おそ松さん9話。

ショックだった。ニコ動配信のおそ松9話。
すごくショックだった。
耳を塞いで現実逃避して引きこもりたくなるほどショックだった。
何がって。



カラ松が、微妙にクチャラーぽかったトコだよ!(真顔)




いや冗談じゃなく結構本気でショックだったんですけど・・・・・・
その後の朝食シーンは特にそんな素振りもなかったし、たまたまだよな・・・・・・
ホントにクチャだとしたらそりゃチョロ松が梨で速攻見捨てるのも納得だけど。チョロ松って潔癖症らしいし。





というわけで、全国の十四松ガールズの地雷回と恐怖された「恋する十四松」がニコ動でも配信されました。
そして普通に感動回だった。
配信前でネタバレだけ見ている段階では、


「十四松のこんな泣き顔は見たくなかった! 悲しい顔は見たくなかった!
だからカラ松女装ネタで無難にギャグ路線で行けばよかったんだぁあああ~!!! 
私は別に腐妄想で兄弟女装オチ推したわけじゃないんだ、十四松のあんな悲しい顔は見たくなかっただけなんだ、無難にギャグで終わらせられるならそっちの方が絶対良かったのにスタッフのバカあああぁああ!!!」



とか、


「あの新幹線がこの世とあの世をつなぐもの? 彼女は生死の境を彷徨う人間? 主線が青いから6つ子たちは既にあの世の人間? 何をバカなことを言ってるんだ!!!
6つ子たちのいる場所は二次元! あの新幹線は三次元、つまり現実行きのもの!! そして彼女は現実に絶望した視聴者の分身なんだよ、だから名前もなかったんだろ!? 視聴者=不特定多数だから!!
要するに今回の話は視聴者が次元を超えて十四松とドキドキデートして励まされて元気を取り戻して現実に帰るっていう、まさに夢のような」



とか、


「十四松のいつものバカさは演技だったって? 一体何を言っているんだお前は?
恋をしたら普段の行動から何から何まで色々とおかしくなるのは当たり前だろう?
恋をしておかしくなる→十四松の行動もおかしくなった結果、普段の様子が普通になる→彼女の前では彼女を笑わせようとめちゃくちゃ頑張る(これこそが十四松の演技であってそれ以外に演技なんぞしていない)→その様子がたまたま十四松の通常運転と一致、で何もおかしくはないだろう?
今までのおバカで純真な十四松を返せとか狂人ぶりは演技だったとか、何を深読みしてるのかさっぱりだよ!」



とか、

「チョロ松が空気・・・・・・チョロ松が空気・・・・・・チョロ松が(ry」


とか、どんな路線で感想書こうか考えるのがすっごく楽しかったんですけどね!!!(ヒマ人)
普通に良い感動回。ドストレートに来たなと思いました。
上記のとおり色々言いたいことはあったけど、とりあえず感動できたからもうどーでもいいやと思えるほどに。
そして今回確かにチョロ松ツッコミは空気だったけど、その分おでん屋での顔芸が面白かったからいいや。



ただ、ずっと連絡取ってなかった元同僚にちょっとメールでもしてみようかな、と視聴後思った。
今までその気がほぼ起こらなかったのに、突然。
そんな力がある話だった。




で、なんとなく分かった。
どうしてここまで、この「おそ松さん」という作品が多くの女性ファンの心を射止めたのか。
自分自身も何故ここまでこの作品にハマっているのか不思議でしょうがなかったけど、今回の話で謎が解けた気がする。


声優が豪華?
一つ屋根の下に住む男の6つ子だから?
F6や1話お蔵入りによる話題性?


全部違う。
いや確かにきっかけはF6とか声優かもしれないが、それだけでは一時的に注目はされても、ここまでの人気になる理由にならない。
正解は、


「常に全力で、身体を張って、命がけで、視聴者を笑わせにかかる6つ子たちが愛しい」。



ヒットの理由とか何も深く分析する必要などなく、それだけのこと。



少し前にハマった血界のレオナルドを思い出してみると・・・・・・
彼はアニメ最終回においてホワイトとブラックを救出するため全力でHLを走り、自らの命を賭し、ボロボロになりながらも喚いて叫んで奮闘して、結果ホワイトの魂とブラックを救った。その姿が多くの視聴者の感動(と萌え)を呼び起こしたのは記憶に新しい。
彼と6つ子は全く違うものに見えるが、実は本質は同じだと私は思っている。
命がけで友達を救出しようとすることと、命がけで笑いを取りにいくこと。
感動の涙と、凄まじい大爆笑との違いはあるにせよ、視聴者の心の琴線に触れてプラスの感情を喚起するという点では同じだ。落ち込んでいる視聴者に、現実は厳しくてももう少し生きてみよう、という気力を呼び起こす点では。
ちょうど今回の話で、十四松が笑いを取りに行くことで彼女に生きる気力を取り戻させたように。



そう考えていくと、6つ子たちは毎週毎週、血界最終回並みの感動と萌えを視聴者に与えてくれているということになる。
毎週毎週、

尻に巨大な旗をぶっさされるわ、
誘拐され水責めにされ火炙りにされた挙句兄弟にトコトンまでハブられボコられまくるわ、
中の人の喉が心配になるほど全方位ツッコミで叫びまくるわ、
スタバァのテーブルで堂々と尻を晒すわ、
ユニホーム姿でドブ川バタフライするわ、
甘えん坊という設定が空の彼方にぶっ飛んでいくほどの顔芸かますわ、


これほどまでに身体を張り、命がけで(時には本当に命を落として)、何をされても何が起こっても何事もなかったかのように逞しく立ち上がり、笑いという名の感動を呼び起こし視聴者を元気づける、若くて可愛らしい男性キャラ。
ここまで条件が揃えば、惚れるなという方が無理です。


若くて可愛い男ってのが重要ポイントだ。ダヨーンとデカパンも身体張っちゃあいるけど(ry


そうするとカラ松や十四松人気は凄く納得がいくんだよな・・・・・・どんだけ身体張ってんだってレベルだし。
逆にチョロ松は喉は一番頑張ってるけど身体張ってる度合は低いかも。
たった2週ツッコミ休んだだけでもっと頑張れとか言われてしまってるのが何故ぇえ!?と思ってたけど、今回のAパート見て納得。
チョロ松の不在がこれほど苦痛な話はなかった・・・・・・違う、そうじゃないカラ松!お願いだからチョロ松呼んできて!ってずっと思ってたよw
ツッコミ復活は次回に期待。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放され、たま~に働きつつ専業主婦中……
ツイッター始めました⇒@sharanra11





現在、インペリアル・サガにハマリ中。ミンサガエルマン実装までは無課金を貫く所存。








2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR