種小説更新&種運命リマスター決定?

無印種リマスター終了記念。種サイ小説更新しました!
やっと次回からサイのターンだよ! 長かったよ! ここにくるまでホント長かったよ!! やっと種運命の最後のあたりまで来たよ!!
そしてオリキャラ乱舞でホント申し訳ないです。
種運命のサイを書くとなるとこれはどうしても避けられない……サイ以外の原作キャラっていうとカズイと、あとトノムラさんぐらいしか使えるキャラいないんだ……いや短編なら何とかなるかも知れないけど!


最後の勇姿を見せた主人公機……の原型。ブリッツの黒い部分を白くするとティーダになります。

HG 1/144 R-04 GAT-X207 ブリッツガンダム (機動戦士ガンダムSEED)HG 1/144 R-04 GAT-X207 ブリッツガンダム (機動戦士ガンダムSEED)
(2011/11/19)
バンダイ

商品詳細を見る



もしかしたらこっちの方が主人公機してたかも。本当によく頑張ったウィンダム。

MS IN ACTION!! ウィンダム(量産機)MS IN ACTION!! ウィンダム(量産機)
(2005/08/20)
バンダイ

商品詳細を見る




さあみんなで紅く塗ろうストフ(以下略)

PG 1/60 ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)PG 1/60 ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)
(2010/12/11)
バンダイ

商品詳細を見る



そして無印種リマスター配信、なんとか無事終了したようですね。
で、次はやっぱり種運命リマスター、やっぱり来ますか……
前回も書きましたがホント、サイにだけは手出ししないでください。これだけはお願い。
昨日は政務官見習い以外は許さないと書いてしまったけど、ここで書いてるSSみたいな救助隊員とかでもいいかといえばいいんだ……ただその場合、ホントにチラっと姿見せるだけにしてください。
下手に動かされたりすると、台詞なしで光の中へ消え……なんてことが冗談じゃなく発生しそうでホント怖いんだ。マジでやめて。それだけは。


あ……でも、第3期EDにはちゃんと描き加えてほしいかな(勿論カズイとトールも)
アレでハブられた怒りで今の小説書いてるようなもんだし。


最近またSEEDについて語っているサイトを探し始めているのですが、
なかなかサイ(というか学生組)に対して辛辣な意見が多くて結構凹む。
放映当時は圧倒的にサイ擁護派が多かった気がするんだけどなぁ。当時の私の探し方が悪かったのだろうか? 2ちゃん系ばっかり見ていたせいか?
確かにキラが孤独だったのは事実だけど、サイたちが冷たかったなんてことはなかったはず……むしろサイたちが優しくて、彼らが自分たちに出来る限りのことをしているからこそキラはAAに縛られてしまったわけで。
あの状況であれ以上のことがサイたちに出来たのか?と思ってしまう(キラ含めたみんなで降りる、が一番良かったのかも知れないけど、その選択肢はフレイさんが潰してしまったようなもんだし)
確かに会話は少なかったかも知れないけど……カガリみたいに何の偏見もなく受け入れた、とはいえないかも知れないけど……キラが一緒にいるシーン少なかったかも知れないけど……うーん……
……つきつめて考えると結局は「描写が薄い」ってのに尽きるのかも知れないが!!


特にサイは「やめてよね」事件以降、キラに優しく接する余裕なんかどこにもなかったはずで。
むしろ、キラが帰ってきてからちゃんと話をしたサイはさすが相葉昴治の血を引く鋼鉄の魂!とか思ったくらいだ。
それを
「キラをこんな戦いへ突き落とした元凶のクセに、自分はのうのうと無敵戦艦で守られて! 
キラを戦いに追い込んで、トールを死なせて、みんなを傷つけて、たくさん死んでいくのを傍観しているしか出来なかったくせに、まだ聖人ヅラ振りまくつもり!? あんたにキラを怒る資格なんてあるわけない! 
キラの苦しみも孤独も何も知らないくせに、よくもまぁ友達ヅラでしたり顔で説教なんか出来たもんだわ! あんたなんか、そうやって地べたで這いつくばってるのが一番似合ってるのよ!」


……とまぁ、さすがにここまで言ってるところはどこにもないんだけど、
これに若干近い意見は何故か今、ちらほら見る。
こういう感想がホントにあったんだ、やっぱりファンが多い作品は勉強になるなぁ……と今更のように実感している現在。
※このような意見を否定しているわけではありません。念のため。
上記のは非常に極端な例だけど、言ってることは嘘ではないし。


よく考えたら、サイ(&学生組)擁護派だった人はイコール、「どっちかといえばSEED嫌い、というかキャラは好きだけど脚本は嫌い」な人が多かった気がする。
そういう人たちはSEEDに執着せずにとっとと他のものに夢中になり、SEEDを忘れる。
そうでない人たち(=学生組否定派)は本当にSEEDが好きでSEEDから離れられずまだ残っているので今、サイ嫌いが多い状況に見える……ということだろうか。
その論理でいくと、種運命リマスター終盤にはアンチシン&ミネルバ組が今よりさらに増えて見えるってことになるけど!


でもいいんだ。誰が何と言おうとサイは強いんだ。
なんたってサイは、あのアムロ・レイにまでもその鋼鉄の魂を賞賛された男なんだから!!
(スパロボの話です)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 大丈夫ですか


miharuさん

コメントありがとうございます! ご心配おかけいたしております……

やっぱり読者様に相応の負担を強いてしまう小説ですが、このペースは多分あと1ヶ月ももたないと思います。
会社復帰したら元の木阿弥になるかと(泣)

医療事務講座、かなり凄まじいようですね。私も社労士の勉強をしていた時はそんな感じでした。
こんなもの会社辞めないと無理だよー!というほどの辛さでしたね。周りも必死で勉強しているから、ちょっと息抜きにこっそり小説や落書きでも……なんて絶対無理ですし。
そういえば私の場合、会社も私生活もつらい状況から抜け出したくて、逃げる場所が欲しくて社労士勉強を始めたような覚えがあります。そしたらもっと辛くなってしまったという……
ともかく、ハンパな気持ちで勉強始めるとろくなことになりません。

それから、色々とご心配いただきありがとうございます。
人工流産についてですが、当時必死に記録をとっていたものを見られるように直して書いているだけなので、あまり物理的負担はないです。これは性分なのかも知れません……最悪の宣告をされたときから、載せる載せないはともかく、これは絶対に記録につけておかないといけない、と思っていたので。
あと、(これはあくまで私の場合ですが)書くことで癒されている部分があります。書いていないと逆に思いつめてしまいますし、とにかく書いて整理することが今の自分にとっても良いのかなと思っています。
幸い今のところ、精神的におかしくなったことはない……と思います。会社復帰したらどうなってしまうか不安はありますが。


種運命リマスター、やっぱりやるみたいですね。どうせならシンをちゃんと主人公として描いたリメイクを!と思いますが、監督と脚本が変わらない限りは無理でしょう。
無印種リマスターの状況を見ると、少なくとも私のようなファンが望む改変とは180度逆の改変がありそうな予感が。フレイがクルーゼと×××なんて匂わせる描写があったくらいだから、どんなことになるやらと戦々恐々です。
サイが一番心配なのは勿論ですが、ヨウランの死亡が確定してしまうかどうかも怖いですね。
(彼も酷い扱いのキャラだった……)


miharuさんも勉強とお仕事で大変かと思いますが、無理はしないでくださいね。
身体が元気になっていけば、自然と心も元気になると思います……が、
無理に前向きになる必要はないとも思うのです。
疲れたら十分身体を休めて……と、言うのは簡単ですがなかなかうまくいかないですよね。回復するまで会社休んでしまえ!となったらニート一直線ですし。
私も仕事が憂鬱でたまりませんが、そうは言ってもどんどか復帰の日は迫っています……なんとかSEED小説とゲームと、エヴァQで癒され励まされつつ細々と頑張っていきたいと思います。
時間のあるときは、好きなことをやるのが一番です。

プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放され、たま~に働きつつ専業主婦中……
ツイッター始めました⇒@sharanra11





現在、インペリアル・サガにハマリ中。ミンサガエルマン実装までは無課金を貫く所存。








2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR