機動戦士ガンダムAGE「その涙、宇宙に落ちて」

「えぇぇぇぇ……」


視聴後、マジで上の一言のような感想しか出なかった。


いや、グルーデックがクルーを庇って一人投獄されるオチや、フリットが憎しみを120%前面に出してるシーンは良かったと思う。
ただ……色々積み上げられてきたフラグはなんだったの?という疑問が。


ラーガンはウルフをかばって「ミレースと幸せになれよ」で爆死、なオチかと思ったらそんなことはなかった。
母の写真を眺めていたディアッカ似のクルーはグルーデック庇って死亡、なオチかと思ったらそんなこともなかった。
最初にやられちゃったクルーは一番目立たない眼鏡の人だったのかと思ったらそんなこともなかった(死んだのは死ぬために初登場したモブだった模様)
UEが実は同じ人間でした!と明かされ、どれほどクルーが動揺するかと思ったら結構反応が薄かった(ウルフの声なしシーンは良かったけど)
何より、EDで毎回フリットと手つなぎしていたエミリー……さすがに最後ぐらいはフリットはちゃんと彼女と話をするのかと思ったらそんなこともなかった。


キャラを極力殺さず出来うる限り生存させたのは良いことだし(しかも、爆発したのに生きてました!なんてありえないケースもなかった)、死亡フラグ立てたんならとっとと死ねよなどというバカを言うつもりはないのだけど、じゃあウルフとラーガンとミレース、ディアッカ似クルーの描写はなんだったんだ……あれを描くならもうちょっとフリットとエミリーの会話シーンが欲しかったよorz


ところどころ、すごくいいなと思った部分もある(特にフリット・グルーデック関連。(人間だけど)人間じゃない!と叫んだフリットと、子供に復讐鬼たることを強いたグルーデックが)
それだけに、残された「えぇぇぇぇ……」感が非常に残念だ。


面白くないことはなかったけど、想像したよりはかなり下の盛り上がりだった気がする、AGE第1世代クライマックス。
前回のユリン参戦理由もそうだけど、エミリー関連をはしょったのは痛すぎだろう。それとも次回の冒頭か、世代交代後の回想で「実はフリットはあの後エミリーとこうなってああなって」とかやるのか。
SEEDほど激昂することもなく、00ほど色々考えることもなく、うーん……なんだろう……
やっぱり、「普通」という評価がふさわしいか。いやエミリー関連考えると普通よりかなり落ちるか。



次回から第二世代アセム編。新八声のメガネ君が無碍に扱われないことを祈る……


サントラだそうです↓
今のところ、印象に残った曲があまりないなぁ……

TVアニメ 機動戦士ガンダムAGE オリジナルサウンドトラック Vol.1TVアニメ 機動戦士ガンダムAGE オリジナルサウンドトラック Vol.1
(2011/12/21)
吉川慶、栗林みな実 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE #15『その涙、宇宙に落ちて』

今回の戦闘シーンはいまいちでしたが、メカの作画は14話、15話はかなり良かったです。ガンダムとしてはそもそもセル枚数が少ないんじゃないのかなぁというふうに見ていたので、これ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

少年向けを意識して、メロドラ的にしつつ恋愛描写は抑え気味ですね。
第二世代でエミリーに対するフォローはあると思うのですが…。

No title

>第二世代でエミリーに対するフォローはあると思うのですが…。

次回、フリットorエミリーどちらかの回想でやってくれればいいのですが……うーん。


あえてぼかして、視聴者の想像におまかせします♪という描き方もアリ、といえばアリなのですが、最低限必要なところは描くべきだと思います。AGEの場合、それがフリットとエミリーの心の触れ合いではないのかと思うのですが(恋愛まで描かなくてもいい。最低でも、フリットが落ち込んでいるところをエミリーが一言励ます、とか)


とりあえず、次回はその点も気になりますね。

プロフィール

素戸乃かや子

Author:素戸乃かや子
ガンダムSEEDとミンサガ中心にアニメ・ゲーム・漫画・小説・映画その他何でも色々語っていこうというブログです。
本サイトにて、ガンダムSEEDサイ小説およびミンサガ攻略顛末記連載中!!
pixivにておそ松さんSS(チョロ松中心)、種小説(修正版)を時々投稿しております。
※ゲームに関してはブログ・サイト共々ネタバレ全開です。ネタバレ不可な方は全力で回避をお願いいたします。



アクチュアリーゲットに向けて邁進中。……のはずだったのですが、あまりにもテキパキ行動を要求される時代と環境に嫌気がさし、2008年9月、日本・アンチテキパキ党ブログ開始! そして2015年2月に会社を退職。アクチュアリーからは解放されましたが、現在専業主婦中……


2012年10月、妊娠中期における人工流産を経験しました。
それについても、身体と心が落ち着き次第少しずつ整理して書いていきたいと思います。
現在はSEED小説やミンサガを書きながら、精神の平静を取り戻しつつ、今後のことも考えつつ・・・な状況です。相変わらず周囲の支えが欠かせないです。

ランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
207000人くらい(楽天分)+
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR