連日のロマンシング発生! 月光ルート突破成功!!

一昨日の真夜中にアビス級シェラハ撃破に成功。
その詳細をいずれ詳しくここに書いてやろうと思っていたら、ふと思いついた。



「今なら、月光ルート突破、ひょっとするとひょっとするのでは?」



というわけで、やってみました。




結果から申し上げますと……







半年近くにわたる苦悶と、
数時間にわたる死闘の末……





imsaga_2017121004_gekkoclear01.jpg







ザルガ双神、撃破いたしました!!!!!
ヤッター+゚。*(*´∀`*)*。゚+




この偉業を成した勇者たちは下記のとおり。
天帝3人でも行けるということが証明されました!!!


imsaga_2017121004_gekkoclear02.jpg



装備やロール、各メンバーの役割などは下記参照(最近説明を画像に頼りがち)
強化Pは全員フル。


imsaga_2017121004_gekkoclearelen.jpg

・チョコエレン
奴らが青い時→サブミでひたすら攻デバフ。
奴らが赤い時→奥義でとにかく攻める。
ちなみにサブミはSP以外ほぼ無改造、奥義は威力+37しただけ。

imsaga_2017121004_gekkoclearalcaeser.jpg

・アルカイザー
奴らが青い時→奥義でとにかく攻める。
奴らが赤い時→サブミでひたすら攻デバフ。
奥義は若干強化(威力+84)してますが、サブミはエレンと同様ほぼ無改造。

imsaga_2017121004_gekkoclearcrowdia.jpg

・クロ様
奴らが青い時→奥義or連射でとにかく攻める。
奴らが赤い時→イドブレでひたすら術デバフ。
奥義を若干強化(+65)。イドブレと連射はSP半減だけ。



imsaga_2017121004_gekkoclearjamil.jpg

・ジャミル
奴らが青い時→ヴァーサンでとにかく攻める
奴らが赤い時→奥義でとにかく攻める
ヴァーサンはかなり強化状態(+136)、しかし奥義は全く強化せず。

imsaga_2017121004_gekkoclearhage.jpg

・ハゲ
鳳天舞のド真ん中でひたすら壁となる絶対最遅守護神。
元気の水とムーンライトヒールを交互に撃っていくお仕事。
これまでは元気の水だけやってもらってたけど、SP消費が激しいことに(今更)気づいて交互にした。
誰かがマヒったらその治療もお願いします。



勿論、状況に応じて行動は適宜変更してますが、基本はこの繰り返し。
戦闘開始時or攻術デバフが切れた時は、最優先でサブミやウィークネスやイドブレ。
最終戦になったらいい加減疲れがキてて、半分作業と化していた。
ジャミルとクロ様は奴らより早く動けるので、ターン中に属性切り替えされたら……ということはとりあえず考えなかった。
奴らが赤かろうと青かろうとサブミはデバフ入るし、
アルカイザー奥義は安定してダメ入るし、
エレン奥義はクロ様攻撃力UPになるし……
というわけで、エレンとアルカイザーの攻撃前に反転されてもさして影響なし、と判断。何事も割り切りは重要。



HP400を切るか、SPが尽きててHPが500以下だったら回復。
奴らより遅いキャラ(=ジャミルとクロ様以外)が回復する時は、陣形は稲妻に切り替え。
(クロ様とジャミルの素早さのおかげで、全員無事であれば先手を取られることはほぼない)
え、その後に眠らされたらどうするかって? とにかく早く復帰してくれることを祈る。



インサガの混乱状態は、そこまで味方に被害はない点が優しいなと思った。
偶然、結構効果的な攻撃をしてくれることもあるし。
睡眠は若干困るけど、攻撃喰らえば復帰できる点は同じ。
陣形が崩されるのはどっちも嫌ですが。



そしてコマンダーは

imsaga_2017121004_gekkoclearyukky.jpg

・ゆきだるま
ここが一番の悩みどころであり、キーポイントだったかも知れない。
最初はコマンダー役をアルカイザー(2号)にしており、アルカイザー(1号)の攻撃力上昇を狙っていたが、あと一歩がどうしても届かなかった。
HPゲージあと数センチ、あと1センチ、あと0.5センチなのに~~!!ってところで、全員力尽きてしまう。
ならば、一人の攻撃力上昇よりも、数人をある程度守ることの出来るコマンダーの方が良いのでは?となり……
エレンとアルカイザーの二人を熱攻撃からそこそこ守れる(そして自身も結構役に立つ)ゆきだるまが適任なのだ!となりました。


アルカイザー2号で10数回やってみて失敗しまくって夜の2時も過ぎて、ヤケのヤンパチになった末の窮余の一手なんですがね!!!
(酷いのだ~大人のやることじゃないのだ~)

ちなみに装備も、ジャミルの奥義威力を上げるためにジャミルにアクアマリンを、ゆきだるまにブラックダイアとしています。
元々は逆だったんですが、ジャミルの奥義は連続使用で自分の奥義威力と術威力を上げた状態が継続できるので、だったらジャミルはさらに奥義威力を上げられるアクアマリンの方が効率的かな~……と。
あとは奴らの火術ダメージを抑えるのも目的。


ここはボストンでも、同様のコマンダー効果が期待出来たと思います。
(ゆきだるまは熱耐性UP、ボストンは冷耐性UP)
ボストンも打突両方使える上、突奥義でもサブミでも攻デバフが可能なので、彼でも良かったかも知れない。
術サゲ役がクロ様だけになりますが。


コマンダーにRSホークやハミルトンや白薔薇、コッペなどの状態異常耐性系キャラを置くのも当然考えたんですが……
いずれも、引きずり出された時の火力及び防御力に著しく欠けるという弱点がありました。強化Pもフルじゃないしロールも育ってないし技強化も全然。
その中だと白薔薇が一番いいかも知れなかったですが、コマンダー対象範囲がアルカイザー1人だけという。



とにかく鉄則は

1.攻術デバフを切らさない
2.早めの回復
3.あまりに気持ちが疲れたら休む
4.マウスを投げない


これに尽きる。
(3、4は重要。重要だったら重要)




最後はこんな状況になり……
※ジャミルは毎度真っ先に離脱します

imsaga_2017121003.jpg



この直後にゆきだるまがやられ、最後はエレンさん一人に。
奴らもキャラも限界だけど、もはやこっちの疲れも限界。
攻術デバフも切れている……だが、エレンさんはたまーに先手を取れることがある……ちょうど属性反転もした……
HPゲージもあと数ミリ……
ここは最後の最後!! my帝国をずっと支えてきてくれた、チョコエレン必殺奥義に全てを賭ける!!!!




そして最終ターン。
残念ながら先手は取れず、フレイムウィップやら何やら、とにかく発狂攻撃を喰らいまくるエレンさん。
多分この時の彼女は、妖眼幻視行ラストのレオ君みたいになってたと思います。
指の1~2本はちぎれてたんではなかろうか。
血界知らないかたゴメンナサイ。




しかし……




光に向かって
一歩でも進もうとしている限り
人間の魂が真に敗北することなど
断じてない!!!!






ギリギリのギリで踏ん張ったエレンさんの必殺奥義・ボイスオブハートが炸裂。
我が帝国の初期も初期、奥義が何なのかすら分かっていなかった頃、いきなり2枚抜きで天帝として降臨して以来、ずーっと最前線で頑張り続けていた彼女。
その意地がロマンシングを呼び……
ザルガ双神、ついに撃破!!!







そして迎えた、月光ルートエンディング。
オチの詳細は控えますが、それまでの苦労もあいまって、感激もひとしおでした。
毎度毎度文句タラタラ言いまくってるインサガで、これほど感動するとは思わなかったという程。
恐らくそれまでの苦闘が、感動を倍加させたってのもあると思いますが。



ミンサガを含め、サガシリーズは、他のゲームよりもキャラを自由に操作でき、自由な選択肢があり、自由に育てられます。
しかし大抵、戦闘に様々な苦難がつきまといます。
ジュエルビーストも、真サルも、七英雄も、四魔貴族も、みんなそうだった。
自分が比較的自由に動かし、丹念に育ててきたキャラを使い、戦術を凝らし、時には自ら制限までかけつつ、途方もない強敵を突破する。
キャラ描写が最低限に抑えられているにも関わらず、それぞれのキャラに愛着がわいてしまうのは、サガシリーズにはそんなロマンシングがあるからでしょう。
殆ど描写がないにも関わらずミンサガエルマンに惚れこんだのは、命を削りまくっても仲間を逃がしジュエルビーストを切り刻みゴッドハンドに耐え抜き術具経由でオーヴァドライヴを撃ちまくるその姿が、あまりに健気すぎるからってのもある。あと、ピンチ時の台詞が素晴らしい。
だからインサガは一刻も早くミンサガエルマンを(ry




キャラのカスタマイズという点で、不条理なほど制限があるインサガも……
実は例外ではなかった。やっぱりサガシリーズだったんだなと、改めて思わされました。





そして一晩たった今、ホーム画面で、超久々のメインテーマ?を延々流しております(イベントやれよ)
で、あまり関係はないんですが、月光ルートクリア直前に


imsaga_20171210aisha.jpg

RSアイシャ、まさかの覚醒。
ブルーかゆきだるまの覚醒を狙って風ガチャ引いたんですが、来たのはRSアイシャ。
my帝国、5人目の天帝となりました。初の天帝術士でもあります。
思えば、初めてサガシリーズに触れたのがロマサガ1。
最初に主人公として選択したのがアイシャでした。
これも、何かの縁かも知れません。大事に育てていこうかな……うまく使えるかどうかは別として。






月光ルートクリアで、他に感じたところといえば……


・道中の雑魚掃除が必要なせいで、練気掌などの全体攻撃を技欄から外せないのが地味に痛かった。
外せれば、アルカイザーにファイアウェポンをさせたりなどの工夫も出来たかも知れない……
と思ったけど、対シェラハ用の見切りつけたまんまで言えたことではなかったなw
(外すのが相変わらず面倒だし何より、眠かった)
ハゲが鳥を仕留めきれず、大暴走3連発喰らって怒りのF5、なんてこともありました……

・直前で体術武器が復刻されたのは大きかった。
それまではアルカイザーがヴェルニークロー、エレンがニンフリングという状況が当たり前だったからなぁ。
二人が地獄の爪をゲット出来て攻撃力大幅UPした上、ゆきだるまにニンフリングを装備出来て術適性UPにもつながった。

・HPゲージ導入は、月光ルートクリアにおいて何気に大きいんじゃないかと思う。
何と言っても、エクセルでダメージ計算する必要がなくなった。
わずらわしさが大幅減少して、倒れても倒れてももう一度チャレンジ!の気力がわきました。
ゲージがなかったら、最後エレンさんに奥義を選択させていたかどうか分かりません。
(攻デバフが切れていたから、サブミ選択して死亡パターンもありえた)
雑魚敵にまで必要だったのかどうかは分かりませんが、初~中級のユーザーにはありがたいのではないかと。


・確実に言えることは……
天帝がたった3人でも、神特効がいなくても、
状態異常耐性100%が可能な回復用守護神がいて、相性がそこそこ良い家臣を揃えれば、クリアは可能。

私でもやれたくらいなので、やれる人は天帝なしでもやれるかも知れない。



とにかくこれで、月光ルートの呪縛から解放されました!!!
やっとキューブルート制覇に戻れるぞー!!!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放され、たま~に働きつつ専業主婦中……
ツイッター始めました⇒@sharanra11





現在、インペリアル・サガにハマリ中。ミンサガエルマン実装までは無課金を貫く所存。








2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR