偶然の恐怖

最近職場で、とある特定の人物と、かなりの高確率でニアミスすることが多い。
相当前にちょっとだけ仕事上で会話をしたことはあったけど、ほかにかわした会話といえば挨拶ぐらいのもの。部署は違うし席も離れている。
なのにここ1~2週間というもの、何故かよくエレベーターホールで一緒になる。
正確に言うと、昼間お弁当買いに行けば3回に2回、夜帰ろうとすれば3回に1回の割合。
一昨日あたりのお昼も、まさか今日はいないだろう……と思ってエレベーター乗りかけて後ろ振り返ったら、一人おいてすぐ後ろにいたので吹き出しそうになった。


いやまぁ、お昼はしょうがない。フロア全員が一斉にお昼を買いにいくか食べにいくかでエレベーターを使うんだし、偶然一緒になることが多くなることもあるんだろう。
しかし、帰る時まで一緒になる確率が結構高いのはどういうわけだ……いやでも、今のところ3回に1回だし、ぎりぎり偶然が重なったと考えることも……出来る、かな?
でも、お昼の時間も帰る時間もほぼ同じはずの同じ部署の同僚にだって、ここまでの高確率で一緒になることはないんだけど……


こうして字面だけで書いてみるとまず考えられるのが、密かに追っかけられている可能性なのだけど、この場合に限りまずないと言っていいだろう。
何せ向こうは、入社してせいぜい1~2年の20代前半の男子、未来ある若者である。
対してこちらは、30代後半の鬼女。鬼になる前はバリバリの喪女。

……まぁ、まずもって、そんな可能性はありえないと断言できる。


となると考えられるのが、「ただの偶然が積み重なっただけ」の可能性。
で、そうなると、追っかけられるよりも遥かにやっかいな事態になる。
何故かというと、私がほんの少しでも「追っかけられてる……?」などと考えたのと同様に、向こうも
「待ち伏せされてる……?」と考えているかも知れないからだ。
お昼や夕方、ドア開けたらいつも向こう側に同じ女がいるという状況は、よく考えたらかなりの恐怖だろう。私は当然待ち伏せなんかしてないし、会っても挨拶ぐらいしかせず後は仏頂面でだんまりを決めてばっかりなんだけど(それも社会人としてどうよとは自分で思うが)
んで、向こうが私に(勝手に)危険を感じて周囲に訴えたとした場合、
信用されるのは……容姿・年齢・コミュ能力その他諸々を考えても、間違いなく向こうである。

身に全く覚えのないストーカー疑惑なんぞかけられてはエラいことなので、
とりあえず昨日、敢えて昼や夜の時間をずらして行動した。
そうしたら無事(?)昨日は会わずにすんだのだけど……とにかく今後、遭遇しかけたら全力で逃げるか、逃走不可な状況ならひたすら無視を決め込むしかないかな……間違っても、「待ち伏せされた」などと思われてはならない! 例え社会人失格と言われようと、全くの誤解でストーカー鬼ババ呼ばわりされるよりは、挨拶も世間話もろくに出来ないコミュ障ババアとでも思われていた方がまだマシだ!!!


自意識過剰といわれても、人間関係では何が起こるかわからない。
だいぶ昔に遭遇した埼京線の痴漢だって、気のせい気のせい、私に限ってあるわけないと思っていたら相当エスカレートしてしまった(発車寸前でドアから飛び出して車両変更しても追っかけて来られたあの恐怖は忘れられない)
イヤな予兆に反応するアンテナは、30数年生きてきていい加減結構研ぎ澄まされてしまっている。この夏を経験してからは特に。


いや、もしかしたら、一瞬とはいえ一度は業務を一緒にやったんだし、そのよしみでかるーく世間話をしたいってだけで追っかけてきてくれてるだけなのかな……私がガッチガチに考えすぎなのか、拡大解釈しすぎなのか……



つーか、ホントに偶然でこの高確率だったとしたら、マジで神様を恨むしかない。
なんなんだよ、もう……

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放され、たま~に働きつつ専業主婦中……
ツイッター始めました⇒@sharanra11





現在、インペリアル・サガにハマリ中。ミンサガエルマン実装までは無課金を貫く所存。








2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR