おそ松最終話に思う(改めて)

おそ松さん終了からもう結構経過しましたが、
ちょっと思うところあって、18話あたりから24話、その延長線上のチョロ松とおそ松という話を考えてみた。
要するに、24話までのシリアスな流れでそのまま行った場合どうなってたかというものです。
もはや何番煎じだってレベルで各所でやられておりますが。


おそ松さん24.3話~チョロ松の就職日記~
(前後編でこちらは前篇。エロはないですが後篇ラストが若干腐れている……かも)


結論から申し上げますと、
25話はあれで正解でした!!!!


18話の「認められたい」からの、19話のライジングに23話ダヨーン族そして24話に至るまでの過程から考えて、24話のシリアス空気のまま最終話に行った場合、おそ松とチョロ松に関してはこういうガチ殺し合いの拒絶し合いに発展する危険性が非常に高い……気がする。
勿論チョロ松がうまく社会人としてやっていけた場合は別の未来もあるわけですが、遅かれ早かれどこかしらで大きくつまづいて結局崖っぷちに立たされそうな気がするんだよなぁ……
そうならないためにも、彼らはセンバツに選ばれるしかなかったわけか。



というのも、24話でおそ松兄さんがあそこまで崩壊したのがな……
あれがなければ、最終話はちょっとだけ成長した弟たちがみんなでおそ松兄さんのもとに帰ってくる、みたいなラストで淡々と平和に終われたのかも知れない。
でも、そうじゃなかった。
変わろうとあがくチョロ松と、変わることを拒絶するおそ松兄さん、という構図がこれ以上ないほどはっきりしてしまった。
だったら、そのまま続きをやっちゃって、何とかコトを丸くおさめようとしたら、
こんなの、もう……



殺し合うしかないじゃない?





いや別に極論じゃなくて。


弟たちが変わっていくことをおそ松が受け入れるにしろ、
変わらない世界をチョロ松が受け入れるにしろ、
二人ともそう簡単に折れるわけがないのはこれまでを見ていても分かるとおり。
23話までなら、おそ松が受け入れて終わるパターンも十分考えられたんですが、そうじゃなかった。
だったら……



殺し合うしかないじゃない?(2回目)





勿論、おそ松さんのギャグ時空でそんなことをさせるわけにはいきません。
だから、最終話はああなるしかなかった。手紙が燃えるのも、センバツも、必然でした。
あの状況でおそ松チョロ松を救うには、あーするしかなかったんだぁ!!
こんなのまともに丸く収めようとしたら、やっぱり、どうしたって、



殺 し 合 う し か な い じゃ な い?(3回目)





いや、勿論、当然、殺し合う以外の選択肢もあります。
というか、殺し合うという選択肢がありえません。
ただしそれは、他のアニメならばの話。
これは「おそ松さん」です。
しかも問題になっているのは、カラ松や十四松という比較的平和なパーソナリティの持ち主でも、
トド松や一松という、負け戦は出来る限り回避する要領のよさを持つキャラでもなく、
おそ松とチョロ松という、非常に自己主張の激しい二人です。


殺 し 合 う し か(ry






まぁ、メタ的話をすると、30分で終わらないからという理由もあるとは思いますがw
そして、おそ松チョロ松のこういう、非常に痛いガチ殺し合いを見てみたかったってのも否定はしないんですがww
(未だにちょっとだけ期待してるのも否定しない)


ついでに言うと、単純に24話の延長ということを考えた場合、おそ松もチョロ松もぶっ殺し合って二人とも相討ちで死んでた可能性が高い。そしてギャグで死ぬのではなく本当に死んでいた。と思う。
だからこそ、このSSには前篇が必要だった。
前篇でちょっとでもチョロ松の心を折っていなければ、後篇があーいう形におさまらなかった。
折る方法は何でも良かったんですが、せっかくだからということでちょろっと体験談を交えましたw
このブログを長く読んでくださっているかたがいらっしゃいましたら、そのへんはお分かりいただけてしまうかと……orz
チョロ松が悪かったのか、それとも周りが悪かったのか、そのへんは敢えて明確にしないようにしました。
というか、どんだけ二人に殺し合いさせたいんだ私は。




次はまたおそ松アルトネパロに戻ると思いますが、当分はここまで痛々しいのは出てこないと思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ご無沙汰しています

miharu様

お久しぶりです! コメントありがとうございます。
こちらは仕事を辞めてだいぶ経過してしまいましたが、夫のおかげで何とかやれている……という状況です。
そろそろ働かないとと某チョロ松のようなことを言いつつ数か月。
今までの経験上、やはり近場でのパートかバイトでそれほど拘束時間がキツくない仕事を……と思っているのですが、近場でという条件でさえもなかなかないのが現状です。
miharu様は二足の草鞋ですか……どうか無理をなさらないようにしてくださいね。


種小説、最後の掲載からほぼ1年が経過してしまいましたが、待っていて下さり大変嬉しく思います!
前にもちょろっとブログで書きましたが、あの世界に入るには私の場合、結構精神力を消耗するもので……
おそ松さんやミンサガは結構すんなりと作品世界にのめり込むことが出来るんですが、種はそうはいかない。
何故かと考えてみると、やはりサイへの愛の他に、作品に対する憎悪の感情があるせいでしょう。
その愛憎入り混じった感情が、公式(つまり、あるはずだった劇場版という形)ではもう解決出来なくなってしまったのか?と考えるとやはり残念な気もします。
だからこそ早く、自分の中でだけでも解決したいのですが……うーん、どうなることやら?という感じです。


キララクの修正……これもSSで解決したい課題ですが、年を経るごとにキララク肯定派の声が大きくなってきている気がします。幼いころに種や運命を見てキララクに感化された若い人たちが、ネットを使うようになったせいなのかなぁ……?と思っていますが。


そろそろ暑くなってきましたので、miharu様も体調には気を付けてくださいね!
プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放されましたが、現在専業主婦中……


2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR