→ネジと仲良しなレオ可愛いなぁ・・・・・・
7話(エデン回)→クラウスさんと絡むレオ可愛い!!
8話(ザップ回)→クズ先輩とレオのやりとり可愛いなぁ~
9話(ツェッド登場回)→クラウスさんとハマーに持ち運ばれるレオめっちゃ可愛い!!!
10話(ランチ回)→フードパニッシュメント最高!!!!
10.5話(総集編)→キョドりまくりのレオ可愛い
原作5巻まで購入→原作の毒舌レオもイイ! 執事回のレオカッコイイ!! そして巻末オマケ漫画のレオショタ可愛い!!!
11話(ブラホワ回)→出番少な・・・・・・でも義眼ジャックされて苦しむレオってちょっと可愛(ry
原作8巻まで購入→マクロ回のレオ超絶カッコイイ! レストラン回でフェムトと共闘するレオも(ry
原作9巻→ツェッドさん救出に奔走するレオカッコ可愛い!! ランチ3人組&チェインもイイ!!!
原作10巻→レオ萌え聖典決定。
アニメ最終話延期→え、ちょ、ま、え、えぇえええ!!!!???

そしてブルーレイで買い支えること3か月、アニメ最終話→レオ萌え聖典その2確定。




レオのおかげで沼という言葉の意味を初めて知りました。いやはやもう・・・・・・
それにしても、アニメ最終話って考えてみたら、フードパニッシュメントでレオがぶっ壊れた翌日ぐらいなんだよなぁ。
原作どおりレギオカ千兄弟との戦闘が21時間あったとしても翌々日か。いやもうお疲れ様だww


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放され、たま~に働きつつ専業主婦中……
ツイッター始めました⇒@sharanra11





現在、インペリアル・サガにハマリ中。ミンサガエルマン実装までは無課金を貫く所存。








2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR