生存報告

どうにか生きております。かや子です。
今回の件はいずれ、どういう形ででもご報告しよう、いやするべき!……と思っているのですが、
倫理的問題が非常に大きいので、どうしようか迷っております。
実際、同じ体験をした方のブログやHPというのはかなり少ない。
当人の精神的ダメージがひどいというのと、やっぱり倫理の問題があるんだろうなぁ……とは思いますが。


「羊水検査」「中期人工流産」


このキーワード、おヒマであればググっていただけるとありがたいです。
特に、30歳以上の女性でこれから妊娠するつもりの方は絶対。
いや、30歳未満であっても知っておくべきと思う。男でも女でも。





自分にとっても周囲の家族にとっても、これまでの人生ではありえないほど
非常につらく重い選択だったことだけは間違いないです。
この選択が正解だったかそうでなかったのか、今でも迷っています。正解はないと、頭では分かっているけど。


お気楽極楽だと思っていたマタニティライフは、一瞬で地獄へ落ちることがある。
年齢からして覚悟はしていたつもりだったのだけど、自分は大丈夫だろうと心のどこかで信じてしまう。
(もっとも、本当に何もない場合はそうやって安心していた方が、おなかの赤ちゃんの為にもいいはず。実際、私は信じこんでいた)
だけどいざとなると、していたつもりの覚悟なんてどこかに吹っ飛んでしまうもの。


自分の限界を知ること。
他人がどうこうではなく、自分と家族の限界がどこまでかを知ること。
おそらく、今回の選択をする上ではこれが一番重要なことだったと思う。
産まれてしまえばなんとかなるさ♪はあまりに楽天的すぎる。
子供を育てるというのは、一人で出来ることではない。少なくとも私は、一人では出来ない。
自分だけでなく、夫や両親や義両親や兄弟姉妹、関わる人々すべての人生を巻き添えにする可能性があることだ。
自分の限界、家族の限界、子供の将来と幸せ……可能な限り考えた。
妊娠を継続した人、しなかった人、両方の意見も可能な限り見た。
子供を愛すれば愛するほど、自分と家族がどうなってしまうか、考えた。
その上で、選択した。




これから妊娠する方へ。
脅かすようで申し訳ありません。
確率がどれほど低く見えようが、
当たってしまえば100%です。



すでにお子様がいらっしゃる方へ。
月並みな一言で申し訳ありません。
その命は奇跡そのものです。
1/100とか1/1026とか、例えぱっと見は低くとも、存在するだけで恐ろしい確率をくぐり抜けてやってきた、奇跡そのものです。



サイ小説も、ずっとつわりで入院していた時に書きためていた分を今PCで書いております。
もうちょっとしたら公開できるかな?といったところでしょうか……
すっっっっかり忘れておりましたが、SEEDリマスター版が結構大詰めに来ているそうですね。
最終回放映前になんとかある程度アップ出来ればな、と思ってます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても大変でしたね。
ゆっくりしてください。

どのような言葉が適切なのか分からないのですが、もし自分であっても同じ選択をしていたように思います。

大事にしてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

adlerさん

コメントありがとうございます。
次に向けて……などとはまだまだとても割りきれませんが、
それでも、やれることから再開してみよう。と、ブログから少しずつやっております。

Re: お久しぶりです

miharuさん

お久しぶりです。コメントありがとうございます!

毎日のように泣きじゃくっているという状態はかなり早いうちに脱したのですが、
こういう経験をしてしまって、色々なことに対する価値観が以前とは相当変わってしまった気がします。

このようなケースでよく言われるのが、赤ちゃんを見るのが怖くて外に出られない、
赤ちゃんのCMを見るのが怖くてTVが見られない……ということですね。
私の場合、そのままお産という形になったので現在は産褥期で、「産後休暇」で会社はお休みしておりまして、
あまり積極的に外へ出てはいないのですが、いざ出た時が正直怖いです。
TVも、ふとした瞬間に赤ちゃんが出てきます。奇跡的に生まれ出た命なんだと思えるようになったと同時に、
自分の空っぽのお腹のことを思い出してしまい、心の中が非常にザワザワした感じになります。
つわり入院中は「梅ちゃん先生」を良く見ていて、ヒロインと同時に妊娠だ~やっぱり赤ちゃん可愛いなぁ~
などと喜んでいたのですが……自分のお腹の赤ちゃんの状態が発覚したのが最終週。
それ以降、平常心で見ることなどとても出来ませんでした(見ていたけど)


時間がたてば少しずつ回復していけるとは思いますが、
このまま回復してしまっていいのかという後ろめたさや罪悪感もあります。
自分の選択が本当に正しかったのか?という疑問も常にどこかにあり、
関連しかねないニュースを見ると(iPS細胞とか)心臓がバクバクしてしまいます。
自分の判断が根底から覆されてしまうほど、医学が進歩してしまったら……と考えてしまうとキリがないです。


miharuさんも医療事務の勉強を始められたとのことですが、日曜の朝から夕方までというのは凄いですね!
あれは非常に覚えなければいけないことが多そうですし、
実際の現場では相当テキパキ動かないと怒られそうです……(患者側から見ると)
私もやろうと思っていた時期があったのですが、テキストと現場見る限り
私にはとても出来そうになかったので、あきらめました。
でも、経理をこなしているmiharuさんであれば大丈夫かな……と思います。
12月は忙しいとは思いますが、無理せず頑張ってくださいね。


種小説も……非常に遅くなり申し訳ありません。
よく考えたらSEEDの基本設定も、今回の件と密接に関わってるんですよね。
もし現在の時点でコーディネイト技術があったら、私は迷いなく使っていたと思います。
あくまで「病気を治療する」という目的のみで、ですが。


季節の変わり目ですので、お身体には気をつけてくださいね!


プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放され、たま~に働きつつ専業主婦中……
ツイッター始めました⇒@sharanra11





現在、インペリアル・サガにハマリ中。ミンサガエルマン実装までは無課金を貫く所存。








2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR