「変わらなきゃ」って、本当に?

「変わらなきゃ」というイチローのCMが話題になったのも今は昔。
2016年の現実では、EU離脱やら憲法改正論議やら、世界中が「変わるか、変わらないか」の選択を迫られている。
しかし、現状を改善する為に、進化する為に、変わらなければ!とイチローが呼びかけたあの頃とは、若干状況が違う気がする今日このごろ。


何故なら、あの頃よりも「本当に変わってしまっていいの?」「本当に変わるべきなの?」という疑問を、よく聞くから。
そもそもEU離脱にしても憲法(もっと言うなら9条)改正にしても、それは果たして「進化」する為の変化なのか?むしろ退行じゃないのか??
EU離脱ってのはイギリスがEUに参加する前の状態に戻ることを意味しているし、9条改正も……ものすごく乱暴な言い方をすると、日本が軍隊を持つ時代に戻りかねないわけですよね……


(ちなみに私は、9条改正には反対です。
というか、本能的に賛成が出来ないです。
冷静に頭で考えると、じゃあどうやって国を守るの?国際社会の中での日本の立場はどうなるの?ずっとアメリカにおんぶにだっこのまんまなの?という疑問がどんどん沸いてくるんですが、でも、やっぱり、どうしても改憲に賛成は出来ない。
そこには、理屈で説明できない恐怖がある。
単純に、戦争が怖い。
ただもう単純に、戦争が嫌だ。
散々そういう教育を受けてきてしまった世代で、遺伝子レベルで恐怖を刻み込まれているというのが一番の理由でしょうね……
国を自ら守る力がなければ、同様の悲劇が起こる可能性があるというのは頭では分かるんですが。


さらに言うと、9条を変えるべきなんて小学校で言おうものなら、教師に間違いなく袋叩きにされた時代&地域だったなぁ……今はどうなんだろうか)




話を戻すと。
このブログでもたびたび触れてきましたが、最近、「本当に変わらなきゃいけないの?」と疑問を呈するアニメが増えてきたなぁと思います。
ちょっと前まで、「変わらなきゃ変わらなきゃ変わらなきゃ」とお題目のように唱えていた作品が殆どだと思ってたのに、これはどうしたわけだ。おそ松さんしかりくまみこしかり、溢れる日常モノしかり。
そして「変わらなきゃいけないの?」と疑問を投げかけるアニメは、日常モノに留まらなかった。
先日終了したコンクリート・レボルティオもその一つ。



コンレボというアニメの終盤は、簡単に言えば、昭和時代に溢れたロボットやら妖怪やら超人たちを全て幻想に帰そうと企て、てめぇらいい加減超人とかに夢を見るのやめて現実に戻って大人になれ!!と主張するラスボスとの対決でした。
ひと昔前の時代の作品であれば、ここでは「現実に戻って成長していけ」とのラスボスの主張が勝利したはず。
(勝利はしなくとも、現実へ戻れ!大人になりやがれ!!との制作者からのメッセージは否応なくファンに叩きつけられたはず。敵味方ほぼ全滅とか人類補完計画とかその他色々、時にはかなりヒステリックな形で)
でも、コンレボは若干違った。
ラスボスに完全勝利こそしなかったものの、超人たち、即ち夢が消え去ることはなかった。
「夢を持ったままでも、いいじゃないか」という結論で、見事に物語は終結しました。
超人たちの力も記憶も記録も存在すらも全部なかったことにされ、完全に物語は現実の昭和・平成時代に戻ってしまうオチも十分考えられたところですが、そうじゃなかった。
日常アニメではないアニメでこういう結論が導き出されたのは、実はかなり重大なことなんじゃないかと思います。


(ラストで、成長しないはずの風朗太がほんの少しだけ大人になっていたのは、「マイペースであっても少しずつでも大人になっていければいい」というメッセージなのかな?とも思ったり)




「人間にとっての「現状維持」は、一定の成長を絶え間なく続けることであって、のんべんだらりと無為に日々を過ごすことではない。変化し続けるのが人間であって、変化を拒絶するのは死んでいるのと同じだ」
……という主張をするキャラが、昔結構夢中で読んでいたネット小説に存在しました。
一時代前であれば、うんうんと受け入れられた主張かも知れません。でも今はどうでしょうか……



今私は、はっきりいって、のんべんだらりとマッタリな日々を過ごしています。
自分では無為ではないつもりですが、人によっては無為にも見える日々です。収入に直結しない行動は全て無為と考える人にとっては、私は完全に、「無為に日々を過ごす専業主婦という名のニート、駄目人間」なのでしょう。
それでも、死んでいるのと同じなどと考えたことは全くありません。
むしろ、あの腐れ会社に勤めていた時より生気を取り戻している感じですw
少しでも一定の収入があればもっと気楽になるかな?と思いつつ、リクナビやら見たり履歴書書いたりしてますが。



変わることが必ずしも良いとは限らない時代に、それでも人は変わらなければいけないのか。
何かのキャッチコピーみたいなことを、最近よく考えてしまう日々です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放され、たま~に働きつつ専業主婦中……
ツイッター始めました⇒@sharanra11





現在、インペリアル・サガにハマリ中。ミンサガエルマン実装までは無課金を貫く所存。








2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR