anan松と血界とインサガとで色々。

インサガの水着イベやらpixivやら見ていると、つくづく思う……


世の大衆の大半は、こういった即物的なエロがいいんだろうか。
肌色が多くなると逆に冷めるという、自分みたいな人間は少数派なんだろうか。
pixivの小説読んでても、やたらとそういった方面に詳しい描写にぶち当たると、細部に至るまで無駄に凄まじいその知識をもうちょっと他の描写に回せないのか……とか考えてしまう。
いや、あの、そんなすぐにいっぺんに全裸にされても、一気に股開かれても……そういうのって段階踏んだ方が色々とっていうか、私はワイシャツをちょっとだけ破られて涙目で色々隠しつつ真っ赤になる様子が見たいわけでその破れ目からちょっと指とか××とかちょこちょこっと少しずつ、っていうか




隠しておくからこそ滲み出る色気ってのもあるんだよ!!!




こう考えてしまうのはやっぱり、トシ取ったせいなのかな。
いや、だいぶ昔からこのスタンスは変わってないと思うが……
むしろ、トシ取ったら逆にそういうあからさまな露出が好きになるんじゃないかと思ってたけど、全く変わらないな……



その点、anan松はエロの何たるかを非常に的確に把握している、素晴らしい特集だったと思う。
最初のヤツと、ちょっと前に出た特別編集のムック二冊とも持ってるけど、どちらも良いです。
どちらかといえば、ムック↓の方が好みかな……


『おそ松さん』×ananのスペシャルブックがカレンダー付きで3/14発売


特にチョロ推しとしては、あの表情と絶妙なヘソチラとうなじと鎖骨がもう(ry
あの本における兄松3人のエロさは異常。肌色がそこまで多くないのにエロいというこの異常さ。



そして、秋からの2期に向けて、血界原作を改めてちょっと読み直してみた。
妖眼幻視行におけるレオの色気がやっぱり異常。
肌の露出は、顔以外ほぼないに等しいキャラなのになぁ。
しかも、身体の線がほぼ分からないカッコしてるのになぁ。
なのに、どうしてあれだけ色気を感じるのか……


露出だけでは表現できない、本物の絵の力というものを感じます。anan松も血界も。
血界アニメ2期は、レオの強靭な意思から生まれる、あの凄まじき色気を表現することが出来るのか。
松本監督なら恐らく可能だったろうと思いますが(時間がどれほどかかるかは別として)、果たして2期のスタッフは……





インサガの水着ガチャ、どれだけ回るものやら分かりませんが。
プレイヤーの男女比率(アンケだと9:1)を考える限り、恐らく結構回ると思われます。
だけど仮に、インサガの男女比率が逆だったとして……
ジャミル、ギュスターヴ(少年)、ブルーの水着ガチャが出たら、同じくらい回るんだろうか?




※人選は超適当です。他意はありません。



私の場合だと、キャラ性能が良ければ回すかも知れないけど……ってな感じです。
個人的好みを言えば、上記3人なら水着よりも断然タキシードです。むしろ水着は引いてしまいます。
それやるくらいだったら濡れ透けシャツとかの方がよっぽど(ry


こういうのはやっぱり女性特有or年寄りの考え方でしかなく、男性や若い人たちはやっぱり直接的な肌色に魅力を感じてしまうものなんだろうか。
いやそもそも老若男女関係なく、私の好みがニッチなだけなのか。濡れ透けワンピだの血みどろワイシャツだの(ry





絶対ありえないとは思うけど、片方の糸目をちょっとだけ開いて、服がところどころ破れた血みどろMSエルマンとか出てきたら思いっきりぶん回す自信がある。性能なんぞ無関係に。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放され、たま~に働きつつ専業主婦中……
ツイッター始めました⇒@sharanra11





現在、インペリアル・サガにハマリ中。ミンサガエルマン実装までは無課金を貫く所存。








2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR